> ライフログ
タグ:読書 ( 14 ) タグの人気記事
何度も読む本は「ヘビーデューティー化」するのだ
b0177514_17490622.jpg
本のカバーってどうしてますか?
さすがに捨てはしないでしょうけど、
持ち歩いてたら、カバンの中で外れたりズレたり、
挙句は折れ曲がったり破れたりして、
あーもう、このスッタコタコスケが!
みたいなことはないでしょうか?

そんな悩める読書家向けに、
よく粘着シートみたいなのが売られています。
図書館の本みたいにコーティングできるヤツですね。
僕も過去に買ったことがあります。
でもアレ難しいんだぁ、キレイにつけるのが。

そんなわけでウチでは、何度も繰り返し読んだり、
旅行に持って行ったりするような本は、
写真のように梱包テープで"ヘビーデューティー化"しています。
ホームセンターで100円くらいで売ってるOPP製のテープです。
もちろんガムテープ代わりにも使えます。
b0177514_17494070.jpg
付け方は簡単です。
――――――――――――――――――――
1:テープを本の長さの1.5倍くらいに切る
2:カバーの内側にがばっと貼り付ける
3:本を閉じて、はみ出したテープを折り返す
――――――――――――――――――――
ハードカバーの場合は、こんな感じですね。
b0177514_17501845.jpg
文鎮やクリップでズレないようにして、がばっと縦に貼る。
b0177514_17501871.jpg
後は閉じて折り返すだけ。
わかりにくいですけど、表紙の上と下だけテープが見えます
(テカってる部分がテープ)。

こうするとカバーが外れないだけでなく、
表紙と本体のヘンな隙間もできないから読みやすいわけです。
あ、気泡や指紋やらがどうたら言う人は、
専門業者に頼んでくださいね。

フツーに考えたら表紙側に
がばっとテープをはりたくなるところですが、
カバーがズレないように折り返すのがかなり難しい。
失敗しないのはこちらのやり方です。
慣れないうちは誰かに押さえてもらって
テープを張るようにしましょう。
b0177514_17525456.jpg
こんな極厚の本でもOKです!


[PR]
by okuno0904 | 2018-02-24 17:58 | 私の愛読書・私の古典 | Comments(0)
ノンフィクションは面白くなくていい
昔からノンフィクションが好きなのだが、
最近は「うわ、読みたい!」と思うような本がない。
書評で気になるテーマを見つけても、
本屋でパラパラめくっているうちに、
「ああ、こういう感じね」となってしまう。

だから、近ごろは「お勉強」というか、
自分でもあまりよくわかっていないテーマの本を、
いろいろ好奇心に任せて斜め読みしている。

昨日は『ピストルと荊冠』(角岡信彦)を読み終わった。
ヤクザでありながら長年、部落解放同盟の支部長を務め、
のちに横領で逮捕された小西邦彦の評伝である。

「大阪もの」だからいちおう読んどこか、
くらいの感覚だったが、予想に反して引き込まれた。
なかでも新鮮に感じたのは、その脚色の少なさだった。
被差別部落から暴力とカネでのし上がっていく小西。
これを面白く書こうと思えばいくらでも書けるはずだ。
立志伝・変人奇人・破天荒・カリスマ・怪人・時代の寵児・ピカレスク・闇社会の〇〇……
どれでも好きなのをどうぞ、という感じ。
しかし、著者はこういったわかりやすい誇張を慎重に避けて、
さまざまな証言から丹念に小西の姿をスケッチしていく。

べつにノンフィクションとして特別なやり方ではない。
要は「普通に取材して普通に書いている」ということだ。
しかし、こういう作風は今や少ない気がする。
とくに山場や感動の場面もなく、淡々と事実を並べ、
「結局なんだったのか」は読者にゆだねる。
うん、こういうのでいいんだよ、ノンフィクションって、こういうのでさぁ……
とつぶやきながら読んだ。

ノンフィクションの魅力とは「リアルさ」だ。
もちろん「現実そのままの文章」などあるはずないけれど、
少なくとも「事実をありのままに書こうとした作品だな」
と思えなくてはならない。

ジョージ・オーウェルの『象を撃つ』が傑作なのも、
徹底してリアルだからだ。
イギリスのビルマ支配に反対の立場を表明しつつ、
「この世で最高の喜びは坊主どものに腹に銃剣をぶちこんでやることだろう」
という素朴な感覚まで書き切っている。
これが「植民地はよくないと思います!」みたいな話だったら、
読めたものじゃない。

