> ライフログ
タグ:講演 ( 21 ) タグの人気記事
図書館は「魔法のツエ」。伝説の新聞投稿をコピーしてきた
b0177514_18025560.jpg
先週、図書館講演のスライドに、上の写真を追加した。
ごぞんじ(?)「魔法のツエ」投稿である。
49年前の1969年11月24日朝日新聞に掲載されたもので、
『図書館の誕生――ドキュメント日野市立図書館の20年』
(関千枝子/日本図書館協会)でも触れられている。
朝日の縮刷版から拡大スキャンしてきた。
※著作権的に全文掲載はヤバそうなので部分抜粋

なぜこんな半世紀も前の文章をいま紹介するのか?
ひとことで言えば「日本の図書館」を象徴する文章だからだ。
課題解決です、ビジネス支援です、サードプレイスです、という前に、
「なぜ日本の図書館はこんなふうになったのか」
を理解してもらう必要がある。
そうでないと、今の図書館が「何をしているのか」はわかっても、
「なんのためにしているのか」はわからない。

図書館運動の文献はたくさんあるが、
利用者の目線で書かれたものは少ない。
この投稿では、日本の図書館の姿を決定づけた
日野市立図書館のサービスとその感動が生き生きと語られる。
カウンターの中の人には書けない名文だ。

この投稿は、じつは同月19日の読者投稿を受けたもの。
下の「童話本はお子様値段に」に対するアンサー投稿である。
b0177514_18050696.jpg
子供の本の値段が高い、と主張する投稿者の声は、
「魔法使いのおばあさんから、魔法のツエでも借りてきて、
世界中の童話の本の値段を、みんな百円に、
いいえタダに書換えてしまいたい私です」
と締めくくられる。
これを読んだ日野市の主婦が、
「私たちの住む日野市にはその魔法のツエがあります」
と自慢する。図書館人が泣いて喜ぶ話である。

そんな主婦が語る図書館利用の中身は、
貸出重視・児童サービス・全域サービス
という、ザ・市民の図書館。
戦後の図書館利用者の典型、いや理想像といっていい。
「貸出重視」が大成功したのも、
このような利用者がたくさんいたからだ。
サービスの提供側と利用側の歯車がガッチリ噛み合った結果である。

と、こういう歴史を踏まえないと、いくら、
「図書館は本を貸すだけではない」
とくり返したところで、
「ま、確かにいろんな使い方あるよね」
といった話にしか聞こえないのではないかと心配している。

かつて、図書館と利用者のあいだにはこんな幸福な関係があった。
一方、今はどうだろう?
いまの図書館と利用者は「噛み合っている」だろうか。

[PR]
by okuno0904 | 2018-02-02 18:08 | 図書館 | Comments(0)
1/28(日)岸和田市立図書館で講演します(告知と雑感)
b0177514_09205676.jpg
年明けイベントの告知です!
1/28(日)13:30から
岸和田市立図書館(大阪府)で講演します。

参加費は無料。
事前申し込みとなっております。
詳細は下記リンクからご確認ください。

岸和田市立図書館

年明けから岸和田とは縁起がいい。
というか、泉州人としてはかなり
テンションが上がります。

岸和田ってきれいな城下町で、
気取らない下町で。
だんじりだけじゃなくて、街並みもいいんですよ。
たしか「美人が多い」説もあったような……。

さて、図書館活用術の講演は、
日本各地いろんな場所でやらせてもらいましたが、
意外と図書館を知らない人のウケがいいです。
逆に図書館をよく知っている人からは
「司書でもできる話だ」
とかアンケートで言われたりします。

たしかにその通りなんですよね。
べつに、誰も知らなかったような活用法を語るわけじゃない。
分類やらネットワークやらの基本を説明して、

「いきなりOPACで検索するんじゃなくて、棚を見るんです」
「こういう別置をしている図書館もあるんです」
「こんなふうに読書ノートを作ると頭に残ります」
とか、当たり前のことを言っているだけ。

