> ライフログ
カテゴリ:その他( 12 )
新企画! 「フリーランス飯」
b0177514_14522029.jpg
※画像を調理中のメシに変更しました。
「煮パスタ」とはこういう感じです

「フリーランス飯」という企画を考えている。

フリーランスでどうやってメシを食っていくのか?
会社員時代を上回る収入が入ってくる「仕組み」とは?
年金や社会保障のために今から準備できることって?

……という内容ではなく、
家で仕事をしているフリーランスの食事をどうするか?
ということを語るコンテンツである。

家で仕事をしていて、ランチの時間になる。
さて、何を食うか?
若いうちはカップ麺でもいいだろう。
だが年を重ねると「コンディション」というものに、
敏感になってくる。

きょうは頭がよく回る、仕事が捗る。
そういうケースは、必ず「睡眠・食事・トイレ・運動」の4つが
うまくいったときだとわかってくるのである。

睡眠を十分にとるには、さっさと寝るしかない。
運動は、走るのがダメなら歩けばいいし
ほかにも家でストレッチをするとか、
いろいろやりようがある。

これらに比べるとメシはちょっと難しい。
「おいしくて体にいいもののを食べる」
というのが模範解答だろう。
しかし、毎日たった一人の食事をつくるのに手間はかけられない。
「簡単・短時間にできて、後片付けもラク」
という条件が加わる。

フリーランスの目から見ると、
巷の自炊本は「凝りすぎ」の感がある。
とくに「男の料理」みたいな本では、
「スパイスから作る手羽元カレー」とかいうのが載っていたりする。
こういう料理は手間がかかる上に野菜はほとんど採れない。
「フリーランス飯」とは対極にあるものである。

ネットでよく見る「ズボラ飯」は、かなり近い。
ただ、あれはややジャンク寄りすぎる。
それにソーセージとかコンビーフとか使って
手っ取り早くおいしくするから、意外と高コストだ。

ではどうすればいいのか。
たとえば3度の飯を

・箸が立つくらい野菜の入った味噌汁
・納豆や生卵
・ごはん

とすればパーフェクトだろう。
だが、糖・塩・脂で飼いならされた現代人が、
こんな食生活には耐えられまい(僕も無理です)。
ちゃんと出汁をとっておいしい味噌汁を作れば、
満足できるかもしれないけど……ねぇ?

そこで、「フリーランス飯」の出番となる。
クリアすべき条件は以下4点だ。

――――――――――――――――――――
1:安くておいしい……化学調味料があふれる現代で、これはさほど難しいことではない。ただ「飽きない」というのはハードルが高い
2:野菜がたっぷり……出張などで外食が続くと一気に野菜不足になるので、日ごろから野菜はたくさん採っておく必要がある。栄養バランスという視点では炭水化物やタンパク質、脂質も大事だが、これらはどうとでもなる。気にしなくていい。
3:冷蔵庫にあるもので作れる……凝った食材を必要としないこと。ネギ、ニンジン・玉ねぎなど、ありふれた野菜。そして肉は「豚コマ」のみ使用。ほかにも豆腐、牛乳、パスタなど、どこの家にもあるもので作る。
4:簡単で後片付けもラク……まな板で肉を切ったり(あとで脂を落とすのが面倒)、みじん切りにしたりする行程はない。料理はワンプレート。食べ終わったら鍋と皿を洗えばいいだけ。
――――――――――――――――――――

先日、「日本人は家事をしすぎ」という記事を見た。
日本では朝から魚を焼いて旅館の朝食のようなメニューを作っている家がある
(今やものすごく少数だと思うが……)。
一方、フランスではクロワッサンにチーズをつまんで、カフェオレを飲むだけ。
朝から火なんか使ってるから時間なくなるんだよ、まったく日本人はさぁー、
という内容だった。
フランスの食事が理想かどうかはさておき、
朝飯は冷蔵庫から出すだけの簡素なものでいい、というのは同意する。

わが「フリーランス飯」の朝食は、
卵かけごはん・ネギを入れた納豆、牛乳だけ。
手間はネギを刻むことぐらいだ。
長ネギの青いところがあればたくさん入れる。
この毎日のメニューを会社員の知人に話すと「えーっ」と言われた。
そんな貧相なメニューだろうか?
午前中の空腹をしのぐにはこれで充分だと思うけど。

