人気ブログランキング |
> ライフログ
タグ:セミナー ( 30 ) タグの人気記事
8/26(日)文章セミナーやります
8/26(日)大阪・難波で文章セミナーをやります。
詳細・申し込み方法は、リンク先でご確認下さい。

世の中に文章セミナー数あれど、
実際に書けるようになる人は、本ッ当に、少ない……。
なぜなのか?
そもそもライティングを教えることはできるのか?

僕はワークショップ形式ならできるのではないか、
と考えました。

今回のセミナーは、精神論でも話者の自慢話ではなく、
短時間で文章勘を身につけてもらおうと思っています。
ご期待下さい!
by okuno0904 | 2012-08-20 17:33 | 告知・募集 | Comments(0)
手帳勉強会に参加
4月2日(土)9:50から
大阪の難波市民センターで開かれる手帳勉強会に

ゲスト参加します。
ライフログにご興味のある皆さん、ぜひご参加ください!
詳細はリンク先にあります。
ライフログって具体的にどうすんの?
という疑問にもお答えしますので。
よろしくお願いします。
by okuno0904 | 2011-03-30 09:53 | 告知・募集 | Comments(0)
セミナー延期のお知らせ
私もゲストとして話す予定だった。
3/19(土) 14:00~ 大阪・堂島でのセミナー、
■「春からのブログについて話をしよう」ですが

本日、主催者から開催を延期する旨の連絡がありました。

お申し込みいただいた方には、ご迷惑をおかけして、
大変申し訳ありません。

今回の災害で、亡くなった方に心より哀悼の意を申し上げるとともに、
被害に遭われた方に、心よりお見舞い申し上げます。

一人でも多くの人の命が助かりますように。
by okuno0904 | 2011-03-14 16:42 | 告知・募集 | Comments(0)
大橋悦夫さんセミナーにゲスト参加します
セミナー告知です。
といっても主役は僕ではなく、ビジネス系ブログ「シゴタノ」や『手帳ブログのすすめ』などの著作でおなじみの大橋悦夫さん。

●大橋悦夫x奥野宣之「春からのブログについて話をしよう」

大橋さんが、ブログを書く秘訣、続けるコツ、アクセス数を伸ばすヒントを語るセミナーを大阪でやるに当たって「対談してくれませんか?」と言うオファーがあり、二つ返事で引き受けました。

昔から、大橋さんの本やブログを見ていたこともあって、ぜひお話ししてみたかったのと、僕自身、ブログに関して、

・何を目的にブログを書くのか
・ブログにはどんなことを書けばいいのか
・影響力のあるブログ文章の書き方とは

といったことを聞いてみたかったからです。

僕は、昔から文章術の本は乱読してきましたが、ネット全盛の時代になって思うのは、新しい文章術が必要になってきている、ということです。

つまり、

・「てにをは」や構成、必要な情報を盛り込むことなどをきっちりクリアしたライターや記者が書くような文章

・ネットサーフィンしたり、RSSフィードをさーっと見たりしていている読み手に「おや?」と思わせて、ページを開かせ、すぐのめり込める「瞬間的に食いつかせる文章」

があるとして、後者の優位性が高まってきているということです。もちろん、どっちも書けるのが一番いいのですが。後者に長けているのが有名ブロガーだと思っています。

僕の場合、前者の能力をバリバリ鍛えてきたので、後者の文章を書く能力は、あまりない、と自覚しています(まあ、それでも「奥野さん独特の文章表現」なんてよく言われるんですけど。ちょっとフクザツな気分です)。

セミナーでは、誰もが興味を持つブログの書き方、継続のヒントなんかのほかに、

・ブログを利用した知的生産術
・ネット時代の文章法

といったことも視野に入れて、大橋さんに聞いてみたいと思っています。

ご来場お待ちしています。
by okuno0904 | 2011-02-21 23:36 | 告知・募集 | Comments(0)
『人生は1冊~』重版決定!
さて、先日の大阪でのイベントは、無事、盛会にて終了しました。
ご来場いただいたみなさん、ありがとうございました!
レポートはじゅにがもさんの実況を中心にしたまとめのほか、
運営していただいた読書サークル、HRCのサイトなどをご覧下さい。
(ご感想まとめて下さってみなさん、感謝です!)

