> ライフログ
タグ:公共図書館 ( 2 ) タグの人気記事
図書館で「読書離れ」について考えた
b0177514_11051043.jpg
人口減少やら格差の拡大やらを論じた新書のなかに
近ごろ気になっているものが2、3冊あったので、
大学図書館に行ったついでに探してみた。

かなり売れてるらしいから、
貸出中ってこともありえる……
と思っていたものの、すべて書架にあった。

この大学図書館の蔵書は、
一番最後のページに紙が貼ってあり、
返却日がハンコで押されている。
見ると、貸出は半年ほど前の新刊で1、2回。
2カ月前に出た本はまだ一度も貸し出しされていなかった。

帰宅後、ふと気になって、
それらのタイトルを地元の公共図書館で検索してみた。
――予約数141件。
ああ、やっぱり!

予約140件って、一体いつ読めるんだ?
ただ7冊あるらしいから(複本という)、
予約は1冊あたり20件。
貸出期間の2週間×20回は、40週間だから、
最短でも10カ月。
返却期限前に返す人や
機嫌をオーバーする人がいれば話は別だが、
まあ、1年近くかかるだろう。
いま予約しても読めるのは2019年。
それってどうなの?

ベストセラーに殺到する予約に対して、
文庫や新書くらい買って読め、という声はよくある。
しかし、筆者はこの言葉にずっと違和感を持っている。

というのも、この説は、
「読みたいが、カネがない(出したくない)」
という人を想定しているが、
果たしてそうだろうか?
こういう予約をする人は本当に「読みたい」のか?
と思わざるを得ないのだ。
なんつったって、おまえ、1年後やぞ?
いくら気の長い人でも、
「読みたい」本を待つ期間としては長すぎる。

10や20件ならギリギリわからなくもないけれど、
100も200も予約されている本に、
さらに予約を入れる。
こういう人は、きっと心の底ではその本を、
「さほど読みたくない」
のだと思う。

だから、こういう人に「買って読め」と言っても意味がない。
「読みたくない」本を買うわけがないからだ。
ではなぜ「読みたくない」のに、
気の遠くなるような先の貸出予約を入れるのか。
きっとこれだろう。
「読みたい(ような気がする)」
まあ、そう思い込むのは自由だし、
図書館の貸し出しも増えるから、
それでいいんじゃない?
と言っておこう。

もし賃金が上がっていたり、
将来を楽観視できるような世の中であれば、
売れてる本や話題の本を
「読みたい(ような気がする)」
とポンポン買うケースもあるんだろうけどねぇ……。
出版不況ウンヌンと言われる前の時代って、
要は見栄や流行で「読みたくない」本でも
買っちゃう人がたくさんいた時代だったんじゃないのかな。

それにしても、
大学図書館と公共図書館との
このギャップである。

やはり、というべきか、
本を読まない大学生は増えているらしい。
全国大学生協連の発表(2/26)によると、
全国の大学生のうち「1日の読書時間がゼロ」が
53%を占めたという。
半数超えは2004年、調査項目に「読書時間」を入れて以来初めて。

なぜ大学生は本を読まなくなったのか。
「若者の○○離れ」の原因としてよく言われるように
「本を買うカネがないから」なのか?
まさか。
「カネがないから読めない」なら、
大学図書館はもっと活用されているはずだ。
学生は無料であっても読まない。
「読みたくないから読まない」といのが
正解だろう。残念ながら。
要は魅力がないのである。

本は読むべきか。まあ読んで損はないだろう。
人の営為の中でもかなり「歩留まり」のいい方だ。
建物を立てたり、会社を作ったりするよりいいかもしれない。

だからといって積極的に本を勧めるかというと話は別だ。
「本好き」の狭量さもよく知ってるしね。
天邪鬼だから逆に
「死ぬまでスマホ見てればいいよ」
とか言いたくなってしまう。
と、「それではいかんのだ!」ともう一人の自分が言う。

どう考えても、未来は危うい。


[PR]
by okuno0904 | 2018-03-09 11:06 | 図書館 | Comments(0)
公共図書館の研修会で講師をしました
b0177514_09345610.jpg
大阪公共図書館協会の研修で講師をしてきました。
『図書館「超」活用術』を読んでくれた
地元・堺の図書館員の方が、
「ぜひ図書館員向けの話を」と。

そんなわけで、同書の企画趣旨と執筆時に込めた意図、
利用者として公共図書館に言いたいこと、
利用促進のためにどうすればいいいか
など、好き放題に話をさせてもらいました。

「図書館での講演」は何度もやっているけれど、
「図書館員向けの講演」は初めてです。
専門職の前で話すのはプレッシャーだなぁ~
と思いつつも、非常に楽しい時間でした。

主催の大阪府公共図書館協会というのは
府下の公共図書館員でつくる勉強会です。
当日は40人を超える図書館員が参加。
会場の大阪市立中央図書館の研修室は
なかなかすごい熱気に包まれていました。

ちょっと舌足らずでしたが、
最終的に言いたかったことは、
「図書館はちゃんと“対世間”をやれ」
ということです。

サービスをきちんとやることはもちろん最重要ですが、
それだけでも、ジリ貧の流れは避けられない
そこで、もっと幅広い利用者を取り込み、
サービスを強化していくためにも
図書館はもっと“メジャー感”を
出していく必要があります。

たまにテレビに取り上げられても、
どこかマイナーさの再確認のような感じです。
図書館の「とっつきにくさ」が、
不思議と魅力になっていることは僕も認めますが、
そんな心地よいマイナーさからは、
いつか脱しなければなりません。
図書館はメジャーになって当然なのです。

もっと世間に関わり、
「図書館はなんでもできる、すごいところだ」
といったイメージをふりまいていかないと。
逆に言うと、こういうイメージ戦略がないから
「本に囲まれてコーヒーが飲めます」
みたいな話になってしまうわけです。

図書館に限らず、
出版でも書店でもそうですが、
「幻想」が大事なんですよ。

と、こんな話でした
(つい長くなってしまった……)。

大阪公共図書館協会のみなさま、ご来場のみなさま、
貴重な機会をいただき、ありがとうございました。

[PR]
by okuno0904 | 2016-07-01 09:38 | 活動報告(事後) | Comments(0)
   

著作家・ライター奥野宣之の公式ブログ。新刊『諭吉に訊け!』(光文社)『図書館「超」活用術』(朝日新聞出版)発売中! プロフィール、連絡先、などは右メニュー「カテゴリ」からどうぞ!
by okuno0904
> ブログパーツ
> 画像一覧
> 検索