一方、ランチは毎日メニューを変える。
よく作るのが「煮パスタ」。
先の4条件を満たす代表的な料理である。
やや趣味的に語られがちな「ワンポットパスタ」を
ひたすら実用的にアレンジしている。
作り方は以下。

――――――――――――――――――――
●野菜たっぷり「煮パスタ」(1人前/調理時間10分)
①小鍋(ミルクパン)に水200ccを入れて火にかける
②パスタ100-150gを折って入れる(涌く前からOK)
③野菜や肉を火の通りにくいものから入れていく(同)
④かき混ぜつつ水分がなくならないよう、適宜、水を足す
⑤だしの素や調味料で適当に味をつける
⑥火にかけた段階から数えてパスタのゆで時間+2、3分程度で完成
――――――――――――――――――――

この料理のたくさんの利点のなかで、
特筆すべきは「アイドルタイム」がないことだ。
湯が沸くまで、パスタが茹で上がるまで、
といった待ち時間が一切ない。
鍋を火にかけた時点でパスタも野菜も投入できる。
さらに調味料を入れたり、まな板を洗ったりしていれば
すぐにパスタが煮える。

後片づけもラクだ。糊化した汚れが固まらないよう、
皿に移したらすぐ鍋の内側をボロギレで拭いておく。
煮汁ゼロなので排水溝も汚れない。

融通も利く。味は最後の段階で決めればいい。
代表的な味付けはこんな感じだ。

・ケチャップ+コンソメ→ナポリタン
・コンソメ+牛乳(豆乳)→スープパスタ
・カレールー+ケチャップ→インデアンスパゲティ

あっさり味がいいときは、めんつゆや塩昆布、お茶漬けのもとで
和風パスタにするといい。
「和風だし+牛乳+味噌」なんかもいいかもしれない。
前日の晩に作ったアサリの酒蒸しの残り汁を
使ったらときは飛び上がるほど美味かった。

ありふれた材料でパッと作れて、後片付けも簡単。
野菜たっぷりで体にいい、と。
これぞフリーランス飯! お試しあれ。

[PR]
by okuno0904 | 2018-02-09 16:21 | その他 | Comments(0)
ちょうどいい逃避
b0177514_17542684.jpg
ライターの仕事において、
「どうしても書けないときやっていいこと」
というのを持っておくのは
意外と大事だと思っている。

ノートにいろいろ書くのでも、
書類の整理でもペーパークラフトでもいい。
重要なポイントは、
「一応は書こうとしている」
と自分を納得させられるか、だ。

だから、映画を見に行ったり
呑みに行ったりするのはアウト。
ノートパソコンを持って(ここ大事)
公園を歩き回ったりするのは
ギリギリ「あり」だろう。

でも、基本的には家から出ない方がいい。
仕事部屋からも出ない方がいい
テレビやゲームは完全な逃避だからダメ。
本やマンガはそれに比べればマシだが、
逃避のウェイトが高すぎる気がする。

