> ライフログ
タグ:蔵書 ( 2 ) タグの人気記事
何度も読む本は「ヘビーデューティー化」するのだ
b0177514_17490622.jpg
本のカバーってどうしてますか?
さすがに捨てはしないでしょうけど、
持ち歩いてたら、カバンの中で外れたりズレたり、
挙句は折れ曲がったり破れたりして、
あーもう、このスッタコタコスケが!
みたいなことはないでしょうか?

そんな悩める読書家向けに、
よく粘着シートみたいなのが売られています。
図書館の本みたいにコーティングできるヤツですね。
僕も過去に買ったことがあります。
でもアレ難しいんだぁ、キレイにつけるのが。

そんなわけでウチでは、何度も繰り返し読んだり、
旅行に持って行ったりするような本は、
写真のように梱包テープで"ヘビーデューティー化"しています。
ホームセンターで100円くらいで売ってるOPP製のテープです。
もちろんガムテープ代わりにも使えます。
b0177514_17494070.jpg
付け方は簡単です。
――――――――――――――――――――
1:テープを本の長さの1.5倍くらいに切る
2:カバーの内側にがばっと貼り付ける
3:本を閉じて、はみ出したテープを折り返す
――――――――――――――――――――
ハードカバーの場合は、こんな感じですね。
b0177514_17501845.jpg
文鎮やクリップでズレないようにして、がばっと縦に貼る。
b0177514_17501871.jpg
後は閉じて折り返すだけ。
わかりにくいですけど、表紙の上と下だけテープが見えます
(テカってる部分がテープ)。

こうするとカバーが外れないだけでなく、
表紙と本体のヘンな隙間もできないから読みやすいわけです。
あ、気泡や指紋やらがどうたら言う人は、
専門業者に頼んでくださいね。

フツーに考えたら表紙側に
がばっとテープをはりたくなるところですが、
カバーがズレないように折り返すのがかなり難しい。
失敗しないのはこちらのやり方です。
慣れないうちは誰かに押さえてもらって
テープを張るようにしましょう。
b0177514_17525456.jpg
こんな極厚の本でもOKです!


[PR]
by okuno0904 | 2018-02-24 17:58 | 私の愛読書・私の古典 | Comments(0)
私、コンビニ版の味方です
b0177514_13121866.jpg
「コンビニ版コミック」とは
ペーパーバックの廉価コミックのこと。
コレクターには評判の悪いブツです。
紙は悪いわ広告は入ってるわ、
この『火の鳥』なんてまだいいけれど、
ほかのになるとこんなんだからね。
b0177514_13121642.jpg
改めて見ると本当にひどいデザインだ……。
でも、僕はけっこう好きなんです。
気楽に扱えるから、
繰り返し読むマンガなんか、いいんですよ。

分厚いから(寄生獣なんて3巻!)
部屋にポーンと転がしておいても
どっかにいかないし。
(文庫だと失くすんだよねー)

風呂につかりながら読んでも、
傷みが気にならないし。
買うときもブックオフで投げ売られてるし。

マンガ好きは本棚スペースのやりくりが大変ですね。
でもコンビニ版なら、こんな蔵書が可能!
b0177514_13115650.jpg
いいよ、コンビニ版いいよ!
というわけで、今年の冬も熱い風呂に使って
マンガをを読んでいます。

なかでも『史記』(横山光輝)はもう10回以上読んでます。
みんな同じ顔だから、
ぜんぜんストーリーが覚えられない。
とくに戦国時代。
b0177514_13121464.jpg
主人公である有能な人は、
だいたい悲惨な死に方をします。

たまに、あれ? この人って生き残るんだったっけ?
と思ってたら、王から難癖付けられて、
やっぱり一族郎党処刑されたりする。

「あっなにをするのです! 狡兎尽きて良狗烹らるるということですかーッ!」
という名将たちの叫びが何度もこだます。

つまり、
――――――――――――――――――――
仕事ができる
 ↓
出世する
 ↓
人気が集まる
 ↓
トップに嫉妬される
――――――――――――――――――――

この時点でほぼ「詰み」なので、
王に次ぐ実力を持ったあたりで、
決断しなければなりません。

道はふたつ
トップを殺して自分が王になるか、
「私は絶対あなたの忠実な部下ですよ」
というポーズをとるか。

だいたい、親切な遊説家がやってきて教えてくれます。
「将軍、あなたは力を持ちすぎた。
もうここまで来たらもう殺されるか殺すかしかないのですよ」
と。

野心のない将軍や参謀は
とりあえず酒と女におぼれたり
しょぼい賄賂をかき集めたりして
「ボンクラなんです」という芝居をします。

このタイミングが早すぎると
王「あの野郎、なにサボってやがる!」
で処刑コース突入。
ちょうどいい塩梅でこの芝居がきまると
王「あいつはもうダメだな(笑)」
で幸せな老後を過ごせます。

老いぼれて王が猜疑心のかたまりになるまえに、
手を打っておくのがポイントですね。
ちょくちょく「ちかごろ持病が悪化して……」とか
弱音を吐いておいたり、
論功行賞をおねだりして、
カネにしか興味ない俗物なんだとアピールしたり。
(ああ、めんどくせえ~)

と、こういうことを将軍に入れ知恵した遊説家は、
賑わう街のなかをよだれを垂れ流し奇声を挙げながら去っていく。
どこでか情報が洩れてもこれなら大丈夫。
「エア発狂」という高度な護身です。

深い、深すぎるよ、史記!

[PR]
by okuno0904 | 2017-12-22 13:18 | 私の愛読書・私の古典 | Comments(0)
   

著作家・ライター奥野宣之の公式ブログ。新刊『諭吉に訊け!』(光文社)『図書館「超」活用術』(朝日新聞出版)発売中! プロフィール、連絡先、などは右メニュー「カテゴリ」からどうぞ!
by okuno0904
> ブログパーツ
> 画像一覧
> 検索