> ライフログ
タグ:ブログ ( 13 ) タグの人気記事
ブログを引っ越します
b0177514_09571212.jpg
突然ですが、ブログを引っ越します。
公式ウェブサイトも閉めました。
新しいサイトは以下リンクからどうぞ。


早い話、公式サイトとブログを一本化しようというわけです。

「よし、ワードプレスをやってみよう」
と思い立ったのが年初のこと。
ほとんど手を付けないまま7月を迎えてしまい
(こういうのホントに苦手なんです)、
ええい、未完成でもとにかくオープンするんだ!
と公開に踏み切った次第です。

このブログはもう更新しませんが、
引っ越し完了までは生かしておきます。
いや、できるのか?
やり方サッパリわからないけど……

スマホにワードプレスのアプリも入れてみました。
これでブログ無精な僕でも
更新頻度が増えるはず?
まあ、とにかくチャレンジしてみます。


[PR]
by okuno0904 | 2018-07-12 09:57 | 告知・募集 | Comments(0)
今年は「入手本紹介」をやります
いま日経BPnetでやっている書評のほかに、
もっとうまく本の紹介ができないか、
そんなことをずっと考えてきました。

ブログのようなレビュー趣味としてのもののではなく、
新聞書評欄のようなゴリゴリの読書家向けのものでもない。
また紹介する側の商売として書くわけでも、
書き手にハクを付けるためのものでもない。
もっとリアルな、大学のころ友達の下宿に呑みに行って
ふと本棚を眺めたときのような、
カジュアルな本の紹介って、できないのだろうか、と。

僕はかなり本を読む方で、
読書関係の本まで書いているのに、
そのほとんどをネットで紹介していません。
理由は、(身もフタもない理由ですけど)
まずamazonのリンクを張ったりするのが面倒なこと、
それにあまり意味を見いだせないからです。

僕は自分の興味だけに従って読んでいるので、
普通に読んだ本を紹介すると、まず、
話題になる、世間の関心に応える、といったものになりません。
「『日本共産党vs部落解放同盟』という本がおもしろかった」
と書いたところで、その本のamazonのランキングが上がったり、
ブログのヒット数が上がることはないでしょう。
よって、本の話をネタとして活用したいとは思っているものの、
結論は「わざわざ公開しなくていい」になるわけです。

自分で買った本はいいとして、問題は献本です。
こんな仕事をしていると、出版社から献本もよくいただくのですが、
なかなか読んで紹介する暇がありません
(こういう駄文を書いている暇はあるのに……不思議!)。
ずっとまあ仕方ないか、と思っていたものの、
近ごろ、このことがだんだん心に重くのしかかってきています。

当たり前ですが、出版社にとって書籍というのはまず商品であり、
「カネそのもの」といった面もあります
(詳しくは『誰が本を殺すのか』という本を読んでください)。
だから「もらっておいて紹介しない」というのは、
かなり気がとがめるわけです。
たとえば単行本が届いたら、
1500円をポケットに突っ込まれたのと同じような感覚になる。
販促に貢献もできないのに、合わす顔がねえ……というか。
かといって、パラパラめくって、
「さすが○○さん、今回もサイコーでした!」
というレビューを書く度胸もない
(読まずに書けるのが一流の書評家だ、
と言った大家がいたらしいですが)。

さらに、献本が積み上がっていると、
たまに興味を感じる本をもらって、
読んでから紹介しようと思ったとき、
「ナニおまえ俺の本をほったらかして
他の本読んでんだタココラ」
と言われるんじゃないか、
「あの出版社ばっかり紹介しやがって」
と思われないかと想像してしまったり……
……ふう、少々、疲れました。

で、年末に思いついたのが、
「入手した本を、入手した段階で紹介する」
という方法。
題して「入手本紹介」です。
つまり、「全部読んだわけじゃない」
「展開によっては読まないかもしれない」
と断りを入れて感想や紹介を書く、と。
今年はこれでコツコツ本を紹介していこうと決めました。
本を探しに行く段階で本との付き合いは始まっている、
と考えれば、それほどケッタイな話でもないでしょう。

これなら、僕の読書体験の大半を占める
「マジメに読んではいない本」を紹介できます。
かったるいところを読み飛ばして通読したあの本も、
一部だけを探して読んだあの本、
途中で読むのをやめたあの本、
ツンドク山に3年鎮座しているあの本、
読み始めて5分で挫折したあの本、
後半つまらないのでやめたあの本、
たまに辞書みたいに開いて眺めるあの本、
そして今朝ポストに届いた献本も
等価に取り扱うことができる、というわけです。