まあしかし、言わせてもらうなら、
世の中では「当たり前のこと」「基本中の基本」がいかにスルーされているか!
ってことですよ。

たとえば「ライターになりたい」という若者がいたら、
「たくさん読んでたくさん書くといい」
と僕はよく言います。
これ、物書きが100人いたら100人言うようなことですが
(スティーブン・キングも村上春樹も言ってた)、
99%の人はやらないんですよ。残念ながら。
(読まないのになぜライターになりたいのかも謎だけど)
「こういう書くのに役立つ本があるよ」
と教えてあげても、まあ買わない、読まない。
渋沢栄一も言ってましたね。
後進のためなら、お膳立てまでは喜んでやってやる。
しかし、箸を持って口に運んでやるほどこちらは暇ではない、と。

図書館超活用術に限らず、僕の本って
「ノートに書くと印象に残っていいよ」
とか、何百年も前から言われているような
当たり前のことを言ってるすぎないんです。
それが売れたり、海外から反響が来たり、
メディアが取材に来たりする。
自分でもヘンな世の中だな、と思います。

あ、話を戻しましょう。
図書館の使い方って、なにも難しいもんじゃない。
図書館はそこら中にある。
図書館員も喜んで教えてくれる。
なのになぜ、この当たり前の知識が
世間にまったく広がっていないのだろう?

なぜこんなに人間がいるのに理想の恋人に出会えないのか?
みたいな話ですね(ちょっと違うか)。

コレ書き出すと長くなるのでやめときます。
以上、告知と雑感でした。

[PR]
by okuno0904 | 2017-12-26 10:14 | 告知・募集 | Comments(0)
12/2(土)米子市立図書館で講演します
b0177514_17332847.jpg
今週末12/2(土)13:30から
米子県立図書館で図書館活用についての講演をします。
タイトルは「ビジネスに役立つ! 図書館超活用術」
詳細は下記リンクからご確認ください。

定員は先着100名。
(ギリギリの告知になってすみません!)
手話通訳もあります。

主催は鳥取県立図書館と米子市立図書館。
図書館のビジネス支援事業の一環です。

今回の講演はビジネスパーソン向けということで、
役に立てる内容にしなきゃ、と気合が入ります。

でも、やっぱりビジネスで使う人以外でも
「図書館って意外とすごいんだな」
「なんか新しいことができそう」
「とにかく使ってみるか!」
と思える内容にしたいな、と。

それでは、お会いできるのを楽しみにしています!


[PR]
by okuno0904 | 2017-11-28 17:40 | 告知・募集 | Comments(0)
9/2(土)新潟市立図書館で講演
b0177514_09470174.jpg
2週間後の9/2(土)14:00から
新潟市立図書館で講演します。

演題は、
――――――――――――――――――――
仕事に効く! くらしに役立つ!
図書館「超」活用術
――――――――――――――――――――
というストレートなもの。

社会人向けですが、
子供さんでも「へぇー」となる内容です。
読書ノートについても、ちょっと語ろうと思っています。
著書の販売&サインもさせてもらいますので、
ご希望の方は是非どうぞ!
持参の本でもOKです。

申し込みはで8/29まで(先着順)。
上記チラシの掲載のコールセンターまで。
イベントの詳細は、
こちら(図書館ウェブサイト)
からご確認ください。

実は新潟市は初訪問です(たぶん)。
数年前、今はなきトライライトエクスプレスで札幌から大阪に帰るとき、
朝、寝台で目覚めて
「北陸あたりかな」
と思ったら親不知あたりでした。
その後、メシ食ったりしてのんびりしててもずっと新潟で、
「新潟なげえええ」
と思ったのをよく覚えています。
今回は一泊して新潟観光して帰る予定です。

では、お会いできるのを楽しみにしています!