できればデスクに座ったままがいい。
で、「ほんの少し問題をうっちゃる」
仕切りなおしてちょこっと英気を養う。
そんな程度の行為がベストだ。

動画なんかを観たりするより、
能動的に手を動かす作業がいい。
デスクをピカピカに拭いたりするのは、
気紛らしと実益を兼ねていて最高だ。

わが家の仕事部屋には折り畳み自転車がある。
難しい仕事をしているおかげで
チェーンは常にピカピカだ

ただ掃除はシリアス過ぎるというか、
いかにも「苦悩してる」
という感じがするのがよくない。
「書けない」という自己暗示にかかってしまいそうだ。

そこで昨年からやっているのがこれ。
ごぞんじ「スクラップ川柳」だ。
そのために日ごろからケースに「素材」を集めている。

壁に頭を打ち付けたくなるほど行き詰ったときは、
すみやかにパソコンを片付け、
スクラップ川柳にいそしむ。

……できた。なかなかおもしろいぞ。
はっはは、……あれ、何やってるんだ俺。
ああああー、もう一度原稿と格闘するか。

こんな調子で、いい気分転換になる。
同業者には是非おすすめしたい。

[PR]
by okuno0904 | 2018-01-26 18:04 | その他 | Comments(0)
2018年版 新聞・雑誌の付き合い方
b0177514_09112122.jpg
2017年、元日に立てた目標は「ネットをやめること」だった。
特定のだれかの書き込みの話じゃなくて
いわゆる“ネット社会”というのは「心底くだらん」と思ったのである。
誰が炎上したとか、どの書き込みがバズったとか。
そんなことにかかずらっているには人生はあまりに短い。

というわけで、メール・地図・乗換案内など、
生活に必要なサイトを除いて、
ネットニュースやSNSなどは一切見ないという
「縛りプレイ」をやってみた。

……が、3日と持たなかった。
あらゆる情報が「ヒモ付け」されているから、
乗り換えを調べるあいだにも、
勝手にくだらんニュースが入ってくるのである。
「このニュースを3行で言うと……」
「AYA、娘の誕生日に手作りケーキ」
「松ちゃんが○○な風潮に苦言!」
みたいなヤツがさぁ!

というわけで、早々に白旗を挙げて、
2017年もネットどっぷりで過ごした。
ニュースやネットタコ踊りに
大量の時間をドブに捨てたものの、
うまくいったこともある。
新聞・雑誌との付き合いだ。

新聞がアレなのはまあ仕方ないとして
雑誌の方はここ数年、
「頭の刺激になるようなちょうどいいのがない」
という悩みがあった。
「ナショナルジオグラフィック」は鉄板として、
あと2、3誌、定期購読して、たまに、
「おや、この記事はおもしろい」となるような
ちょうどいい雑誌はないか、と。

「ニューズウィーク」は過去に定期購読していたけれど
読むのが追い付かないのでやめた。週刊はきつい。
総合週刊誌は下半身と株の話ばかり。
月刊総合誌はもはや終活専門誌となっている。

一体おれはどうすりゃいい?
そもそも雑誌自体が青息吐息だ。
残っているのはもう出版社のPR誌くらいか、
あれも連載小説ばっかりでイマイチなんだよなぁ……。

そんなふうに、考えているうちに思いついた。
いや、出版社によっては「非文芸」なPR誌もあるぞ、と。
とくに総合出版社は、文芸系とノンフィクション系とが
それぞれPR誌を出していたりする。

というわけで、ネットで目次とにらめっこし、
以下4誌の定期購読を申し込んだ。

・本(講談社)
・ちくま(筑摩書房)
・みすず(みすず書房)
・1冊の本(朝日新聞出版)

1冊あたり100円程度なので、
ダメならすぐ購読を打ち切ればいいと思っていた。
ところが、4誌ともイケた。
ひとつの号に2、3個は刺激を受ける読み物があった。
(「みすず」はややハイブローすぎるが……)

一方、新聞は書評を読みたいので日曜に買うことにしている。
ハッキリ言って毎日新聞が頭ひとつ抜けている。
気分次第で読売や朝日を買うこともある。

つまり、我が家は新聞数誌が週1回、
月刊誌が数誌入ってくることになる。
これらの「読みこなし」にはちょっとコツがいる。
週末にまとめて読むには量が多すぎる。
毎日コツコツ、氷河を溶かしていくような読み方をしないと、
あっという間に対処できなくなってしまうからだ。

そうならないよう、長年の習慣の末に編み出したのが次の方法である。

============
①新聞と雑誌は、全部クリアファイルに突っ込む(目立つものがいい)
②読むときは一番前にあるのをひとつ取り出し、気になるページを読む
③読んだページは破り捨てる(あるいはノートにスクラップする)
④その「残り」はファイルの一番後ろに回す
※一番前にあるものが読みたくなければ、読まずにそのまま一番後ろに回すのもOK
============

このファイルは持ち歩いて、毎日いじるのが理想である。
自分の場合は、
「毎日スクラップする記事がひとつ見つかるまでやる」
と決めていて、だいたいはクリアできている。

