人気ブログランキング |
> ライフログ
タグ:ソフト ( 1 ) タグの人気記事
2009年「便利だったモノ」大賞
いろいろ他の年末まとめ記事を見て思うところがあったので、
今年仕事するなかで役に立ったデジタルモノやサービスをまとめておきます。
ランキング形式じゃないです。ご参考になれば。

■EeePC901
まあ、とにかくパソコンはテキストエディタさえ動けばいいわけで、僕のようにオフライン前提で割り切った使い方をする人には最高の恩恵が受けられるマシンであります。バッテリーがそこそこ持ってキーボードが押しやすい。一度、湯飲みのふたから落ちた雫がキーボードに落ちてぶっ壊れました(閉口)が復活しました。

■FMV(デスクトップPC)
ずっと家でもレッツノートを使っていたのですが、どうも処理速度が遅いようなので買いました。vistaはおせぇ、と聞いていたけれど「パフォーマンス最優先」にすれば万事解決。見た目はウインドウズ95みたいですけどね…… やっぱり費用対効果で見ればデスクトップはいいですよ、うん。

■ドットライナー・ロング
とにかくでかい! 著書でも書いたように僕はメモとか資料とか名刺とかをとにかくノートに貼るわけです。「大容量」というのはそれだけで大きな魅力ですね。でも、詰め替え用のやつがなかなか売っていないんだなー、これが。

■ノートカバー「ストレージイット」
11月ごろからノート兼手帳にカバーをつけています。これが発売するまでのカバーはなんというか「やり過ぎだろ?」という感じがあったものの、これはちょうどいい。こういうのをデザインするとついポケットだらけのモノをつくりたくなるところを、必要最小限におさめた作り手は見事だと思います。

■携帯電話「824SH」
電池の持たないスマートフォンをやめてガラパゴス携帯に戻ったわけですけど、やはり「バッテリーが持つ」というのは最強に便利なことなのでした。gmailも普通のメールとして使えるしね。でも、なんでこのPCメール機能を誰も知らないのか、不思議ですな。

■オズエディタ2
前からヘビーユーザーだったのですが、今年は「ctrl+l」で簡易アウトラインが出せるということにやっと気づいて、より便利になりました。仕事のやりとりで何度かWORDを使いましたが、やっぱり実用に耐えませんでした。

■ペリカン「スーベレーン」
野坂昭如さんが万年筆マニアは××に違いない、と言っているのを読んで以来、万年筆を避けてきたのですが、使ってみるとやはり書き味は格別なのでした。使えば使うほど書きやすくなるという機能を持っているペンは万年筆意外にありません。というわけでだんだん好きになっています。

■ロディア「No.11」
すいません。いままで「メモ帳にブランドものをつかうなんて馬鹿げてる。舶来信仰だ」と思ってたんですけど、使ってみたら意外に便利でした。A6ノートに貼るにもちょうどいいサイズです。

■電子辞書「エクスワード」
買ってから5年くらいになりますがいまだに毎日使う最高のデジモノです。すごく費用対効果の高いマシンですね。喫茶店などでこれとEeePCを並べて作業すると、画面・キーボード・画面・キーボードと並ぶのが、変態ぽいなあと思ったものでした。来年は乾電池駆動のままでカラー版が出るので要チェックです。

■PC版百科事典「エンカルタ」
項目数は少ないもののドラマティックな読み応えのある記事が出てくる。「引く喜び」のある辞書だと思います。これからも出続けてほしいなあ。

■ipodシャッフル
なんだかんだいって「小さいのが一番」ということを教えてくれた端末でした。あ、僕が持っているのは第3世代が出たときにたたき売られていた第2世代ですよ。町山智浩さんのアメリカ映画特電を入れて散歩しながら何度も聞いていました。
by okuno0904 | 2009-12-30 09:29 | Comments(0)
   

著作家・ライター奥野宣之の公式ブログ。新刊『諭吉に訊け!』(光文社)『図書館「超」活用術』(朝日新聞出版)発売中! プロフィール、連絡先、などは右メニュー「カテゴリ」からどうぞ!
by okuno0904
> ブログパーツ
> 画像一覧
> 検索