事実をドラマチックに演出すれば、
カタルシスもあるし、物語としておもしろくなるだろう。
しかし一方で、リアルさは失われる。
人物もマンガのキャラみたいになって、
全体として「大味」になる。

その典型がいわゆる「メディア美談」だ。
「一杯のかけそば」から、佐村河内さん、下町ボブスレーに至るまで、
繰り返される大味な感動ストーリー。

もちろん商売の都合上、
やらざるを得ない面もあるのだろう。
それでもノンフィクションくらいは、こういう物語化に逆らって、
そのままの人間を描くジャンルであってほしい。

[PR]
by okuno0904 | 2018-02-17 09:27 | オモロイ本を読んだ! | Comments(0)
廃タブレットと青空文庫で『日本の名著』を読む
b0177514_04063757.jpg
「今月の1枚」じゃ年12回。
少なすぎるだろ、という
心の声がしたので、
週1回、毎週金曜日に
更新することにします。

で、今回はコレ
家で眠っていたタブレット
「ASUS NEXUS7」
を青空文庫専用端末として
復活させた話です。

2012年モデルですからね。
もう完全にポンコツ。
gmailですらフリーズする
googlemapを見るなんてもってのほか。
kindleなんて立ち上げることすらできない!

そこで、
「青空文庫をダウンロードして読むこと」
これしかできない端末として
割り切って復活させたわけです。
ハイ、正直キンドルがほしいわけですが
踏ん切りがつかないわけで。
いわば苦肉の策です。

同じことをやる人のために
以下の通り作業をまとめておきます。

1:青空文庫ビューア「読書家」をインストール
2:青空文庫ダウンローダ「青空文庫ローダー」をインストール
3:「設定」からプリインストールアプリを片っ端から無効化
4:無効化できないものは「強制停止」にする

コツは3、4になるでしょうか。
思い切ってバコバコ消しまくるのが大切です。
僕の場合は、

・ブラウザ
・カレンダー
・時計
・文字入力に関わるもの

を除いてすべて消しました。
もはやメールも見ることができません。
天気予報はブラウザから見ます。

そもそもwifi専用端末なので、
SMSとか電話がらみのものは
そもそも消していいわけです。

で、どうなったかというと、
「快適」のひとこと
うん、おれが求めていたのはこれだ!
という感じです。
どうでもいいプリインストールアプリ
がうじゃうじゃあって
google先生も業が深いなと思いました。

さて、青空文庫アプリはいろいろ出てますが、
読書家と青空文庫ローダーに
かなうものはないです。
「設定」で行間をMAXにしておくと
非常に読みやすい。

そんなわけで今、福翁自伝を読んでいます。
講談社現代文庫だったかな?
大学のころ始めて読んだ福沢諭吉の本。
いや、痛快。ネアカでいい。
思想家としてよりこのカラッとした性格が
福沢諭吉の魅力でしょう。
小説家であれ学者であれ
物を書くヤツは基本的にみんな暗いからね。

カレル・チャペックも言ってます
「本を書くのが、ほとんど
意地悪で不幸な人間ばっかりなのは、
本当になぜなのだろう?」(いろいろな人たち)

あ、話を戻します。
青空文庫で本を選ぶのはちょっと難しいですね。
僕はほとんど小説を読まないので
NDC(日本十進分類法)の分類で
「3類:社会科学」のところを選んで
評論を読んだりしてたのですが、
最近すげーブックリストを見つけました。

『日本の名著―近代の思想』桑原武夫(編集)
中公新書の1冊目ですな。
宮脇俊三ファンとしては、
グッとくるものがあります。

これは、日本の明治~敗戦の本の中から、
「こりゃどっからどう見ても重要だぁ!」
という本を各分野の第一人者
(このメンツもまたすごいのですが、
それはさておき)
が選んで、解説を加えたもの。

選書については
「フィクションは除く」
というのがまたいい。
小説を読まない自分にはもってこいです。
このルールによって
夏目漱石は『こころ』ではなく
評論が選ばれています。

