> ライフログ
タグ:文具 ( 4 ) タグの人気記事
ステッドラーの鉛筆ホルダーに感動した
b0177514_14235142.jpg
久々に文具のこと書きます。
本ではいろいろ紹介したりしてますけど、
基本的にはモノ買うの避けてるんですよね。
余計なもんがどんどん増えていくから。
使わないペンやらなにやらがデスクにあると、
なんつーか、「純度」が下がる気がしませんか?

そんなわけで私は、
「文具は今あるのを使い切ってから次のを買う」
という主義なのです。

よくペンを買うのは「鉄道忘れもの市」です。
ジェットストリームやSARASAといったいいヤツが、
5本100円くらいで買えます。
たいていインクが半分くらいになっているので、
カバンや上着に差しっぱなしで使うのにちょうどいい。
安いから失くしても気にならないし。
(で、「忘れもの市」に流れる。完璧なエコシステム!)
忘れ物市のペンは汚れてたり手垢でべとべとしてたりするけれど、
アルコールで拭けば新品同様になります。

まあ、ボールペンはそれでいいとして、
ここ数年の悩みは「鉛筆」です。
小学生になった娘が、
使い古した短い鉛筆をいっぱいくれるわけですよ。
鉛筆は普段からよく使うので、
「おお、どんどんもってこい」
と言ってたものの、いかんせん多すぎる。

で、よくある真鍮製の補助軸を付けて使ってたわけですけど、
ガタつき、軋みで書き味は最悪。
わー、こりゃもうチビた鉛筆は捨てるしかないな……、
と思いかけたとき、最後の賭けとして、
この伝説的な一品、ステッドラーの鉛筆ホルダーに
賭けてみることを思いついたわけです。

ヨドバシ・ドット・コムで1500円くらい。
たかがチビた鉛筆を使うのに1000円超っておい。
ぜんぜん節約になってねぇぞ、
という気もしするけれど、これでいいのです。
「鉛筆を使い切る」という
自分の流儀を通すのが目的なのですから。

イライラの元凶だった補助軸から
鉛筆を取り出し、この鉛筆ホルダーに入れて締める。
軽く回すだけでギチギチに締まる!
ガタつき、軋みは完全にゼロ。
重心もよく計算されているのか、
万年筆のような心地よい重みがある。
入れているのは安い鉛筆なのに
ハイユニとかのフラッグシップモデルを使っているような感覚。
これはいい、これは値打ちあるぞ!

よく考えれば、チビた鉛筆だけでなく、
短くなった色鉛筆にも使えるし
(これも大量にもらう。マーカー代わりに使用)、
景品なんかのヘボい鉛筆もこのホルダーを付ければ、
わりといい書き味になる。
そう考えればけっこうお買い得かもしれません。
ギフトにもよさそうですね。

ああ、いい買い物した。
もう死ぬまで鉛筆の使い切りに悩まなくていいのだ、
自分はこの問題に打ち勝ったのだ、
人類でも数少ない勝利者なのだ。
そう考えると笑いが止まりません。

[PR]
by okuno0904 | 2018-01-19 14:26 | 自慢のコレクション | Comments(0)
『グッズプレス』でメモの話
b0177514_14494247.jpg

いま発売中の『グッズプレス』に奥野が出てます。
ビジネスマン向けにメモ帳の選び方、活用法、使い分けなどを
語っています。

こんな商品があったのかという発見があって
物欲がガンガンわいてくる雑誌なので、
文具好きの人におすすめです。
書店で探してみて下さい!
[PR]
by okuno0904 | 2012-04-25 14:53 | メディア掲載情報 | Comments(0)
2009年「便利だったモノ」大賞
いろいろ他の年末まとめ記事を見て思うところがあったので、
今年仕事するなかで役に立ったデジタルモノやサービスをまとめておきます。
ランキング形式じゃないです。ご参考になれば。

■EeePC901
まあ、とにかくパソコンはテキストエディタさえ動けばいいわけで、僕のようにオフライン前提で割り切った使い方をする人には最高の恩恵が受けられるマシンであります。バッテリーがそこそこ持ってキーボードが押しやすい。一度、湯飲みのふたから落ちた雫がキーボードに落ちてぶっ壊れました(閉口)が復活しました。

■FMV(デスクトップPC)
ずっと家でもレッツノートを使っていたのですが、どうも処理速度が遅いようなので買いました。vistaはおせぇ、と聞いていたけれど「パフォーマンス最優先」にすれば万事解決。見た目はウインドウズ95みたいですけどね…… やっぱり費用対効果で見ればデスクトップはいいですよ、うん。

■ドットライナー・ロング
とにかくでかい! 著書でも書いたように僕はメモとか資料とか名刺とかをとにかくノートに貼るわけです。「大容量」というのはそれだけで大きな魅力ですね。でも、詰め替え用のやつがなかなか売っていないんだなー、これが。