奥野の「入手本紹介」にご期待ください。
[PR]
by okuno0904 | 2013-01-04 14:27 | オモロイ本を読んだ! | Comments(0)
大橋悦夫さんセミナーにゲスト参加します
セミナー告知です。
といっても主役は僕ではなく、ビジネス系ブログ「シゴタノ」や『手帳ブログのすすめ』などの著作でおなじみの大橋悦夫さん。

●大橋悦夫x奥野宣之「春からのブログについて話をしよう」

大橋さんが、ブログを書く秘訣、続けるコツ、アクセス数を伸ばすヒントを語るセミナーを大阪でやるに当たって「対談してくれませんか?」と言うオファーがあり、二つ返事で引き受けました。

昔から、大橋さんの本やブログを見ていたこともあって、ぜひお話ししてみたかったのと、僕自身、ブログに関して、

・何を目的にブログを書くのか
・ブログにはどんなことを書けばいいのか
・影響力のあるブログ文章の書き方とは

といったことを聞いてみたかったからです。

僕は、昔から文章術の本は乱読してきましたが、ネット全盛の時代になって思うのは、新しい文章術が必要になってきている、ということです。

つまり、

・「てにをは」や構成、必要な情報を盛り込むことなどをきっちりクリアしたライターや記者が書くような文章

・ネットサーフィンしたり、RSSフィードをさーっと見たりしていている読み手に「おや?」と思わせて、ページを開かせ、すぐのめり込める「瞬間的に食いつかせる文章」

があるとして、後者の優位性が高まってきているということです。もちろん、どっちも書けるのが一番いいのですが。後者に長けているのが有名ブロガーだと思っています。

僕の場合、前者の能力をバリバリ鍛えてきたので、後者の文章を書く能力は、あまりない、と自覚しています(まあ、それでも「奥野さん独特の文章表現」なんてよく言われるんですけど。ちょっとフクザツな気分です)。

セミナーでは、誰もが興味を持つブログの書き方、継続のヒントなんかのほかに、

・ブログを利用した知的生産術
・ネット時代の文章法

といったことも視野に入れて、大橋さんに聞いてみたいと思っています。

ご来場お待ちしています。
[PR]
by okuno0904 | 2011-02-21 23:36 | 告知・募集 | Comments(0)
書評「未知のメニューがたっぷりつまっている」
発売からもうすぐ一カ月になろうとしている『知的生産ワークアウト』。さらにブロガーさんから熱いレビューをいただきました!

---------------------------
知的生産なんて関係ないと思うなかれ!
ビジネスの基本として 読む、考える、整理する、表現する ことはあらゆる場面で行われています。
これだけ具体的であれば、「自分だけの工夫」を加えて実践しやすいと思います。

---------------------------

奈美さん、ありがとうございます。
具体的に書いたのは、やっぱりアレンジを加えてほしいからですね。
ノート本のときにもあったんですが、「このへんは好きなようにして下さい」って書いちゃうと逆に問い合わせが来るんです。だから具体的に具体的にかいた方が「いや、俺ならこうするね」「ここだけは使える」みたいな、反応が起きやすいんじゃないかと。そんな狙いもあって、『知的生産ワークアウト』は非常に細かい本になりました(おかげでページも増えました)。

新聞コラムの書き写しワークが、こんなに反響があるとは、ちょっと意外でした。
これは僕が昔、パソコンばかりで、あまりに手書きしなくなったことにやばいんじゃないかなと思って始めたワークアウトです。手書きすると、漢字は覚えるし、語彙は増えるし、日本語コロケーション、一般教養も身につく。さらに心も落ち着くし、良いこと尽くめですね。わずか15分です。まだやってない人は騙されたと思ってやってみて下さい。
[PR]
by okuno0904 | 2010-06-23 14:59 | リンク | Comments(0)
「中学生以上であれば読んでみて損はない!」
発売から半月が過ぎた『知的生産ワークアウト』。ブログやツイッターでも、相次いでレビューいただいています。ちょっと遅くなりましたが、ここでご紹介させてもらいます。

---------------------------
奥野さんは何冊もこれまでに本を出されているけれど、
個人的にはこの本が一番好きです。
ビジネスマンの知的生産力を高めるための本ですが、
中学生以上であれば読んでみて損はない!

