> ライフログ
タグ:ノート ( 27 ) タグの人気記事
雑誌「HOUSING」(リクルート)6月号で情報整理について語ってます
b0177514_06014171.jpg
リクルートホールディングスの月刊誌「HOUSING」6月号で
奥野が情報整理について語っています。
特集「家づくりを楽しむ最強アドバイス100」の中
b0177514_06025565.jpg
注文住宅の打ち合わせなど
大量の情報をどうやって処理するか。
例によってノート術などを紹介しています。

家づくりに興味のある人はぜひご覧ください。

by okuno0904 | 2016-04-21 06:08 | メディア掲載情報 | Comments(0)
雑誌「OZplus」のノート特集でコメントしてます
b0177514_14253964.jpg

1/28(木)発売の女性誌「OZplus」の特集
「普通の毎日がちょっと嬉しくなる わたしとノート」
に奥野がコメントしました。
b0177514_14271926.jpg

日々の行動や体験をコツコツ記録していくことで
「実感」ができて、なんとなく楽しくなるという話や
b0177514_14263827.jpg

感じたことを書くことで自分の価値観を
少しずつ作っていく、といった話をしてます。

働く女性が「私のノート」を語るインタビューや
かわいいノートや文具の一覧も載っていて
読んでも眺めても楽しい特集になっています。
ぜひ、書店で手に取ってみてくださいね!
by okuno0904 | 2016-01-28 14:43 | メディア掲載情報 | Comments(0)
雑誌「PHP」で「毎日が楽しくなる『活動ノート術』」
b0177514_914236.jpg

11/10(月)発売の雑誌「PHP」(通巻799号)に、
8ページの特集「毎日が楽しくなる『活動ノート術』」が載っています。
b0177514_914853.jpg

奥野のライフログノートについてのインタビューを元に、
構成してもらいました。

パッとしない感じの生活にメリハリを取り戻す。
ちょっとしたことを楽しみ、喜べるようになる。
そんなノートの使い方や文具などのコツを紹介しています。
ライフログのヒントを濃縮した特集です。
ぜひ、ご覧下さいませ。
by okuno0904 | 2014-11-04 09:41 | Comments(0)
熊本で思ったこと
b0177514_1122860.jpg

熊本で講演してきました。
新大阪から新幹線で3時間。
東京に行くよりちょっと長いくらいです。
ただ都会にむかうよりはるかに心躍るものがありました。
やっぱり自分は地方が好きです。

熊本城からクルマで15分ほどの崇城大学。
1年生と市民向けの講座で、
「情報ノートの技術」を1時間、質疑30分。
ふだんはビジネスマン向け、たまに市民向けに
講演するくらいなので、
学生に話す機会はあまりありません。

しかし、学生っていいですね!
まえにビジネスマン向けに講演したときは、
腕組みしながら目をつむっている人の前で
「メモ・記録をする大切さ」を語る、
というなんとも言えない体験をしたけれど、
学生はメモ取るし、表情なんかの反応もすごくいい。

僕は筋金入りの学校嫌いで、
大学時代も「教師になりたい」という人のことを
サッパリ理解できませんでした。
しかし、こういう喜びのあるのか、と感じ入りました。
考えてみれば、もう何者かになっている大人に話すより、
将来何者になるかわからない学生に話す方が
有意義に感じるのは当たり前だな、と。

さっそく「ノート持ち歩きます」と言ってくれた学生さんもいました。
そうなんです、大事なことは理屈やノウハウではなく、
とにかくやってみることなんです。
僕が書いたり喋ることなんか、
ノートを5年くらい使い倒してみれば、
誰でも自然にわかることです

学生さんに言いたかったのは、
自分を変えてくれたり、成長させてくれる
「おもしろい体験」に期待せず、
日々、身の回りで起きるどうでもいいことを
自分の力で「おもしろがる」ようにしてください、
ということです。