ブックリストを書き出したものを
ウェブで見つけたので、
「青空文庫の蔵書の有無」
を示すマルをつけてみました。
1時間近くかけて調べましたよ!
それが以下です。

============
■『日本の名著』桑原武夫の書籍リスト(「〇」は青空文庫に蔵書あり)
〇福沢諭吉『学問のすゝめ』
田口卯吉『日本開化小史』
中江兆民『三酔人経綸問答』
北村透谷『徳川氏時代の平民的理想』
〇山路愛山『明治文学誌』
〇内村鑑三『余はいかにしてキリスト信徒となりしか』
志賀重昂『日本風景論』
陸奥宗光『蹇蹇録』
竹越与三郎『二千五百年史』
幸徳秋水『廿世紀之怪物帝国主義』
宮崎滔天『三十三年之夢』
岡倉天心『東洋の理想』
河口慧海『西蔵旅行記』
〇福田英子『妾の半生涯』
北一輝『国体論及び純正社会主義』
夏目漱石『文学論』
〇石川啄木『時代閉塞の現状』
〇西田幾多郎『善の研究』
〇南方熊楠『十二支考』
津田左右吉『文学に現はれたる国民思想の研究』
〇原勝郎『東山時代に於ける一縉紳の生活』
〇河上肇『貧乏物語』
長谷川如是閑『現代国家批判』
左右田喜一郎『文化価値と極限概念』
美濃部達吉『憲法撮要』
〇大杉栄『自叙伝』
内藤虎次郎『日本文化史研究』
狩野亨吉『狩野亨吉遺文集』
中野重治『芸術に関する走り書的覚え書』
折口信夫『古代研究』
〇九鬼周造『「いき」の構造』
中井正一『美と集団の論理』
野呂栄太郎『日本資本主義発達史』
羽仁五郎『東洋における資本主義の形成』
〇戸坂潤『日本イデオロギー論』
山田盛太郎『日本資本主義分析』
小林秀雄『私小説論』
和辻哲郎『風土』
タカクラ=テル『新文学入門』
尾高朝雄『国家構造論』
矢内原忠雄『帝国主義化の台湾』
大塚久雄『近代欧洲経済史序説』
〇波多野精一『時と永遠』
小倉金之助『日本の数学』
今西錦司『生物の世界』
〇坂口安吾『日本文化私観』
湯川秀樹『目に見えないもの』
鈴木大拙『日本的霊性』
柳田国男『先祖の話』
丸山真男『日本政治思想史研究』
============

えーと、「蔵書あり」は
15冊くらいですか。
少ねぇ、といえばその通りですが、
けっこう楽しめますよ。

年末年始、ご家庭に眠っている
古いスマホやタブレットで、
読書三昧というのはいかがでしょう?

[PR]
by okuno0904 | 2017-12-17 05:42 | 私の愛読書・私の古典 | Comments(0)
『読書は1冊のノートに~』の中国版
b0177514_15572194.jpg
拙著『完全版・読書は1冊のノートにまとめなさい』
の中国語版がこのほど発売されました。
中国語はわかりませんが、
なかなかカッコいい装丁です。

こういう翻訳バージョンが出るのも、
やはり文具好き、手帳・ノート好きという
お国柄があるそうで。
韓国・台湾なんかもこの手の本が
よく売れるらしいですね。

とにかく外国でも本が出るというのは
嬉しいことです。



[PR]
by okuno0904 | 2017-04-13 16:03 | 告知・募集 | Comments(0)
ノート本『情報は1冊』『読書は1冊』の台湾版が出ました
b0177514_09015879.jpg
『完全版・情報は1冊ノートにまとめなさい』
『完全版・読書は1冊ノートにまとめなさい』
の2冊の台湾版が出そろいました。

じつは『情報は1冊』のほうは9月くらいに、
見本が届いていたのですが、
アップするのを忘れていました。
きのう『読書は1冊』の見本が届いたので、
晴れて2冊同時にアップ! というわけです。
広く読まれることを願っています。
台湾には行ったことないんですけど、
行ってみたいなあ。

 ☆

11月は、読書週間のせいか図書館講演の依頼が多く、
出張に次ぐ出張でした。
あいだに母校・同志社大学の図書館でも講師をする機会もいただき、
なかなか感慨深いものがありました。
月末になってやっと一息つけた感じです。

それにしても1冊本を書くと、
予想もしなかった仕事が来たりして、
出す前にはまったく考えもしなかった生活になったりするのが
この仕事のおもしろいところです。
来年もきっと想像もつかないことをしているでしょう。

そんなわけで、これからまた自分の興味に従って
じっくり書籍の企画を考えていこう、と思っています。


[PR]
by okuno0904 | 2016-11-30 09:16 | その他 | Comments(0)
2/7(日)富山市立図書館で講演します
b0177514_652060.jpg