---------------------------

はあちゅうさん、ありがとうございます!
この本がいちばんいい! と毎回いってもらえるようにがんばります。
この本のテーマは「知的生産」です。今や、どんな仕事でもコンセプトを打ち出したり情報発信したるするのは不可欠。だから、ビジネスマンや企画職じゃなくても、学生さんや主婦の方でも、必ずお役に立てると自負しています。そういう使い回しのいい本を目指しました。

---------------------------
本書で取り上げられている73のメニューはどれも身近で、実践に抵抗のないものばかりです。自分に合いそうなものを選んで試しにやってみましょう。その積み重ねが大きな成果を生むとともに、実行力の加速度を上げることができると思います。
---------------------------

kakiharaさん、ありがとうございます。
急に成果を出すのは無理だし、無理にやると反動がきます。
筋トレのように、ご自分のペースでじっくり基礎を鍛えてください!

はあちゅうさん、kakiharaさん、重ねてお礼申し上げます。
[PR]
by okuno0904 | 2010-06-18 16:08 | リンク | Comments(0)
『知的生産ワークアウト』大好評!
『知的生産ワークアウト』、発売から5日経ちまして、
全国の書店にならぶようになりました。
すでにお読み頂いた方から、ぞくぞく反響が届いています。

かなりボリュームがある本なのに、さっそく読んでいただき、
また、ご感想、ご意見までアップしていただいて、
ありがたき幸せです!
ここで簡単にご紹介とコメントをさせてもらいます。

■僕の問題は誰かが解決している

--------------------------------
物事が、長続きしない僕としては
非常に参考になります(笑)
小さな工夫を継続する技術と
小さな工夫で継続させる技術を
この本から、しっかりと「盗み」たいです。

--------------------------------

いやいや、これだけブログを続けてらっしゃるのは、
気が向いたときだけテキトーなエントリをあげる僕なんかより、
よっぽどすごいと思いますよ!

--------------------------------
★二週間から1ヵ月くらいの読書計画表をつくって、その通りに読むこと
⇒積読解消に役に立ちそう。シーゲルの「株式投資」で実践しよう

--------------------------------

僕もツンドクはえらいことことになってますよ。
本で紹介したノルマシートは、読みたいけど読みたくない(どっちだ?)
みたいな本を読みこなすための苦肉の策でしたが、
やってみてすぐれた方法だと気がつきましたおすすめですね。
達成可能なノルマであれば、サクサク進んでいくので、
精神的にもラクで気持ちいいです。
僕は、今年から英文を毎日1段落だけ書き写しています。
10分くらいでできるから続くんだと思います。

■ジャンプ回想局

--------------------------------
で、肝心の「知的生産~」の内容。ネタ出しのノウハウがたくさん詰まってて、目からウロコ的なことがたくさん書かれてあった。JBS現役時代にこの本に巡り合っていたら、きっと優勝できただろう(笑)。
--------------------------------

トリプル役満さんは昔ジャンプのハガキ職人だった方で、
ジャンプを「ハロージャンプガイ」まで穴の開くくらい読む、
子供だった私にとってまさにヒーローでした。
後に麻雀に入れ込むようになって、
「ああ、あのトリプル役満っていうのはこのことだったのか!」
と思ったものです。
こういう偶然の出会いもツイッターの面白いところですね。

■ビジネス書と嵐が大好きなバイトMGRのブログ

--------------------------------
08ネットカフェで1時間雑誌ザッピング
これは「なるほど~」と思いました。
今まで全く思いついたことが無い!ネカフェにも行ったことないし(^_^;)
近所の行きつけを探してみよう。

--------------------------------

マッサージチェアを借りると
リフレッシュと情報収集が一発で済むのでいいですよ。
ネカフェはもっぱら雑誌図書館として使ってます。
ネカフェ以外ならチェーンのカフェより
雑誌のある純喫茶がいいわけです。

■SHINOBY'S WORLD

--------------------------------
この手の本では、すべてを鵜呑みにする必要は無く、自分が使えそうだと思うネタだけをまず取り入れてみれば、すぐに元を取れると思います。

私が良いな、と早速使わせていただこうと思っているのが、06、08、14、22、28、59、67あたりです。モノの使い方、選び方はさすがのセンスを感じます。道具を変えることによって仕事の能率を上げるという発想は学びたいところです。

--------------------------------

投資のプロから「元が取れる本」と言っていただき、感激です。
おっしゃるとおり、あくまで発想のきっかけとして使ってほしい
との思いで書きました。
内藤さん、まだ私はお目にかかったことがなく恐縮ですが、
6/19の大阪講演には駆けつけます。よろしくお願いします。

■マインドマップ的読書感想文

--------------------------------
確かにピアノ系(特にインスト曲)は、作業には良さげ。
というわけで、似たような(?)テイストで私が個人的に好きなのがこちらでございます。

--------------------------------

おお、この曲、落ち着いて作業にぴったりですね。
私は最近、グールド以外にライヒのベスト版などを
よく聞いています。ライヒは落ち着きすぎて
不安になるくらいです。(笑)