言ってしまえば、読もうが読むまいが、
毎日、糠床をかき回すように(やったことないけど)
手を入れつづけるのがコツだ。

毎年、元旦には新聞を全紙買っているので、
いまファイルはパンパンだ。
今日もスクラップ素材が見つかるまで読まねばならない。
一見めんどくさそうだけど、
勘がよければ10分くらいで見つかる。

……爺の繰り言のような話だ、と思いつつ
今週の更新とさせてもらいます。

[PR]
by okuno0904 | 2018-01-12 09:15 | その他 | Comments(0)
ノート本『情報は1冊』『読書は1冊』の台湾版が出ました
b0177514_09015879.jpg
『完全版・情報は1冊ノートにまとめなさい』
『完全版・読書は1冊ノートにまとめなさい』
の2冊の台湾版が出そろいました。

じつは『情報は1冊』のほうは9月くらいに、
見本が届いていたのですが、
アップするのを忘れていました。
きのう『読書は1冊』の見本が届いたので、
晴れて2冊同時にアップ! というわけです。
広く読まれることを願っています。
台湾には行ったことないんですけど、
行ってみたいなあ。

 ☆

11月は、読書週間のせいか図書館講演の依頼が多く、
出張に次ぐ出張でした。
あいだに母校・同志社大学の図書館でも講師をする機会もいただき、
なかなか感慨深いものがありました。
月末になってやっと一息つけた感じです。

それにしても1冊本を書くと、
予想もしなかった仕事が来たりして、
出す前にはまったく考えもしなかった生活になったりするのが
この仕事のおもしろいところです。
来年もきっと想像もつかないことをしているでしょう。

そんなわけで、これからまた自分の興味に従って
じっくり書籍の企画を考えていこう、と思っています。


[PR]
by okuno0904 | 2016-11-30 09:16 | その他 | Comments(0)
大阪市長選
b0177514_1183351.jpg

上本町から天王寺まで歩いてみました。
あちこちで選挙の掲示板をみましたが、どこもポスター1枚だけ。
ほかにもいたはずですが、アレって候補者が自力で貼るんですかね?
とにかく、ぽつねんと1枚だけ。どこも。

大阪の人以外にもみてほしいのでアップしておきます。
民主主義ってなんだろう……
地方自治ってなんだろう……
という気持ちになる今回の選挙です。
そもそも選挙って、ただの多数決なんですよね……
正しさとは何の関係もないわけで。

大阪市ほどの大自治体の首長選挙が、
こんなていたらくでいいのか。
大阪のイメージは悪化するでしょう。
逆シティプロモーションです。
今回の市長選は大阪という土地の迷走と地方自治の混乱を
象徴していているように見えます。

僕は大阪市民じゃないので、
投票権ありません。
対岸の火事のような気分です。
[PR]
by okuno0904 | 2014-03-12 11:24 | その他 | Comments(0)
あたたかくなりましたね
 今回はあまりに気分が乗らないので素でどうでもいいことを書きます。ずっとライター業をしていると、毒にも薬にもならぬことを書くのは体が拒否してしまいますね。だれもそんなことは気にしていないのに俺が許さない、というわけで、わけのわからないルールに縛られるマゾヒスティックな人生を送っています。

●子供が生まれました
 2/27に次女が生まれて、きょう出生届を出してきました。これでうちは、女だらけの世界になることが確定です。女の子の場合、男の子のようにいつ金属バットで殴りかかってくるかという不安はないものの、将来的に母親サイドに付くことはほぼ明白です。長女2歳、次女0歳というともに妖精さん状態のうちに、しっかり父親の立場を作り、将来に備えておこうと思います。長女はいつの間にか赤ちゃんではなく幼児になって、もうしゃべり出しそうなので、また赤ん坊が来るというのはうれしい。まあ、そのうち家でお茶も飲めなくなるのはわかっているんですけれど。とにかく子供はいいものです。