僕の学生時代も、海外を放浪したり、
社会運動に参加したり、
社会人との人脈づくりサークルにはいったりとか、
いろいろやってる学生がいましたが、
ああいうのは邪道です。おすすめしません。
「何もしないよりまし」であるかも怪しい。

理由は、他人や世界といった外部にばかり期待して、
自分の力を使っていないから。
インドに行って感動するのは当たり前です。
こういうことで世界を広げられたとしても、
社会人になって平凡な暮らしになると、
もの足らなくなるでしょう。
外部に感動を求めるのは実は危険なのです。

そうではなく、
日常の中で発見し、考え、感動する。
そのためには、自分の中に
「おもしろがる力」がなくてはなりません。
その力を鍛え、維持する方法こそ
ノートになにか書いてみることだ、というわけです。
学生のうちに、この「おもしろがる力」を
つけておくことが肝心です。

普通に生きてても
そうそうおもしろいことってありません。
「おもしろいこと」なんて期待していたら、
命がいくつあっても足りない。
だからなんでも無理矢理おもしろくするしかないのです。

あんまりうまく言えなかったので
ここに書いておきました。
講演はいつも後悔ばかりですけど
また大学や地方で講演したいな、
と思ってます。

ご来場いただいたみなさまと
講座スタッフの方々に、
深々とお辞儀します。
by okuno0904 | 2014-07-28 11:08 | 活動報告(事後) | Comments(0)
雑誌『Suits(スーツ)』で「“時短”のためのノート術」を語ってます
b0177514_9593079.jpg

働く“堅実女子のためのリアルライフマガジン”
『Suits(スーツ)』(小学館・定価530円)の特集に、
奥野が出ています。
b0177514_9594337.jpg

「“時短”のための情報整理・ノート術」ということで、
取材していただきました。

Suits女子におすすめのテクニック!
ということで、いつもとは違う
仕事中にちょっと心が躍るような技を集めています。

『Suits(スーツ)』は小学館のモノ系雑誌『DIME』の増刊
(妹分って感じです)。
日経ウーマンとは、また違った「働く女性」が切り口で、
「この手があったか!」と唸ってしまいました。
他の紙面も情報の盛りつけ感が絶妙で、
お腹いっぱいにしてくれます。

ぜひ書店でごらん下さい!
by okuno0904 | 2014-06-19 10:13 | メディア掲載情報 | Comments(0)
日経WOMAN別冊『新しい自分が見つかる手帳・ノート術』発売
b0177514_925581.jpg

日経WOMAN別冊ムック
『新しい自分が見つかる手帳・ノート術』が
発売となりました。

奥野は「情報のMYおもちゃ箱を作る 奥野式ノート術」ということで、
情報ノートや旅ノートのつくり方を指南しています。
なんと6ページも。
b0177514_930686.jpg

編集部でも実際にノートを作って
その実例を載せています。
これはおもしろい!
b0177514_9351637.jpg

手帳シーズンは年2回あって、
年末と年度末だそうです。
これから手帳やノートを始める人のための
ヒントになればいいですね!

それから、過去記事の再掲ですが、
最近発売されたこちら(↓)のムックでも、
奥野がライフログの秘訣を語っていますので、
またご覧下さい。
b0177514_9261121.jpg

by okuno0904 | 2014-03-31 09:40 | メディア掲載情報 | Comments(0)
別冊宝島『 成果を出している人がやっている超手帳術2014』に奥野が出ています
b0177514_1714569.jpg

発売中の『成果を出している人がやっている超手帳術2014』
奥野のインタビューが載っています。
見ての通り、「手帳の使い方」のムックです。

「あのー、僕は手帳って使わないんですけど……」
「じゃあ奥野さんはノートの話でOKですよ」
というわけで、
『完全版 情報は1冊にまとめなさい』
『完全版 読書は1冊~』
と踏まえた、最近のノート術の話をしました。
ま、手帳にも応用の利く話にはなってます。