--------------------------------
プリミティブな分、今後数年陳腐化しないであろうことが本書の強み。
--------------------------------

ありがとうございます。いい言葉を教えてもらいました。
プリミティブ!
たしかに、最新情報をできるだけ載せたいという気分はあるものの
本は遅報メディアだし、ある程度、「後の世に残るもの」
として考えておかないとイカンなー、
とは思っています。書店や図書館のスペースをお借りするわけなので。

■読書I/O日記

--------------------------------
とりあえずは、途中まで読んでいた「国盗り物語」を再度手にとってみました。少しずつでも読み進める事が大事ですね。
--------------------------------

僕も最近、「翔ぶが如く」と「燃えよ剣」を読んでいます。
司馬さんの本は、読みやすさをめちゃくちゃ考えて書かれているので
読むだけで文章が上手くなるという説もあります。
たしかに、改行の混ぜ込みでページを白っぽく見せる工夫なんか
絶妙だと思います。

■大志は現実化する!

--------------------------------
「産業博物館」で検索すると沢山出てくるようです。
全国出張の多い私にとっては、その土地その土地いいって時間のある時に、
訪問をしてその知識を手に入れてこようと思います。
松下記念館と、企業家ミュージアム、自転車はきになるなぁ!

--------------------------------

東京は博物館好きにとっては天国のようなところですよ。
羨ましいなあ。
大阪にお越しになったときはぜひご連絡下さいね。
産業博物館のほか、文学系の記念館(松本清張とか)に行ってみるのも
仕事のモチベーションが上がっておすすめですよ。

■知磨き倶楽部

--------------------------------
まず、久しぶりにまとまった量を手書きしたなあということ。
文章を書くということに抵抗がなくなるくらいに、毎日書いているつもりだけど、それらは全てパソコン(キーボード)でのこと。
たかが600字程度とはいえ、新鮮な感覚だった(少し手も痛い(笑))。

そして、書き写すことにそれほど集中しているわけではないのだが、字面を眺めて読み流しているだけのときとは、明らかに頭の中の回路が違ってくる。
ちょっと癖になりそうなワークアウトだと思っている。

--------------------------------

いいでしょ、いいでしょ。
そう、べつにカルチャーセンターや何十万円もするセミナーに行かなくても、
新聞ひとつあればどこでも知的生産力はアップできるんです。
手が痛い場合は、万年筆と原稿用紙を買ってみてはいかがでしょう?
ずっと心地よく作業できると思いますよ。
ちなみに最近ずっと5紙を読んでいますが、
おすすめは日経の「春秋」か読売の「編集手帳」です。
時事ネタに呼応させる引用やエピソードが抜群に上手く、文章もそつがない。
お手本になります。他の3紙は……ノーコメントで(笑)

■鹿田尚樹の「読むが価値」

--------------------------------
普通の情報を「価値ある情報」に変えている人は、
どんなことをしているのでしょうか?

--------------------------------

さすが鹿田さん、鋭い問題提起ですね。
フツーにアクセスできることをネタに、
どう引きつけるコンテンツをつくるか。
メディアも個人も問われているテーマだと思います。

私もまだ修行中の身ですが、
読者のお役に立てるように精進していきます。
[PR]
by okuno0904 | 2010-06-01 15:13 | リンク | Comments(0)
『知的生産ワークアウト』続々ご感想いただいています。
さて、明日発売の『知的生産ワークアウト』ですが、発売前に見本を差し上げた方から、続々と、ご感想をいただいています。以下のリンクからごらん下さい。

■僕の問題は誰かが解決している

■じゅにがも読書日誌

■本魂!
[PR]
by okuno0904 | 2010-05-26 13:28 | リンク | Comments(0)
『捨てなさい』レビュー
新刊を献本したブロガーさんから、またレビューをいただきました!

●京都で働くはんなり大阪人のブログ

大阪の勉強会でお会いした方です。
しっかり読んでいただいて、うれしいですね。
このブログでのおすすめの本
僕も読んでみようと思います。
ありがとうございました。
[PR]
by okuno0904 | 2009-12-13 15:42 | リンク | Comments(0)
『だから、新書をよみなさい』を取り上げてくれているブログ一覧
『だから、新書を読みなさい』を
記事で取り上げていただいたブログ一覧を
以下にリスト化しました。

