> ライフログ
> ちょうどいい逃避
b0177514_17542684.jpg
ライターの仕事において、
「どうしても書けないときやっていいこと」
というのを持っておくのは
意外と大事だと思っている。

ノートにいろいろ書くのでも、
書類の整理でもペーパークラフトでもいい。
重要なポイントは、
「一応は書こうとしている」
と自分を納得させられるか、だ。

だから、映画を見に行ったり
呑みに行ったりするのはアウト。
ノートパソコンを持って(ここ大事)
公園を歩き回ったりするのは
ギリギリ「あり」だろう。

でも、基本的には家から出ない方がいい。
仕事部屋からも出ない方がいい
テレビやゲームは完全な逃避だからダメ。
本やマンガはそれに比べればマシだが、
逃避のウェイトが高すぎる気がする。

できればデスクに座ったままがいい。
で、「ほんの少し問題をうっちゃる」
仕切りなおしてちょこっと英気を養う。
そんな程度の行為がベストだ。

動画なんかを観たりするより、
能動的に手を動かす作業がいい。
デスクをピカピカに拭いたりするのは、
気紛らしと実益を兼ねていて最高だ。

わが家の仕事部屋には折り畳み自転車がある。
難しい仕事をしているおかげで
チェーンは常にピカピカだ

ただ掃除はシリアス過ぎるというか、
いかにも「苦悩してる」
という感じがするのがよくない。
「書けない」という自己暗示にかかってしまいそうだ。

そこで昨年からやっているのがこれ。
ごぞんじ「スクラップ川柳」だ。
そのために日ごろからケースに「素材」を集めている。

壁に頭を打ち付けたくなるほど行き詰ったときは、
すみやかにパソコンを片付け、
スクラップ川柳にいそしむ。

……できた。なかなかおもしろいぞ。
はっはは、……あれ、何やってるんだ俺。
ああああー、もう一度原稿と格闘するか。

こんな調子で、いい気分転換になる。
同業者には是非おすすめしたい。

[PR]
by okuno0904 | 2018-01-26 18:04 | その他 | Comments(0)

著作家・ライター奥野宣之の公式ブログ。新刊『諭吉に訊け!』(光文社)『図書館「超」活用術』(朝日新聞出版)発売中! プロフィール、連絡先、などは右メニュー「カテゴリ」からどうぞ!
by okuno0904
> ブログパーツ
> 画像一覧
> 検索