人気ブログランキング |
> ライフログ
> 『人生は1冊~』は「カメラ・写真ネタ」が多い
11/27(土)発売の『人生は1冊のノートにまとめなさい』。まだ予約段階ですが、アマゾンのベストセラーランキングでも上がって来ました。読者の期待も大きいようで嬉しいかぎりです。

今回のテーマは「ライフログ」。1作目『情報は1冊のノートにまとめなさい』のテーマ「情報整理」、2作目『読書は~』の「読書体験の血肉化」より、もっと身近でありふれた日常の中の体験を記録して、積み上げていこうということですが、

そんな今回の本によく出てくる話題が「写真」です。

というのも、僕は昔から写真を撮るのが好きで、しかも執筆したのは、sigmaのデジカメ「DP2s」(これを僕のカメラの師匠は「軽自動車にスポーツカーのエンジンを積んだようなもの」と表現した)を買ったころだからです。

b0177514_22535220.jpg
←これのせいで、かつてないほどカメラ熱・撮影欲が高まっていたので(ホントに奥が深いカメラで、頭を使って撮る感じがカメラ任せになれた身には新鮮です)、撮った写真をどうライフログに使っていくかを、かなり入念に説明しています。



さて、そんな写真をライフログノートに使うと何がいいのかというと、次のようなことだと思うんです。

・表紙に写真を貼ってノートの「アイコン」にできる
・ノートの中を雑誌のようにビジュアル化できる
・写真があれば、読まなくても何の記録か瞬時ににわかる
・自動的に写真を眺める機会ができる

たとえば、これはこの間、自然観察に行ったときの写真です。
b0177514_2312786.jpg

4コマでその日の経路・行程を表してみました。僕は写真用プリンターを持っていないので、コンビニで割り付けプリントしたものを貼っています。

こういう「流れ」がわかる写真があると、その日歩いたコースの記憶や季節感なんかが、そのまま簡単に残せるわけですね。

あとは簡単にコメントをつけておけば、印象的な行楽の体験記になります。

デジカメ写真は「撮りっぱなし」になりがちで、どんなときに観るかはかなり悩ましい問題ですが、このように、

「厳選した上で1枚にプリントして貼る」

というのは、なかなかいい解決法だと思っています。

ライフログと写真の関係については、またぼちぼち書いていきます。

追伸:smilesigmalさん睦五郎さん、ブログへの掲載ありがとうございました!
by okuno0904 | 2010-11-12 23:33 | オモロイ本を読んだ! | Comments(0)

著作家・ライター奥野宣之の公式ブログ。新刊『諭吉に訊け!』(光文社)『図書館「超」活用術』(朝日新聞出版)発売中! プロフィール、連絡先、などは右メニュー「カテゴリ」からどうぞ!
by okuno0904
> ブログパーツ
> 画像一覧
> 検索