> ライフログ
タグ:フリーソフト ( 1 ) タグの人気記事
『知的生産ワークアウト』は最高傑作か?
『知的生産ワークアウト』、発売から、10日くらい経ちました。この本はたぶん僕の本の中で一番、ページ数が多く、そして写真と図版も多い本です。書く前に目次を作ったあたりから、正直。やり過ぎかな? ここまで細かく盛り込む? と疑問に思った部分もありました。

しかし僕自身、一読者として「アイデアが過積載な感じ」が好きなもので、とにかく読者にお腹一杯になってもらい、ついでに僕も貯まったアイデアを出し尽くしてスッキリしよう、というコンセプトで作りあげました。

著者として、意外だったり、狙い通りだったり、レビューを読むのは勉強になります。amazonレビューでは、光栄にも「豚バラ肉」に例えてもらったりもしました。では、書評リンクからご紹介しましょう。

まずは、一龍さん。
------------------------------------------
間違いありません。
本書は奥野宣之作品の頂点に立つ作品。
そのメソッドは「知的生産力を高める」(良質のアウトプット)に関して、これまでのビジネス書界の流れとは大きく一線をかくすものです。

------------------------------------------

ワークアウトの実践レビュー、ありがとうございます!

ここを読んで「あなたの最高傑作は?」「次回作だよ」という有名なやりとり(映画監督だったっけ?)を思い出しました。リンク先の一龍さんはじめ、意外と多かったのは、「過去の著作の中でいちばんよかった」という声です。うれしいです。でも他の本もいいですよ!

ただ『知的生産ワークアウト』は、企画時点から、サービス精神てんこ盛り、惜しげもなくアイデアを使っていこう、という意図はありました。

この本も一種のアンチテーゼであることが伝わったのもよかったです。

------------------------------------------
そして、導入コストが低いということはだれでもすぐに真似できるということでもあります。
この手の本では定番のかなりお高いPC、レッツノートも、最新の通信モバイル機器もiPhoneも、数十万円する自転車も、そしてモレスキンのノートさえも登場しません。
ここまで徹底されると清々しいですよ。

------------------------------------------

「低コスト」についてもご指摘ありがとうございます。

これはねー、僕も物欲はあるし金を使うことは嫌いじゃないんですけど、ことビジネス書の中では、
「1500円払って本を買ったら、『20万円のパソコンを買え』と書いてあった」
というのは、あんまりだと思うんですよ。

そもそも、読者は、問題を自分の力で解決するために、書籍に当たってるんだから。
書き手としても、ある製品やサービスをそのままの用途で紹介するだけでは、あまりに芸がない。
せめて、「売ってるアレは、実はこういう使い方ができるんです!」ってことくらいは言わないと。

あとは、読んですぐ、その場で試すことができるというのも大事ですね。すでにデスクの引き出しに入ってるようなツールで出来ること。
そういう意味での「低コスト」であって、別に僕がドケチなわけではありません(笑)。

さて次は、市川修さん。
------------------------------------------
そして、実際に自分の年表をパソコンでサクっとつくってみました。平均寿命のラインがエクセルの画面の中に見えているっていうのがリアリティーを感じます。誕生日などの節目に振り返ってみます。
------------------------------------------

お試しいただき、ありがとうございます。

このワークアウトは、あまりにフツーじゃないので、載せるかどうか迷ったんですが、意外と多くの方から面白かったという声がありました。

僕は、実はかなりエクセルが好きで、進捗表やスケジュールや体重などの書き込み式シートなど、思いついたらすぐ作ってしまいます。関数とかはよくわからないんですけどね……。

たった一度作るだけで、一生ものになります。1時間くらいかけて作ってみる価値はありますよ!

さて次は、女の人、ワーキングマザーのじむこさん。
------------------------------------------
こちらの本、読んでいると動きたくなるアイディア満載でした。おすすめフリーソフトのクオリティが高い。元手があまりかからず、すぐ動ける事柄が多いというのが特徴ですね。
そして、子育て・・・家庭にも応用出来るアイディア満載です。
ちなみに本の中で紹介されている、フリーソフトの1つであるO's Editor2
これ無しでは、もう生きていけません。

------------------------------------------

じむこさんには、PC画面のキャプチャを撮るのに便利な「win shot」というソフトを教えていただき、入稿がラクになりました。ありがとうございます。

フリーソフトは、はっきり言って、市販のごちゃごちゃごちゃごちゃごちゃごちゃしたソフトより、100倍くらい便利で使いやすいソフトがいっぱいある。業務改善に資すること間違いなし! です。

ただし「会社からフリーソフトのダウンロードは禁じられている」という声もあるようですね。特に大手企業では。これを逆から見れば……「フリーソフトを使えば、(事務作業の効率性などで)簡単に他社より有利に立てる」ということです。

ご存じの通り、ほとんどのフリーソフトは悪さをしません。そんなウイルスやデータ流出が心配なら授業員とその家族がシェアソフトをつかってないか調べる方が先でしょう。あつものに懲りてなますを吹くような態度は、いかがなものでしょうか。

一龍さん、市川さん、じむこさん、レビューありがとうございました。
by okuno0904 | 2010-06-09 12:36 | リンク | Comments(3)
   

著作家・ライター奥野宣之の公式ブログ。新刊『諭吉に訊け!』(光文社)『図書館「超」活用術』(朝日新聞出版)発売中! プロフィール、連絡先、などは右メニュー「カテゴリ」からどうぞ!
by okuno0904
> ブログパーツ
> 画像一覧
> 検索