人気ブログランキング |
> ライフログ
タグ:年表 ( 1 ) タグの人気記事
「歴史の学び方」その2
続きです。

■ある土地のファンであること

3つ目は地域史に詳しくなること。
大阪なら大阪、東京なら東京と家の周りを歩きまわると、
いろいろ歴史的な情報が出てきますね。

この山には彰義隊が陣取ってたとか、
この溜池を作ったのは行基だとか、
あの寺の襖絵を書いたのは○○という絵師だったとか、
あの広大な空き地は戦前の軍需工場だったとか、
近所でこういう埴輪が出土しているとか……

まあ、自分の住んでいる土地が嫌い、という人は
あんまりいないと思うので、
その土地のファンになることはたやすいでしょう。

それができたら、近所の寺社や史跡、博物館、図書館
などを訪れて、地域の歴史をあたまに入れていく。

縁もゆかりもない有名人や偉人より、
同郷の人の方が親近感を感じるでしょう?

同じ土地に立って、同じ空気を吸い、
同じ方言を話していた人なんですから。
自分の先祖がその人に会ったり世話になっていたり
するかもしれません。

自分の住んでいる地域で
自分のヒーローを見つければ、
完璧です。

■年表をゼロから作ってみること

このように、人物、時代、地域という基本の軸ができたら、
次はゼロから年表を作ってみるといいです。

エクセルで、たとえば、
一番上の行を左から右に、
西暦・和暦・世界史・日本史・地域史・好きな人物
とします。
で、ひたすらセルを埋めていく。

紀元前から現代までやろうとすると大変なので、
幕末だけにするとか、
年号ではなく世紀にしてみるなど
各自、工夫してください。

僕は去年、これにハマって、
恐ろしいほど時間を費やしました。
作ったのは1853年から2011年までの
世界史・日本史・世相年表です
おかげで、現代史の知識の穴をかなり埋めることが出来ました。

たとえば中東民主化のニュースを見ても
「カダフィのリビア革命は1969年 
東大安田講堂事件、アポロ月面着陸と同年。
サザエさんのテレビ放映が始まり、
『坂の上の雲』と『赤頭巾ちゃん気をつけて』がベストセラーだった」
とすぐ参照できるから
だんだん土地勘のようなものができてくるわけです。

仕事でも、このデータは重宝します。
たとえば、現在80歳の人にインタビューするなら
もうひとつセルを設けてその人名前を入力。
生まれた年から「0歳、1歳、2歳……」とタテに
オート入力?(マウスで端っこをドラグする操作)していけば、
その人が何歳の時に何があったか、
全部わかるわけですから。ほかにも
歴史人物について調べるときにも使えます。

自分や親の年齢を入れるのもいいですね。
歴史という物語の最新話が今なのだという
実感がわきます。(続く)
by okuno0904 | 2012-04-05 20:55 | Comments(0)
   

著作家・ライター奥野宣之の公式ブログ。新刊『諭吉に訊け!』(光文社)『図書館「超」活用術』(朝日新聞出版)発売中! プロフィール、連絡先、などは右メニュー「カテゴリ」からどうぞ!
by okuno0904
> ブログパーツ
> 画像一覧
> 検索