> ライフログ
> 刊行記念セミナーは盛会に!
6/5(土)、大阪で『知的生産ワークアウト』
刊行記念セミナーを開きました。

写真は……忘れた! 
参加者の方で、写真を撮った方がいらっしゃったらぜひ送ってください(泣)

さて、内容は、

・不況の影響もあって、知的生産力が必要な時代にいよいよなってきた
・普通の知的生産と価値のある知的生産の違い、そして新刊の紹介
・知的生産ワークアウト実践編やってみよう!
・なんでも質問大会

ということで、非常に和気藹々、
聞くだけじゃなくてても頭も動かすセミナーとなりました。
私も学ぶところがたくさんある会でした。

参加者のレポートは以下のリンクから。

------------------------------------------
第二部ワークアウト実践編!
ToDo24の春秋の解剖をやりました。
いや~、文章の意味を理解するだけで精いっぱいでした。
そんな行間まで読めません(^_^;)最後は納得で感動すら覚えましたが(笑)
書き写しを続けていくと理解できるようになるのでしょうか?

------------------------------------------

1週間くらいやればかなり目はできてくると思います。
1年続けても発見は尽きないでしょう。おすすめのワークです。
書き手の工夫に気がつくためには
10回読むより書き写す方が早いと思います。
手書きがダメならキーボード入力でもやらないよりマシです。

------------------------------------------
参加者と
「引用はどこまでだろう?」
「今のニュースに触れているのはどこまでか?」
というのを、話し合いました。

------------------------------------------

参加型のセミナーにしたかったので試してみました。
レジメに「要素1」「要素2」「要素3」という言葉を
入れておいたのに説明するのを忘れてましたね。
小説などを除く、説明の文章は、多くが主観と客観の
サンドイッチ方式で書かれています。
あの場合は「要素1」「要素2」が客観。
「要素3」がコラム子の主観。
これを踏まえると、文章の読解とライティングの技術はレベルアップすると
(実はこのエントリもそう。引用とコメントという主客ねぎま方式)、
説明したかったのですが、時間が足りませんでしたね。
また次回ご説明しましょう。

お越しいただいたみなさん、本当にありがとうございました。
[PR]
by okuno0904 | 2010-06-08 13:05 | 活動報告(事後) | Comments(0)

著作家・ライター奥野宣之の公式ブログ。新刊『諭吉に訊け!』(光文社)『図書館「超」活用術』(朝日新聞出版)発売中! プロフィール、連絡先、などは右メニュー「カテゴリ」からどうぞ!
by okuno0904
> ブログパーツ
> 画像一覧
> 検索