2/7(日)午前10時~11時30分
富山市立図書館で奥野が講演します。
事前申し込み必要。

詳細確認・申し込みは
富山市立図書館ウェブサイト
でどうぞ。

読書を中心に、ノートを使って
毎日を味わい尽くす方法を紹介します。
みなさん是非ご参加ください!
(「残席わずか」だそうで、ありがたき幸せです)

大阪から富山へは
サンダーバードで直行、と思っていたのですが
どうやら北陸新幹線の開通で
直行便がなくなったみたいです。
はじめて北陸新幹線に乗れるかと思うとワクワクします。
寒波など来なければいいのですが……

さて、前にもちらっと触れたとおり
いま、去年からずっと書いていた図書館の本の作業が
最終段階に入っています。近いうちホントに出ます。

図書館活用法の本というわけで、
執筆は図書館ですることも多いのですが、
最近は、図書館で図書館の本を書きながら
図書館の講演の準備をしているという
なんだかすごいことになってます。

ブログは書きかけの記事が消えるのが多く
怖いので、このへんで。
皆様のご参加をお待ちしております!
[PR]
by okuno0904 | 2016-01-27 07:15 | 告知・募集 | Comments(0)
『次の本へ』(苦楽堂)に〝本渡りエッセイ〟を書きました
b0177514_13425432.jpg

今年、神戸に生まれた出版社、苦楽堂の第1作
『次の本へ』にエッセイを寄稿しました。
11/4(火)出荷なので週の後半あたりから店頭に並ぶそうです。

本書は84人の書き手による読書エッセイ集なんですが、
ただ愛読書を語っているのではありません。

「この本を読んで、次にこの本を読んだ」
と本から本へ〝渡った〟エピソードを
84人の執筆者が紹介しています。
つまり、84×2で198冊の本が登場する、と。
(実際に数えたわけではありませんので、たぶんです)。

僕はというと、
中学生のころ、マンガ『鉄コン筋クリート』
を読んだおかげで出会ったある小説のことを書きました。
文庫本が出たり、借りパクされたりしたため
3回も買い直し、今でも年に数1、2回は読み返す愛読書です。
どんな本かは、見てのお楽しみということで。

ありそうでなかった「実録・読書法ガイド」となっています。
ぜひご覧になって下さい。
[PR]
by okuno0904 | 2014-10-30 14:05 | 告知・募集 | Comments(0)
1分で覚える「図書館の分類法」
b0177514_9432258.jpg

日本十進分類法がわからないと、図書館は使いこなせないのではないか?
なんてことを、最近よく思います。

日本十進分類法(NDC)とは、本のジャンル分けのことです。
図書館の本の背には「914」とか「210.18」とか、
数字を書いたシールが貼ってありますね。
これが分類番号です。

日本の図書館では、次のようにすべての本を
NDCに従って10ジャンルに分して、
本棚に並べています。

―――――――――――――
0 総記 (図書館、図書、百科事典、一般論文集、逐次刊行物、団体、ジャーナリズム、叢書)
1 哲学 (哲学、心理学、倫理学、宗教)
2 歴史 (歴史、伝記、地理)
3 社会科学 (政治、法律、経済、統計、社会、教育、風俗習慣、国防)
4 自然科学 (数学、理学、医学)
5 技術 (工学、工業、家政学)
6 産業 (農林水産業、商業、運輸、通信)
7 芸術 (美術、音楽、演劇、スポーツ、諸芸、娯楽)
8 言語
9 文学
(ウィキペディアよりコピペ)
―――――――――――――

小説やエッセイは9類、分類記号は「9××」
歴史の本は2類、分類記号は「2××」
というぐあいです。
(小数点以下の数字は、無視して下さい)

で、たとえば2類なら、これをさらに次のように
10個にジャンル分けしています。

―――――――――――――
20 歴史
21 日本史
22 アジア史、東洋史
23 ヨーロッパ史、西洋史
24 アフリカ史
25 北アメリカ史
26 南アメリカ史
27 オセアニア史、両極地方史
28 伝記
29 地理、地誌、紀行
―――――――――――――

