人気ブログランキング |
> ライフログ
> 名古屋でノート術の講演してきました
b0177514_12232011.jpg

名古屋で講演しました。
タイトルは「デジタル・アナログのノート術」。
美崎栄一郎さん主催の勉強会のゲスト話者です。
皆さん、素直に肯いてくれるので、
とても話しやすかった。名古屋に限らず、
もっともっと地方に行って交流したいなあ、と思いました。
秘蔵のノート術スライド写真ショーも好評。
ほっとしました。

名古屋の人は大阪、東京ともちがって」
独特のおっとりした感じがあって、面白いですね。
大阪なんか道聞いたら「あっちや」で終わりなのに、
名古屋なら「はい、○○なら、まずあの筋を……それから……」。
全然気質が違う。住むにはよさそうです。

参考までに講演レジメを貼っておきます。
――――――――――――――――――――――――――――
110515 講演:デジタル&アナログのノート術
    作家・ライター:奥野宣之/@ウインクあいち
□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□
■100円ノート術の基本
□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□
●一元化:ノートを「大きな箱」として使う
・「どこに書くか」「どこに書いたか」問題が解決
・「使い切り」の頻度が上がりモチベーションUP
・365日持ち歩くことで、手を動かす癖がつく

●時系列:ノートを「長い巻物」として使う
・時系列は「単線一方通行」なので絶対に狂わない
・情報に「○冊目の○ページ目」という固有の住所が
・「ノートの束=自分の歴史」になる

●索引化:デジタル化するのは「メタ情報」でいい
・「情報そのもの」より「情報の住所」
・ノート=百科事典、索引データ=索引巻
・元情報はデジタル化しないので流出しない

□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□
■ライフログノートへの発展
□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□
●ステップ1:書き込んで記録する
・なんでも気軽にメモし「書き癖」をつける
・書く頻度を上げておけば「思いつき」も逃さない
・「睡眠時間」の記録で体調パターンを知る
・「食べたもの」を記録し意識に上らせる
・仕事内容を記録して充実感を
・だんだん「やりたい行動>やめたい行動」に
・読書、映画、体験の記録は「ねぎま式」が便利

●ステップ2:貼って記録する
・最小労力で体験を残せる
・「すべてを物語るもの」を探す→観察力UP
・手を動かすことで考えるようになる
・文字ばかりより、読み返したときに楽しい
・表紙にも貼ってカスタマイズ→自分の分身に

●ステップ3:読み返す
・アクセスはできるだけよく
・読むときはマーキングしながら
・メディアから離れて自分に戻る時間を持つ
・テンションやモチベーションのコントロール用に
・体験を反芻することで発見がある
・定期的に自分の「棚卸し」をする
・好きなこと、大切にしていることがわかる
・自分だけの価値観を作り上げることが大切

□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□
■デジタル&アナログ連係
□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□
●デジタルの利点(欠点)
・軽量、省スペース(情報の存在自体を忘れる)
・複製が容易(情報流出)
・長文を書いても疲れない(書きすぎる)
・編集が容易(元がわからなくなる)
・クラウド化できる(情報流出)
・端末が進化する(バージョンアップで読み込み不能に)
・携帯に便利(情報流出)
・廃棄が簡単(データ消失)
・配布しやすい(情報流出)
・人と共有できる(情報流出)

●アナログの利点(欠点)
・安価で手軽、非常事態に強い(退屈?)
・その場の空気、感覚が生々しく残せる(匿名性が低い)
・モノとして主張する(かさばる、重い)
・秘匿性(複製、配布が面倒)
・固有性(紛失したらそれまで)
・手書きすると覚える、鍛錬になる(疲れる)
・長期保存できる(都合が悪いものも残る)
・読み返しやすい(盗み見される?)
・水に強く、堅牢(廃棄が困難)
・情報を感覚的に扱える(作業スペースが要る)
・創意工夫の余地が大きい(面倒臭い)
・自分に向き合える(共有できない)

●アナログ→デジタル変換
・ノートの索引データを作る
・スキャンでHDD保存、クラウド化
・メモ代わりのデジカメ写真
・バックアップ用のスキャン

●デジタル→アナログ変換
・文書プリントを貼る
・写真プリントを貼る
・ノート貼付用レイアウトを作っておく
・ラベルシールの活用
・ポラロイドデジカメの活用

□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□
■まとめ:デジタル時代のノート術はどうなる?
□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□
・デジアナ変換せずそのまま処理できればベスト
・用途に応じてデジアナ変換する場合、カギは「手軽さ」
・プリンタ複合機は〝媒体変換器〟と考えて活用
・双方の「いいとこ取り」をするために、両方やる
・ただし、ライフログノートのような「軸足」は決めておく
――――――――――――――――――――――――――――

7月、また名古屋の勉強会に参加することが決まりました。
詳細は決まり次第、ここに挙げます。

b0177514_12214252.jpg

名古屋城は空襲で焼かれた本丸御殿の復旧工事中。
さすが名古屋人。活気あります。
by okuno0904 | 2011-05-17 12:35 | 活動報告(事後) | Comments(0)

著作家・ライター奥野宣之の公式ブログ。新刊『諭吉に訊け!』(光文社)『図書館「超」活用術』(朝日新聞出版)発売中! プロフィール、連絡先、などは右メニュー「カテゴリ」からどうぞ!
by okuno0904
> ブログパーツ
> 画像一覧
> 検索