[PR]
by okuno0904 | 2017-08-17 10:06 | 告知・募集 | Comments(0)
6/25(日)堺市立東区文化会館(北野田駅すぐ)で講演します
b0177514_15510001.jpg
6月25日(日)大阪府・堺市立図書館で講演します。
『図書館「超」活用術』を元ネタに図書館利用について語ります。
会場の東図書館は南海高野線・北野田駅すぐ。
全年齢向けなので、みなさん気軽にお越しくださいませ。

詳細は以下(図書館ウェブサイトより)。

============

課題解決支援講座

作家の奥野宣之(おくの・のぶゆき)さんを講師に迎え、「社会人(ビジネスパーソン)のための図書館『超』活用術」をテーマに、仕事や人生を豊かにするための図書館利用のコツについての講演を行います。
6月25日(日曜) 午後2時から4時
東文化会館研修室で。無料。一般対象。
申込:6月13日(火曜) 午前10時から直接か電話・FAXで東図書館へ。先着60人。要約筆記あり。

============

問い合わせなどは、こちらのリンクからどうぞ。





[PR]
by okuno0904 | 2017-06-13 15:47 | 告知・募集 | Comments(0)
11/27(日)富山市立図書館で『図書館「超」活用術』の講演会
b0177514_08172377.jpg
きのう宗像市のイベントの話をしたばっかりですが、また告知です。
11/27(日)富山市立図書館で
『図書館「超」活用術』の講演会をします。
詳細は以下リンクからご確認ください、
富山市立図書館は、去年もとい今年の冬、
ライフログノートの講演でうかがったところです。
大変盛況な講演会で、またきれいな景色を見て
美味しいものの食べられたので
大満足しておりました。
まさか、今年2度目の訪問があるとは。

今回は前回より大きい会場で、
図書館活用術の話をします。
講演に続いて読書会などのイベントも
行われることになっていますので、
近隣の方は是非ご来場ください。

いい季節なので、双眼鏡を持って行って
富岩運河環水公園で鳥見でもしようかなー
とか考えています。

では、お会いできるのを楽しみにしております!

[PR]
by okuno0904 | 2016-11-17 08:38 | 告知・募集 | Comments(0)
11/5(土)としょかんまつりin沖縄県立図書館で講演します
b0177514_16423584.jpg
11/5(土)沖縄県立図書館の
「第8回としょかんまつり」で
奥野が講演します。

図書館によると、
まだ席に空きがあるらしく、
申し込み受付中!
とのこと。

詳細はこちらから


※図書館ウェブサイトに飛びます

お近くの人はぜひ
ご来場ください!



[PR]
by okuno0904 | 2016-10-31 16:47 | 告知・募集 | Comments(0)
図書館活用術の講演で考えたこと
b0177514_10524572.jpg
ここのところ『図書館「超」活用術』からみの講演が続きました
(写真=大阪府立中之島図書館での講演会)。
今月は東京出張もあって疲れがたまったのか、
おたふくかぜになったり……。

そんなこんなで図書館イベントでは
いろいろ勉強したので
防備録を兼ねて書いておきます。

●北新宿図書館
・名前だけ聞くと大都会の真ん中みたいだが住宅街、典型的な地域館
・新大久保など外国人移住区が近く、蔵書も外国人対応
・講演の聴講者はふつうの近所の人。高齢者も多かった
・NDCなど基本的な説明に時間が取られてしまった
・図書館ファンでない若い人がチラホラ来ていたのがよかった
・「電子ジャーナルを読みたい」と外国人利用者。今後の課題になりそう

●大阪府立中之島図書館
・定員60人に90人以上が来場。パイプイスの補助席まで出た
・「ビジネスパーソンのための」という演題だが、図書館の基本についても触れる
・大阪の真ん中にあるビジネス図書館なので来場者もハイレベル
・基礎知識よりもうちょっと具体的なワザにウェイトを置いて話せば良かったか
・と思うものの「図書館の分類が初めてわかった」と言う来場者もいた
・データベースについて質問。『未来をつくる図書館』(岩波新書)みたいなサービスが求められている?