●蔵書には意味がある
 年末からずっと本を書いていました。出版社からOKが出たらまた改めて告知しますが、5月ごろの刊行になりそうです。この本を書くために、いろんな本を読み返して思ったのは、個人の蔵書にはテーマがあるということです。無意識に集まる本にも意味があり、繰り返し読むことでさらに「なぜこの本が大事なのか」という意味を見つけていく。自分が生涯かけて追いかけるような問題意識が蔵書に埋まっている、と。そのことが、電子書籍やインターネットという無臭の情報がはびこることによって、かえって浮き彫りになったのではないでしょうか。

●書く環境は大事
上記の本を書くとき、心がけていたのは「どう自分をのせるか」です。文章が初めから終わりまで、1から10までおもしろい、なんてことはありえないと頭ではわかっているのに、書いていると「ああ、つまんねえ」と思って筆が止まることがよくあります。それを克服するべく、フォントを明朝体に変えたり、テキストエディタの設定をいじったりと、いろいろ試行錯誤していました。思えば、ワープロ専用機って「文豪」とか、ある種のイメージを売ってましたよね。ああいうのって書くモチベーションを高める上で大事だったんだなあ、と。これからは殺風景な仕事部屋もなんとかしたいと考えています。

●スマホとガラケー
スマホ欲しい、でもガラケーも便利で捨てがたい、というわけで、イオンSIMという月1000円以下のデータ通信専用回線でスマホを契約してみました。ガラケーとの2台持ちです。その結果、
・ガラケー……電話、SMS、ワンセグ
・スマホ……ネット、Eメール、カメラなど
と使い分けするとスッキリ、と発見。ケータイはプッシュ式、スマホはプル式の情報端末と考える。電話がかかってこないスマホは機内モードにしておけばバッテリーも持つ。ニュースはワンセグのデータ放送で見れば情報量としてもちょうどいい。パッと見、面倒臭そうですがスマホのタッチパネル、ケータイの小さな画面の双方に感じるイライラもなく、いい方法です。電話と情報端末は分けるべきだと思いました。だって、メール見ながら電話するでしょ?
[PR]
by okuno0904 | 2012-03-03 00:22 | その他 | Comments(0)
あけましておめでとうございます
というわけで改めまして、
あけましておめでとうございます。
新年早々、告知ばかりで失礼しました。

今年は、いろいろ思うところあり、
目標らしい目標は立てなかったのですが
自分にもっと負荷をかけて、
できないと思っていることでもやってみよう
瞬間瞬間にベストを尽くしていこう、
と思っています。

まとまった時間を確保して、
準備してからやろうというのではなく、
5分あれば1行でも原稿を書く。
アイデアがあればとにかく人に話す。
アレコレ考える前に出かける。
こんなふうにテンション高く、
常に自分をフル回転させていこうと。

昨年は子育てなどもあって、
知らず知らずのうちに
保守的になっていたような気がします。

今年は、もっと情動的に、
もっとやんちゃになって、
空気を読まず、無謀に
新しいことにチャレンジしていきます。

今年もよろしくお願いします。
[PR]
by okuno0904 | 2012-01-01 23:33 | その他 | Comments(0)
動画を貼ってみるテスト
このブログに動画を貼るとどう見えるのかちょっとテストしてみます。

近々いろいろアップするので。それにしても、うわ、ずれてますねー。
[PR]
by okuno0904 | 2010-11-04 15:05 | その他 | Comments(0)
テスト
未来の日時で書き込んだエントリはつねにトップに来るのかテスト
[PR]
by okuno0904 | 2010-06-17 16:02 | その他 | Comments(0)
さつまいも
b0177514_9151865.jpg

うちの実家で獲れた巨大さつまいもです。
実家から写真を添付したメールが来て
「ニュースになるんじゃないか」とコメントあり。
「なんのニュースだ?」と思いつつメールすると、
直径30センチで、5キロあるといいます。
まるで砲弾……。
たしかに、すごいかもしれない。
※新聞記者の方の連絡をお待ちしております。
[PR]
by okuno0904 | 2009-10-13 09:21 | その他 | Comments(0)
   

著作家・ライター奥野宣之の公式ブログ。新刊『諭吉に訊け!』(光文社)『図書館「超」活用術』(朝日新聞出版)発売中! プロフィール、連絡先、などは右メニュー「カテゴリ」からどうぞ!
by okuno0904
> ブログパーツ
> 画像一覧
> 検索