■ノートカバー「ストレージイット」
11月ごろからノート兼手帳にカバーをつけています。これが発売するまでのカバーはなんというか「やり過ぎだろ?」という感じがあったものの、これはちょうどいい。こういうのをデザインするとついポケットだらけのモノをつくりたくなるところを、必要最小限におさめた作り手は見事だと思います。

■携帯電話「824SH」
電池の持たないスマートフォンをやめてガラパゴス携帯に戻ったわけですけど、やはり「バッテリーが持つ」というのは最強に便利なことなのでした。gmailも普通のメールとして使えるしね。でも、なんでこのPCメール機能を誰も知らないのか、不思議ですな。

■オズエディタ2
前からヘビーユーザーだったのですが、今年は「ctrl+l」で簡易アウトラインが出せるということにやっと気づいて、より便利になりました。仕事のやりとりで何度かWORDを使いましたが、やっぱり実用に耐えませんでした。

■ペリカン「スーベレーン」
野坂昭如さんが万年筆マニアは××に違いない、と言っているのを読んで以来、万年筆を避けてきたのですが、使ってみるとやはり書き味は格別なのでした。使えば使うほど書きやすくなるという機能を持っているペンは万年筆意外にありません。というわけでだんだん好きになっています。

■ロディア「No.11」
すいません。いままで「メモ帳にブランドものをつかうなんて馬鹿げてる。舶来信仰だ」と思ってたんですけど、使ってみたら意外に便利でした。A6ノートに貼るにもちょうどいいサイズです。

■電子辞書「エクスワード」
買ってから5年くらいになりますがいまだに毎日使う最高のデジモノです。すごく費用対効果の高いマシンですね。喫茶店などでこれとEeePCを並べて作業すると、画面・キーボード・画面・キーボードと並ぶのが、変態ぽいなあと思ったものでした。来年は乾電池駆動のままでカラー版が出るので要チェックです。

■PC版百科事典「エンカルタ」
項目数は少ないもののドラマティックな読み応えのある記事が出てくる。「引く喜び」のある辞書だと思います。これからも出続けてほしいなあ。

■ipodシャッフル
なんだかんだいって「小さいのが一番」ということを教えてくれた端末でした。あ、僕が持っているのは第3世代が出たときにたたき売られていた第2世代ですよ。町山智浩さんのアメリカ映画特電を入れて散歩しながら何度も聞いていました。
[PR]
by okuno0904 | 2009-12-30 09:29 | Comments(0)
誰か作って
b0177514_18574855.jpg
技術的にできるはずなんだけど、
なんでまだどこにもないんだろうってものありますよね。
このブログのネタとして、
これからそういうのを取り上げていくシリーズを書こと思います。
ジャンルは主に文具、デジモノとかもやるかもしれません。
いや、やるでしょう。
文具オタクは必見のコンテンツです。

さて、記念すべき一回目は、
「ノック式のサインペン」
です。

本にも書いたとおり、僕はサインペン愛好者でして、
あのスカスカした書き心地がたまらねえな、と日々思って暮らしているわけです。
来日したアメリカ大統領が感激して、買い占めて帰ったというエピソードも
「その気持ちわかるわぁ」という感じです。
日本の文具はクオリティたかすぎなんですよね。

サインペンは書類にチェックを入れたり、校正するのにも目立っていいし、
ファクスやコピーでもハッキリくっきりでるのがいい。
あの質実剛健な感じもしびれますしね。
ああ、外でも気軽に使いたい……

そう思っても、ボールペンみたいにノック式のはない!

ええ、ああいうのはペン先が乾燥するので、
ノック式にするためには、密封をどうやるかを考えなければいけない。
それはわかってますとも。
でも、すでにノック式の油性ペン(こっちのが揮発対策はシビア)とか、
蛍光ペンとかあるじゃないですか。
その技術を使えば明日にでもできるんじゃないですかい?

なんで売ってないですかねえー。
万年筆だってノック式になってるのに、心底ふしぎですわ。
ついでに水性ボールペンのボールぺんてるも
ノック式になってくれれば言うことないんだけどなあ。
これも叶わぬ望みなんでしょうか?
絶対売れると思うんですけどねぇー。

最後はぼやいているだけになりましたが、
欲しい気持ちはいたって本気です。

次回は「鉛筆」で!
[PR]
by okuno0904 | 2009-08-17 18:32 | Comments(0)
   

著作家・ライター奥野宣之の公式ブログ。新刊『諭吉に訊け!』(光文社)『図書館「超」活用術』(朝日新聞出版)発売中! プロフィール、連絡先、などは右メニュー「カテゴリ」からどうぞ!
by okuno0904
> ブログパーツ
> 画像一覧
> 検索