●大阪市立中央図書館
・100人以上来場
・テーマは図書館のウェブ資料の活用。主にデータベース
・利用者代表として基調講演。他に公共(大阪市)、公共(京都府)、大学図書館(佛教大)、提供元(ジャパンナレッジ)の担当者も講演
・公共図書館でのウェブ資料の話を聞くのは新鮮。もっとあっていいかも
・データベース活用をおもしろく語るのは難しい。検索技術になるから
・「本も電子も」というのがメッセージだったが、手間を考えると厳しいか……
・「ウェブを含めた図書館資料」という概念を説明するのが意外と難しかった
・いろいろと困難を感じるが、避けては通れないテーマではある

 ☆

11月は読書週間などの関係で
また図書館での講演があります。
図書館活用だけでなくノートの話もしようと思ってます。

近づいてきたら、
またこちらで告知していきます。




[PR]
by okuno0904 | 2016-10-17 11:08 | 活動報告(事後) | Comments(0)
8/12(金)知的生産の技術研究会(@大阪)で講演します
8/12(金)19時、
大阪産業創造館(堺筋本町)で
奥野が講演します。
参加費は¥1500。予約不要。
誰でも参加できます。

「ベストセラー作家になるコツ」
というテーマで依頼を受けました。
神をも恐れぬ演題ですが、
私が学んできたことをすべてお話しすることで、
なにかヒントになればと思っています。

知的生産の技術研究会という
歴史ある会のセミナーです。
同会は梅棹忠夫『知的生産の技術』で
始まった勉強会。
僕も梅棹ファンのひとりとして、
懇意にさせてもらっています。

下の写真は、今年の春、
知研関西のみなさんと一緒に
お邪魔した梅棹忠夫の家。
b0177514_08412194.jpg
梅棹家から感じるのは実用性。
実用一辺倒のつくり。
「書斎」的なロマンチズムとは無縁で
さすがだなあ、と思いました。
一貫してます。

コーヒーも飲めるので、
一度いってみるとイイですよ。



[PR]
by okuno0904 | 2016-08-02 09:01 | 告知・募集 | Comments(0)
公共図書館の研修会で講師をしました
b0177514_09345610.jpg
大阪公共図書館協会の研修で講師をしてきました。
『図書館「超」活用術』を読んでくれた
地元・堺の図書館員の方が、
「ぜひ図書館員向けの話を」と。

そんなわけで、同書の企画趣旨と執筆時に込めた意図、
利用者として公共図書館に言いたいこと、
利用促進のためにどうすればいいいか
など、好き放題に話をさせてもらいました。

「図書館での講演」は何度もやっているけれど、
「図書館員向けの講演」は初めてです。
専門職の前で話すのはプレッシャーだなぁ~
と思いつつも、非常に楽しい時間でした。

主催の大阪府公共図書館協会というのは
府下の公共図書館員でつくる勉強会です。
当日は40人を超える図書館員が参加。
会場の大阪市立中央図書館の研修室は
なかなかすごい熱気に包まれていました。

ちょっと舌足らずでしたが、
最終的に言いたかったことは、
「図書館はちゃんと“対世間”をやれ」
ということです。

サービスをきちんとやることはもちろん最重要ですが、
それだけでも、ジリ貧の流れは避けられない
そこで、もっと幅広い利用者を取り込み、
サービスを強化していくためにも
図書館はもっと“メジャー感”を
出していく必要があります。

たまにテレビに取り上げられても、
どこかマイナーさの再確認のような感じです。
図書館の「とっつきにくさ」が、
不思議と魅力になっていることは僕も認めますが、
そんな心地よいマイナーさからは、
いつか脱しなければなりません。
図書館はメジャーになって当然なのです。

もっと世間に関わり、
「図書館はなんでもできる、すごいところだ」
といったイメージをふりまいていかないと。
逆に言うと、こういうイメージ戦略がないから
「本に囲まれてコーヒーが飲めます」
みたいな話になってしまうわけです。

図書館に限らず、
出版でも書店でもそうですが、
「幻想」が大事なんですよ。

と、こんな話でした
(つい長くなってしまった……)。

大阪公共図書館協会のみなさま、ご来場のみなさま、
貴重な機会をいただき、ありがとうございました。

[PR]
by okuno0904 | 2016-07-01 09:38 | 活動報告(事後) | Comments(0)
   

著作家・ライター奥野宣之の公式ブログ。新刊『諭吉に訊け!』(光文社)『図書館「超」活用術』(朝日新聞出版)発売中! プロフィール、連絡先、などは右メニュー「カテゴリ」からどうぞ!
by okuno0904
> ブログパーツ
> 画像一覧
> 検索