この場を借りて、ブロガーさんにお礼を申し上げます。
ありがとうございます。

http://ameblo.jp/novk/entry-10352381343.html

http://d.hatena.ne.jp/kenog/20090928/1254149449

http://ameblo.jp/powerthera/entry-10343741835.html

http://ameblo.jp/05ek13mini/entry-10350445961.html

http://ameblo.jp/smile-coach/entry-10347723965.html

http://www.yomugakachi.com/article/128804165.html

http://blog.goo.ne.jp/ryo19871207/e/bfba04e3341f2a0ba5998f25370f9789

http://ameblo.jp/snowdust0603/entry-10348812256.html

http://web-consultants.jp/blog/ogawa/2009/09/post-40.html

http://blog.goo.ne.jp/suishonokaze/e/0afc5b2ba563cb25b071611ca9bf4e52

http://plaza.rakuten.co.jp/asa21com/diary/200909030000/

http://kuramae-japan.cocolog-nifty.com/blog/2009/09/post-083a.html

http://businesschan.blog64.fc2.com/blog-entry-245.html

http://honyonderu.blog28.fc2.com/blog-entry-692.html

http://feav6738.paris-fine.com/ttqtlgz1/2009/09/post.html

http://ameblo.jp/axis-ye/entry-10346473732.html

http://vsxu1557.ldn-river.com/zg0md17h/2009/09/post_15.html

http://ameblo.jp/adaken66/entry-10347027558.html

http://ameblo.jp/axis-ye/entry-10345349550.html

http://blog.e-4clover.com/?eid=978523

http://ameblo.jp/sratobu-kingyo/entry-10345233396.html

http://ameblo.jp/axis-ye/entry-10344401229.html

http://hinodekobo.tea-nifty.com/blog/2009/09/post-241a.html

http://ameblo.jp/reeeal/entry-10336695572.html

http://ameblo.jp/axis-ye/entry-10343917815.html

http://blog.goo.ne.jp/tendollor/e/2132df3fb5c33572b1ece7ea65a821ba

http://ameblo.jp/chii152/entry-10344052109.html

http://ameblo.jp/a-little-capricious/entry-10343623165.html

http://techoutonote.blog55.fc2.com/blog-entry-279.html

http://ameblo.jp/beetamama/entry-10343135322.html

http://d.hatena.ne.jp/kenog/20090914/1252937940

http://d.hatena.ne.jp/rinkle/20090914/1252929713

http://ameblo.jp/smile-coach/entry-10342558855.html

http://nanabooks.air-nifty.com/hensyu/2009/09/post-5952.html

http://smilesignal888.blog44.fc2.com/blog-entry-257.html

http://ameblo.jp/cymasa-mano-caviglia/entry-10342107276.html

http://yumebitoplus.seesaa.net/article/127930106.html

http://ameblo.jp/piccallica2/entry-10340826839.html

http://ameblo.jp/tokyoshyboy/entry-10340714138.html

http://ameblo.jp/tokyoshyboy/entry-10340351354.html

http://smilesignal888.blog44.fc2.com/blog-entry-251.html

http://smoothfoxxx.livedoor.biz/archives/51717549.html

http://d.hatena.ne.jp/tori810/20090911

http://d.hatena.ne.jp/eo64air/20090910/p1

http://mediamarker.net/media/0/?asin=4763199463

http://blogs.dion.ne.jp/knockman/archives/8715146.html

http://ameblo.jp/sugiyuzu/entry-10351905819.html

http://roketkenta.blog46.fc2.com/blog-entry-266.html

http://d.hatena.ne.jp/antikythera/20091004/1254660274

http://ameblo.jp/nuts-tatsuya/entry-10357484910.html

http://d.hatena.ne.jp/haranoso/20091004/1254671971

http://zjvq2053.mnr-small.com/q9tn5exy/2009/10/post_12.html

http://d.hatena.ne.jp/dragontail2009/20091005/1254720351

http://blog.livedoor.jp/lifehack20/archives/51288069.html

http://4604morimoto.at.webry.info/200910/article_4.html

http://ichiryuublog.blog110.fc2.com/blog-entry-597.html

[PR]
by okuno0904 | 2009-10-26 22:56 | メディア掲載情報 | Comments(4)
コメント
このブログを作ったとき、
スパムを警戒して、承認制にしたのを忘れていました。
で、いま解除しました。
なんでも書いて頂ければ、できるだけお返事差し上げます。
よろしくお願いします。
[PR]
by okuno0904 | 2009-08-09 14:25 | 活動報告(事後) | Comments(0)
   

著作家・ライター奥野宣之の公式ブログ。新刊『諭吉に訊け!』(光文社)『図書館「超」活用術』(朝日新聞出版)発売中! プロフィール、連絡先、などは右メニュー「カテゴリ」からどうぞ!
by okuno0904
> ブログパーツ
> 画像一覧
> 検索