人気ブログランキング |
> ライフログ
タグ:ビジネス書 ( 3 ) タグの人気記事
ビジネス書「3冊書評」始めました
この秋、3年くらいやっていた『あなどれない新書たち』が終了になり、
新たな月イチの書評連載、
「3冊だけ」で仕事術向上! 
――奥野宣之「ビジネス書、徹底比較レビュー」

を始めました。すでに2回分がアップされています。
ビジネス書6冊ぶんのエッセンスをゴクッといけて、非常におトクです。
ぜひ読んでみて下さい。

毎回、3冊の本をひとつのテーマで論じます。
(1回目は「脱・残念な人」2回目は「アイデア発想法」でした)
おかげさまでページビューも好評みたいです。

ここで「3冊の横断書評」という形式を選んだのには理由があります。
・この本がこう言うのとは反対に、あの本はああ言う
・3冊(あるいは2冊)に共通する主張はナントカだ
・この問題意識で読むと3冊が一発でわかる
という具合に相対的に考えながら読むこと、つまり、
自分の頭を使って能動的に本を読むことの面白さを
描いてみたかったからです。

3冊を比較しながら読むことによって、
個別に本を読んでいてはわからない知見、気づかない発見を
浮かび上がらせようと思っています。
(『だから新書』に書いた考え方ですね)

ちなみに、3冊は読んで引用する作業としては大変なものの、
原稿のスジを考えるのは新書1冊のときより簡単で、楽しめます。
1冊と相対するより、3冊の方が、
話の転がし方がいくらでもあるというか……
登場人物が多い方が物語を作りやすいようなものかもしれません。

新書の連載は、ビジネス以外のネタ(歴史、政治、文化など)も
たくさん取り上げましたが、この連載では、
ビジネスまわりのことを重点的に扱っていく予定です。

今後とも「3冊だけ」をよろしくお願いします。
by okuno0904 | 2011-11-02 14:07 | メディア掲載情報 | Comments(0)
『「いつもの自分」トレーニング』(森川陽太郎/ダイヤモンド社)のメンタル論が熱い
b0177514_14184294.jpg


集中力ないなあ……と僕なんかはいつも思っていて、こういう文章を入力していてもすぐにネット掲示板を見たりしたくなってしまう。

でも、面白い本を呼んでいるときなんかは、飯も食べないで、風呂の中でも読んでいる。だから、「この集中力をあの仕事に使えたら!」なんて、いつも思っているわけです。

集中力だけではありません。友達に話すように講演でしゃべったり、深夜に集中して原稿を書いているようなテンションで昼間に机に向かったりすることができたら、どんなに良くなるでしょうか。

そんな、自分の集中力やテンション、気持ちを上手くコントロールするための「エクササイズ」を紹介しているのが本書です。

僕は、セルフコントロールみたいなことに、そこそこ興味があって、わりと読んでいる方なのですが、正直、どれも似たようなことが書いてあって閉口します。自分を信じろ、他人を気にするな、成功ビジョンをイメージしろ、などなど。誰かの受け売りみたいで、うんざりする。

ところが、この本はそんなよくあるメンタル本ではない。読んでみるまでわからなかったのですが、この本は「オリジナルな思想」で書かれているのです。

その理由は、まず紹介されているトレーニングが、「ありそうでなかったもの」であること。

・通勤中、ずっと片手をグーにしたままにする
・3分間10円玉を立て続ける
・打ち合わせ中、わざとペンを床に落とす

こういった、その手があったか! と言いたくなるような方法が多い。

たとえば三つ目の「ペンを落とす」というのは、相手のペースにはまらないようにする一種の切り替えテクです。訪問先でわざとトイレに行ったりということは、僕もよくするのですが、こんな違和感なく、自然に出来る方法があったんだなあ、と唸らされました。地味だけどすごいアイデアです。

また、後半のメンタル論「120%の幻想を捨てよう」も読ませますね。ここは森川さんが海外でサッカー選手になって、引退し、現在にいたるまでの、体験でつかんだメンタル論です。

特に面白いのは、メンタルのいろんな説、たとえば「ポジティブに考えろ」「一生懸命やればOK」といったことに反論していくところです。

単なる「別のノウハウ」ではなく、たたみかけるように展開される反論、持論に、本から風圧のようなものを感じました。

「一冊の本は今の状況、今の人間、今の説への異議申立て(オブジェクション)でなければならない」

というのは、僕が何かで読んで心に響いた文句ですが、まさにこの本は、メンタルの一般論への「異議申し立て」になっている。だから読んでいて役に立つだけでなく、スカッとする。エンターたエイメントになっているのでしょう。

弱さを否定するのではなく、弱さも認めながらトータルで前に進む、というメッセージには、共感しました。僕も、メンタルの俗説に「やめてくれ」を思ってたクチだからです。弱さも大事な自分の一部ということを忘れてはならないのでしょう。

さて、実は著者の森川さんは、去年、東京のパーティーで出会って友達になった人です。著者や作家は年上の人が多いのでどうしても「メシ食いに行こうよ」てな感じにはなりにくいんですが、森川さんは同じ歳ということもあって、すぐ打ち解けました。知識・経験の分野が僕とまったく違うので、いつもいい刺激をもらっています。

出る前から何度か本の話なんかはして、大枠は知っていたと思っていたつもりでした。が、いざ刊行されて読み終ったときには、「すごい人だったんだな、森ちゃん」とひとりごとをいってしまいました。
by okuno0904 | 2011-03-11 14:20 | オモロイ本を読んだ! | Comments(0)
紹介されました
b0177514_2112955.jpg神足裕司さんの『最新ビジネス書ベストセラー108冊 仕事力が3倍増する!』で、『情報は~』が紹介されました。みだし「竹村研一を思い出す」って、「これだけ手帳」のことですね……古いなあオレも。
とにかく、珍しくビジネス書業界とは違う読み手のセレクションなので面白いですよ。spa愛読者としてはうれしいです
by okuno0904 | 2009-07-30 02:12 | 告知・募集 | Comments(1)
   

著作家・ライター奥野宣之の公式ブログ。新刊『諭吉に訊け!』(光文社)『図書館「超」活用術』(朝日新聞出版)発売中! プロフィール、連絡先、などは右メニュー「カテゴリ」からどうぞ!
by okuno0904
> ブログパーツ
> 画像一覧
> 検索