こういう分類があると知っていると、たとえば、
「フランス革命の流れを知りたい」
「アメリカ独立にどんな影響があったんだろう?」
と思ったとき、

①歴史だから2類の棚に行こう
②ヨーロッパ史は「21×」か
③北アメリカ史は「25×」だな

と、瞬時に本棚を見ていく計画が立てられる。
蔵書検索の端末を使うより、
ずっと簡単に読みたい本が見つかります。
検索と違って、本棚に行けば、
手にとってパラパラ見ることができますからね。

と、こんなわけで、
NDCは情報探索の命綱といえるのです。

でも、覚えるのは面倒だな~
という人のために、
「1分で覚える日本十進分類法」
を作ってみました。

―――――――――――――
0総記:ゼロだから「なんでも」OK
 「総記」つまり1~9に当てはまらないものです。

1哲学:「哲学」は第一の学問
 学問の祖と言うことで。「宗教」も「哲学」から連想できます。

2歴史:二つ合わせて「地理・歴史」
 「地歴」とニコイチで呼ばれていることから。

3社会科学:さわやか三組の「社会科学」
 そういう教育番組があったんです。差別問題もここ(360あたり)なのでぴったり。

4自然科学:シは「自然科学」のシ
 そのままですね。3を覚えておけば自動的に出るでしょう。

5工業:ゴウゴウ音がする「工業」
 工場の騒音をイメージ。キッチンの音も思い浮かべよう(「家政」もここ)。

6産業:むっつり黙って働く「産業」
 農業・漁業・畜産業など第一次産業で働くオヤジのイメージ。

7芸術:『NANA』は「アート」だ
 少女漫画『NANA』にハマったテニスサークルの女子大生をイメージ。スポーツもここなので。

8言語:ハチの「言語」
 8の字ダンスとか、ちょっと言語っぽいでしょ?

9文学:窮状にある「文学」
 生活苦にあえぐ純文学の作家をイメージ。
―――――――――――――


半分でも頭に入っているだけで、
ぜんぜん違います。
この大分類を暗記すれば、
図書館がめちゃくちゃ使えるようになるでしょう。
[PR]
by okuno0904 | 2014-05-02 09:50 | Comments(0)
産経新聞の読書記事にコメントが載りました
b0177514_16504323.jpg

先日の産経新聞の記事「ネットサービスでも読書記録」で
奥野がコメントしました。
すっかり遅くなってしまいましたが、
自分の記録用としてアップしておきます。

ま、僕が読書メモをノートに残したりするのも
結局は、本との関係性を強くしたいからなんだと思います。
立ち読みは、パーティーでの立ち話。
買って読むのは、一緒にランチ。
メモを作るのは、呑み会。
書き写すのは朝まで。

こんな感覚ですね。
とにかく記録ツールが多様化しているのは
いいことだと思います。

いま、3月発売の本のゲラを見ています。
また告知ができるようになれば
ここでご紹介したいと思います。
[PR]
by okuno0904 | 2013-02-08 16:56 | メディア掲載情報 | Comments(0)
本と電子書籍についてのインタビュー掲載中
b0177514_1825499.jpg

ちょっと遅くなりましたが、インタビュー掲載のお知らせです。
電子書籍化サービスの会社「ブックスキャン」公式サイトで、
本と電子書籍についての奥野のインタビューか掲載されています。


内容としては『「処方せん的」読書術』と『読書は1冊のノートにまとめなさい』
にからんでいて、後は雑談的に、
しゃべったそのままの流れで記事化されています。
あまりの話の脈絡のなさに、我ながら驚きました。
ま、こういうのもおもしろいんじゃないでしょうか?

電子書籍と言えば、キンドルがついに日本で始まりました。
僕もandroidに「キンドル」を入れて寝床で読んだりしてます。
最近、拙著『だから、新書も読みなさい』もキンドル版とkobo版が出たので、
電子ペーパー端末を買おうかなと思っています。
ただ先日読んだ『ワン・クリック』というアマゾンのことを書いた本には、
端末はタダ同然になってもおかしくない、と書いてあったので、
そんなに急いで買わなくてもいいかな、と思っています。

インタビューが、皆さんの読書生活のヒントになれば幸いです。
[PR]
by okuno0904 | 2012-12-01 18:11 | メディア掲載情報 | Comments(0)
   

著作家・ライター奥野宣之の公式ブログ。新刊『諭吉に訊け!』(光文社)『図書館「超」活用術』(朝日新聞出版)発売中! プロフィール、連絡先、などは右メニュー「カテゴリ」からどうぞ!
by okuno0904
> ブログパーツ
> 画像一覧
> 検索