人気ブログランキング |
> ライフログ
タグ:文章法 ( 1 ) タグの人気記事
おにぎり理論――ライティングってたぶんこういうことじゃないだろうか――
こないだ地元大阪でライティングのセミナーをしました。「ライター、もとい書き手として大事なことは……」と、つい「ザ・専門職」「テキストマニア」な話になるのを自制して、なんとか言いたいことを伝えられたような気がしています。

まあ要するに、雑誌のライターとか、作家とかじゃなくても、ウェブとかメールとか社内報とかを書く「書き手」として、着実に芸を磨いていこうよ、ということです。

「一億総書き手」と言ってもいいくらいなのに、日本にカルチャーセンターはあってもライティング教育がないのは不思議、というかなんとかしなきゃいけないとずっと思っていました。

で、「どんなふうに読んでもらう文章を書けばいいのか」と考えいたわけですが、書店に行けば、ぼくがすごーくお世話になった「日本語の作文技術」(本多勝一)とはじめ、「わかりやすい説明の方法」とか「メール文章のテクニック」とか、どうテキストを読みやすく、わかりやすく、つまり「リーダブル」にするかという支店の本は溢れています。

だから、どこに点を打つか、「てにをは」はどうするか、箇条書きにするか、どう順を追って説明するか、といった話はもういいでしょう。「刑事は血だらけになって逃げる犯人を追いかけた」の例文は、もうお腹一杯、というわけです。

「リーダブルな文章」の次は「何を書くか」ですが、企画・テーマづくりの技術も本がありますね。僕が偏愛する『ギリギリ合格への論文マニュアル』『サルでも書ける漫画教室』をはじめ、広告やテレビなどクリエイターの人なんかが、わんさと本を出しています。こっちも、いつかは書いて見たいとは思うけれど、とりあえずは「ギリギリ合格」「サルまん」読んでね、という感じです。

そんなわけで、僕が感じているライティングの課題は、長くやってれば誰でもうまくなる「リーダブル」でも、いろいろ読んだり考えながら生きているならどうにでもなる「企画・テーマ」でもなく「どう書くか」に集約されます。

つまり、「それほどおもしろくもない題材・着想を、いかに(そこそこ)おもしろく書くか」ということです。

そんなことを思っていて、コンビニ行く途中、ふと思いついたのが、「ライティングのおにぎり理論」なのです。(続く)
by okuno0904 | 2012-09-01 08:00 | Comments(0)
   

著作家・ライター奥野宣之の公式ブログ。新刊『諭吉に訊け!』(光文社)『図書館「超」活用術』(朝日新聞出版)発売中! プロフィール、連絡先、などは右メニュー「カテゴリ」からどうぞ!
by okuno0904
> ブログパーツ
> 画像一覧
> 検索