そして、このタイミングで『人生は1冊のノートにまとめなさい』の
重版が決まりました!
これもライフログノートというコンセプトに共感し、
応援して下さった皆さまのおかげです。
(懇親会での増刷祈願の乾杯が効いたかな?)
本当に、本当に、ありがとうございました。

期待のシリーズで、すでに追随する類書も多く、
初版部数もかなり大きかったので、正直言って、
売れ行きにはかなり敏感になっていました。
結果的に、発売二週間ちょっとで増刷がかかって
よかった! という感じです。

増刷の場合は、いつもメールでなく、
電話をもらうことが多いのですが、
「ぞーさつしましたよ」
「え?」
「増刷です。おめでとうございます」
「おおお! ありがとうございます!」
こういうやりとりを久々にしました。
やっぱりいいですね、志望校に合格した受験生みたいで。

ちょうど先日の日曜日、大阪の書店にあいさつ回りしていて、
店員さんから「売れてますよ」という声を聞きました。、
いくつかの店舗のベストセラーランキングにも入っていたので、
いい感触を得ていたところです。
週明けには日販の週間ベストセラーランキングにも入ったし、
このシリーズ三作目が歓迎されたことがわかって、うれしかったです。

さて、よく考えてみれば、書き上げたり、書店に本が並んだときより、
実際に読んだ人に会ったり、手紙やメール、
ツイッターでのコメントをもらったりしたとき、
いわば本が読まれていることを実感したときの方が
喜びは大きいような気がします。

というのも、やはり、本というものは、映像や音楽のように、
勝手に眼や耳に入って受け手に届く可能性のあるものではないからでしょう。
誰かに、手にとってもらって、読んでもらう、
そういう相手の(ある程度負担を強いる)行為があって、
はじめて、僕の書いた情報と読者との間に関係性が生まれ、
ただの紙の束は、「本」になる。
僕はこんなふうに考えています。

昨日、ご高齢とおぼしき方から、
『人生は1冊』の感想のお便りをいただいたとき、
自分はものすごく贅沢な体験をしているなあ、と思いました。

会ったことも見たこともない、行ったこともない土地に住んでいる人に
時間とお金をもらった上で、僕の言葉を読んでもらって、
今度はその人の考えや言葉が、便箋や筆運びに込められて届く。
僕が本を書くのにかけた時間(これはどうでもいいですけど)と、
読者が本を読んで手紙を書くのにかけた時間を考えると、
ものすごくコストのかかった濃密なコミュニケーションだと思うのです。

手紙でなくても、ブログに書評を書いてくれたり、
個人的に感想をまとめたりしている人もいます。
それにもちろん、ただ普通に読んでくれた人も。
こういう密度の高いコミュニケーションを何十万という冊数でやっているのだから。
ほとんど金銭換算できないほどの、これはとんでもない贅沢ですよ。

というわけで、改めて、
読んでいただいたみなさん、ありがとうございました!
by okuno0904 | 2010-12-15 14:18 | 告知・募集 | Comments(0)
『人生は~』新刊ラジオで発信中!
b0177514_15504255.jpg

『人生は1冊のノートにまとめなさい』新刊ラジオで紹介されました! リンク先から聞けるので、ぜひアクセスしてみて下さい。

それにしても、プロの人に自分の文章を読んでもらうのはなんとなく緊張しますね。書くときはリズムよ読める文章を心がけているんですが、あくまで黙読でのことですから。

またITメディアでも取り上げてもらいました。動画まで貼ってもらってありがたいです。この動画はダイヤモンド社で何回もチャレンジしてつくった労作なので、もっといろんなところで紹介してもらえると嬉しいです。ぜひ『人生は~』のレビューに添えてみて下さい。

12/11(土)の大阪セミナーまで、あとわずかとなりまして、こちらも準備作業を進めています。会場のスタンダードブックストアさんでは、なんとすでに奥野の著作と紹介した文具の特設コーナーが設置されています! こちらもチェックして下さい。

b0177514_1550578.jpg

b0177514_15503060.jpg

b0177514_15503648.jpg

by okuno0904 | 2010-12-07 15:59 | 告知・募集 | Comments(0)
9/30(木)は知的生産の技術研究会でセミナー
9/30(木)、知的生産の技術研究会(関西)で講演します。

テーマは、『知的生産ワークアウト』。発売からしばらくたったので、また新しいワークを交えて、楽しく交流できればと思います。

よろしくお願いします。
by okuno0904 | 2010-09-06 15:04 | 告知・募集 | Comments(0)
9/11は鼎談イベント@大阪
きたる9月11日(土)
文殊の知的生産スペシャル~著者3名による大対談会~
というイベントに出ます。参加申し込み受付中です(割引有)!

