> ライフログ
タグ:スクラップ ( 1 ) タグの人気記事
2018年版 新聞・雑誌の付き合い方
b0177514_09112122.jpg
2017年、元日に立てた目標は「ネットをやめること」だった。
特定のだれかの書き込みの話じゃなくて
いわゆる“ネット社会”というのは「心底くだらん」と思ったのである。
誰が炎上したとか、どの書き込みがバズったとか。
そんなことにかかずらっているには人生はあまりに短い。

というわけで、メール・地図・乗換案内など、
生活に必要なサイトを除いて、
ネットニュースやSNSなどは一切見ないという
「縛りプレイ」をやってみた。

……が、3日と持たなかった。
あらゆる情報が「ヒモ付け」されているから、
乗り換えを調べるあいだにも、
勝手にくだらんニュースが入ってくるのである。
「このニュースを3行で言うと……」
「AYA、娘の誕生日に手作りケーキ」
「松ちゃんが○○な風潮に苦言!」
みたいなヤツがさぁ!

というわけで、早々に白旗を挙げて、
2017年もネットどっぷりで過ごした。
ニュースやネットタコ踊りに
大量の時間をドブに捨てたものの、
うまくいったこともある。
新聞・雑誌との付き合いだ。

新聞がアレなのはまあ仕方ないとして
雑誌の方はここ数年、
「頭の刺激になるようなちょうどいいのがない」
という悩みがあった。
「ナショナルジオグラフィック」は鉄板として、
あと2、3誌、定期購読して、たまに、
「おや、この記事はおもしろい」となるような
ちょうどいい雑誌はないか、と。

「ニューズウィーク」は過去に定期購読していたけれど
読むのが追い付かないのでやめた。週刊はきつい。
総合週刊誌は下半身と株の話ばかり。
月刊総合誌はもはや終活専門誌となっている。

一体おれはどうすりゃいい?
そもそも雑誌自体が青息吐息だ。
残っているのはもう出版社のPR誌くらいか、
あれも連載小説ばっかりでイマイチなんだよなぁ……。

そんなふうに、考えているうちに思いついた。
いや、出版社によっては「非文芸」なPR誌もあるぞ、と。
とくに総合出版社は、文芸系とノンフィクション系とが
それぞれPR誌を出していたりする。

というわけで、ネットで目次とにらめっこし、
以下4誌の定期購読を申し込んだ。

・本(講談社)
・ちくま(筑摩書房)
・みすず(みすず書房)
・1冊の本(朝日新聞出版)

1冊あたり100円程度なので、
ダメならすぐ購読を打ち切ればいいと思っていた。
ところが、4誌ともイケた。
ひとつの号に2、3個は刺激を受ける読み物があった。
(「みすず」はややハイブローすぎるが……)

一方、新聞は書評を読みたいので日曜に買うことにしている。
ハッキリ言って毎日新聞が頭ひとつ抜けている。
気分次第で読売や朝日を買うこともある。

つまり、我が家は新聞数誌が週1回、
月刊誌が数誌入ってくることになる。
これらの「読みこなし」にはちょっとコツがいる。
週末にまとめて読むには量が多すぎる。
毎日コツコツ、氷河を溶かしていくような読み方をしないと、
あっという間に対処できなくなってしまうからだ。

そうならないよう、長年の習慣の末に編み出したのが次の方法である。

============
①新聞と雑誌は、全部クリアファイルに突っ込む(目立つものがいい)
②読むときは一番前にあるのをひとつ取り出し、気になるページを読む
③読んだページは破り捨てる(あるいはノートにスクラップする)
④その「残り」はファイルの一番後ろに回す
※一番前にあるものが読みたくなければ、読まずにそのまま一番後ろに回すのもOK
============

このファイルは持ち歩いて、毎日いじるのが理想である。
自分の場合は、
「毎日スクラップする記事がひとつ見つかるまでやる」
と決めていて、だいたいはクリアできている。

言ってしまえば、読もうが読むまいが、
毎日、糠床をかき回すように(やったことないけど)
手を入れつづけるのがコツだ。

毎年、元旦には新聞を全紙買っているので、
いまファイルはパンパンだ。
今日もスクラップ素材が見つかるまで読まねばならない。
一見めんどくさそうだけど、
勘がよければ10分くらいで見つかる。

……爺の繰り言のような話だ、と思いつつ
今週の更新とさせてもらいます。

[PR]
by okuno0904 | 2018-01-12 09:15 | その他 | Comments(0)
   

著作家・ライター奥野宣之の公式ブログ。新刊『諭吉に訊け!』(光文社)『図書館「超」活用術』(朝日新聞出版)発売中! プロフィール、連絡先、などは右メニュー「カテゴリ」からどうぞ!
by okuno0904
> ブログパーツ
> 画像一覧
> 検索