> ライフログ
タグ:ペン ( 2 ) タグの人気記事
ステッドラーの鉛筆ホルダーに感動した
b0177514_14235142.jpg
久々に文具のこと書きます。
本ではいろいろ紹介したりしてますけど、
基本的にはモノ買うの避けてるんですよね。
余計なもんがどんどん増えていくから。
使わないペンやらなにやらがデスクにあると、
なんつーか、「純度」が下がる気がしませんか?

そんなわけで私は、
「文具は今あるのを使い切ってから次のを買う」
という主義なのです。

よくペンを買うのは「鉄道忘れもの市」です。
ジェットストリームやSARASAといったいいヤツが、
5本100円くらいで買えます。
たいていインクが半分くらいになっているので、
カバンや上着に差しっぱなしで使うのにちょうどいい。
安いから失くしても気にならないし。
(で、「忘れもの市」に流れる。完璧なエコシステム!)
忘れ物市のペンは汚れてたり手垢でべとべとしてたりするけれど、
アルコールで拭けば新品同様になります。

まあ、ボールペンはそれでいいとして、
ここ数年の悩みは「鉛筆」です。
小学生になった娘が、
使い古した短い鉛筆をいっぱいくれるわけですよ。
鉛筆は普段からよく使うので、
「おお、どんどんもってこい」
と言ってたものの、いかんせん多すぎる。

で、よくある真鍮製の補助軸を付けて使ってたわけですけど、
ガタつき、軋みで書き味は最悪。
わー、こりゃもうチビた鉛筆は捨てるしかないな……、
と思いかけたとき、最後の賭けとして、
この伝説的な一品、ステッドラーの鉛筆ホルダーに
賭けてみることを思いついたわけです。

ヨドバシ・ドット・コムで1500円くらい。
たかがチビた鉛筆を使うのに1000円超っておい。
ぜんぜん節約になってねぇぞ、
という気もしするけれど、これでいいのです。
「鉛筆を使い切る」という
自分の流儀を通すのが目的なのですから。

イライラの元凶だった補助軸から
鉛筆を取り出し、この鉛筆ホルダーに入れて締める。
軽く回すだけでギチギチに締まる!
ガタつき、軋みは完全にゼロ。
重心もよく計算されているのか、
万年筆のような心地よい重みがある。
入れているのは安い鉛筆なのに
ハイユニとかのフラッグシップモデルを使っているような感覚。
これはいい、これは値打ちあるぞ!

よく考えれば、チビた鉛筆だけでなく、
短くなった色鉛筆にも使えるし
(これも大量にもらう。マーカー代わりに使用)、
景品なんかのヘボい鉛筆もこのホルダーを付ければ、
わりといい書き味になる。
そう考えればけっこうお買い得かもしれません。
ギフトにもよさそうですね。

ああ、いい買い物した。
もう死ぬまで鉛筆の使い切りに悩まなくていいのだ、
自分はこの問題に打ち勝ったのだ、
人類でも数少ない勝利者なのだ。
そう考えると笑いが止まりません。

[PR]
by okuno0904 | 2018-01-19 14:26 | 自慢のコレクション | Comments(0)
【文具】PARKERインジェニュイティがすごい(1/4)
b0177514_11175589.jpg

●何にも似ていない書き味

業務上の用あって最近使っている「PARKERインジェニュイティ」というペンがすごいです。

そう、万年筆で有名なあのPARKERのモデル。と言っても万年筆ではありません。本体は万年筆のようにゴットリしているけれど、ペン先は、何というか……ものすごーく独特、としか。

とにかく1週間ほど使ってみて、紙に触れるたび「この書き味は……(ウットリ)」という気分になっております。

文具マニア諸兄のために、メカニズムを説明しておくと、これはフェルトペンのようにインクの染みこんだペン先を押しつけて書くペンの一種です。

ペン先の見た目はピグマの「ミリペン」みたい。万年筆のように見える金属部は、基本的には「飾り」ですが、ここを上向きにして書くことで、ペン先が常に一定方向だけ紙に触れることになる(つまり馴染んでいく)という意味があります。

※追記:ここは「飾り」ではなく、書き手の筆圧に応じてペン先の「しなり」を調整するという重要なあるそうです。なるほど。

……ということは、それって、万年筆に似せたただの重たいペンじゃないの? 僕も初めはそう思いました。しかし、これがまったくの見当違いであったことがわかってきたのです。

※次回に続く
[PR]
by okuno0904 | 2012-08-09 07:30 | Comments(0)
   

著作家・ライター奥野宣之の公式ブログ。新刊『諭吉に訊け!』(光文社)『図書館「超」活用術』(朝日新聞出版)発売中! プロフィール、連絡先、などは右メニュー「カテゴリ」からどうぞ!
by okuno0904
> ブログパーツ
> 画像一覧
> 検索