今回のイベントはフツーの講演ではなく、鼎談です。野瀬さんも鹿田さんもとても気さくな方なので、いろいろと面白い話が出るんじゃないかと期待しています。最近は単独セミナーばっかりなのですから、集まってやるのは、お祭りみたいで楽しみです。

では、当日お会いできるのを楽しみにしてます。
by okuno0904 | 2010-08-18 13:12 | 告知・募集 | Comments(0)
東京商工会議所で講演
b0177514_1162446.jpg
少し前、また東京に行って、東京商工会議所の江東支部で講演してきました。朝から雨が降る中、約50名の方にご来場いただきまして、話し手としても非常に充実した会でした。
ご来場いただいた皆様、貴重な機会を下さった東商の皆様、本当にありがとうございました。
b0177514_11101124.jpg
話した内容は「情報の捨て方・拾い方」。ひとことで言うと「情報を捨てると本質が残る」ということですね。
ちょっと専門的すぎる内容だったかもしれないと反省しているものの、皆さん熱心に肯きながら聞いていただいていて、感激しています。

以下、当日話したことの項目です。
==========================
100729 東京商工会議所セミナー
「『使える情報』『捨てる情報』を即決するルール」奥野宣之/10:00-11:30@東京商工会議所江東支部

■1:アウトプットのための情報さばきとは(10:00-10:20)

●「スッキリさせること」は目的ではなく手段
□「捨ててしまったら取り返しが付かない書類」はあるか
□「とっておくコスト」を考える
□物質的に片付けることで、思考が整理できる
□ストレスなく仕事し、早く帰れるようになる

●情報を捨てると集中できる
□デスクの上は広い方が能率が上がる
□メール、ウェブ、ケータイ……、常に気がそぞろな現代
□余計な情報がない方が目の前の仕事に集中できる
□パソコンと同じでデスクトップはシンプルに
□いまの仕事、懸案だけを考えるよう自分を仕向ける

●情報を捨てると本質がわかる
□要点をつかむ=余計な部分を捨てる
□「説明資料10枚、どれを捨てるか」の視点
□ワンクリックで出力できる時代だからこそ捨てる
□「自分の意見」を作りアウトプットをより魅力的に

■2:情報に振り回されないコツ(10:20-10:50)

●情報には必ず序列をつける
□「お役所資料」を作ってはならない(参考資料1)
□頭の中に新聞の一面をつくる(参考資料2)
□「ピラミッド構造」を見抜こう(参考資料3)
□客観と主観、2つのピラミッドをつくる

●捨てるルールを作るためのTODO
□デスク横のゴミ箱を大きくする
□書類に大きく「○」「×」を書く
□「まず辞書引き」の習慣を
□「メモベース」で情報は扱う
□「ねぎまメモ」で主観を引き出す
□スクラップブックで自分のキャパを知る
□たまってしまったら見ずに捨てる
□あえてテキストファイルに抜き出す

■3:書かれていない情報をどう読み取るか(10:50-11:15)

●日経新聞コラム「春秋」で情報感覚を鍛える(参考資料4)

■質疑応答(11:15-11:30)
==========================
by okuno0904 | 2010-08-10 11:17 | 活動報告(事後) | Comments(0)
6/30(水)に『知的生産ワークアウト』東京セミナー
 大好評の『知的生産ワークアウト』をひっさげて、東京でもセミナーを開きます。開催日は6/30(水)。会場は赤坂の永楽会館です。

■詳細はこちらから

 主催は、NPO法人「知的生産の技術研究会」。「知的生産」という言葉を世に広めた梅棹忠夫氏のもとに、有志が集ってできた自己研鑽を目指す社会人の会です。

 当日は、新刊から「おすすめワークアウト」を体験していただくほか、出版意図なども新刊の制作秘話などもからめてお話しします。

 申し込みお待ちしています!
by okuno0904 | 2010-06-28 15:50 | 告知・募集 | Comments(0)
   

著作家・ライター奥野宣之の公式ブログ。新刊『諭吉に訊け!』(光文社)『図書館「超」活用術』(朝日新聞出版)発売中! プロフィール、連絡先、などは右メニュー「カテゴリ」からどうぞ!
by okuno0904
> ブログパーツ
> 画像一覧
> 検索