取材で興味深く感じたことは、
手帳の取材をたくさんしてきた編集さんの言葉です。

「使い方の決め事ってありますか?」
「特にはないですね。ただ前から順に使っていくくだけです」
「文房具のこだわりってありますか?」
「ないですね。朝の気分で携帯するペンの種類も色も変えます」

あ、これじゃ記事にならないか……、と思っていると
「なるほど、こだわらないというのがこだわりなんですね。
記入欄をたくさん定めてある手帳とはまったく逆だ」と編集さん。

「ああ、そうなんです! 細かいルールがあったら
面倒だし、そのうち飽きてきて続かないんですよ。
シンプルなのが一番です」

というわけで、うまくまとめていただきました。
いま全国の書店に並んでいます。
たくさんの人の手帳術が一気に読める
お得な本なので、ぜひお手にとってごらん下さい!
b0177514_174337.jpg

by okuno0904 | 2013-12-15 17:43 | メディア掲載情報 | Comments(0)
ノートに「TODOリスト」が作れるマスキングテープ
b0177514_11485918.jpg

マスキングテープといえば「貼る」のが、主な用途ですが、
今回は「TODOリスト」を作るためのマステを手に入れました。
ノートに貼ると簡単にTODOリストが作れます。

ちょっと地味な柄の白いマステ。
b0177514_1146465.jpg

ノートに縦に貼ると……
おおー、まるで直接印刷してるみたい。
b0177514_11474525.jpg

やることを書き込んで、
b0177514_11494253.jpg

やったらペンでマーク!
仕事が終わったすっきり感を演出してくれます。
「塗りつぶし」でも「レ点」でも、お好きなように。
b0177514_11515968.jpg

ただ普通のペンではインクがはじかれるので注意。
パイロットのマルチボールだと快適に書けました。
どんなものにも書けるのが売りの水性ボールペンです。
b0177514_11542084.jpg

「キリトリマステ」でおなじみのicco nicoさんで、発売中。
こまごました仕事をちょっとはかどらせてくれる。
ノートが楽しくなるツールですね。

キリトリマステでページを分割してから
使ってもいいかもしれません。
b0177514_1233338.jpg

by okuno0904 | 2013-11-20 12:04 | Comments(0)
雑誌『ビッグ・トゥモロウ』に奥野が出てます
b0177514_10563368.jpg

今月号の「ビッグ・トゥモロウ」に奥野がちょっと出てます。
「30大で年収が伸び悩む人、40代でも上がり続ける人」
という特集です。

年収の話は他の人に任せて、
奥野は、仕事のほか、勉強などのモチベーションを
維持するためのライフログについて語っています。

仕事は、頑張ったからといって、
いい結果になるとは限りません。
だから結果だけ見ていると、落ち込みます。

しかし、いい結果が出なくても、
自分なりにやりきった感覚があれば
ささやかな誇りが持てるでしょう。

勉強して試験に落ちるのと
勉強せずに試験に落ちるのとでは、
ぜんぜん違うのです。

ライフログとは
自分を認めるための手法でもあります。
by okuno0904 | 2013-03-29 06:56 | メディア掲載情報 | Comments(0)
新刊『歩くのがもっと楽しくなる 旅ノート・散歩ノートのつくりかた』が3/23に出ます
b0177514_1673782.jpg

奥野の新刊
『歩くのがもっと楽しくなる 旅ノート・散歩ノートのつくりかた』
が3/23(土)に発売されます。
ダイヤモンド社発行。
『情報は1冊ノート』シリーズと同じチームで作った本ですが、
今回は毛色が変わって、
オールカラーの趣味本!

さて、内容はというと、

・旅行
・行楽
・散歩
・街歩き
・自然歩き
・歴史歩き

などなど、
歩くことがもっとおもしろくなる
体験のまとめ方について書いた本です。
旅日記や山行記録などの
ノウハウとしても使えます。

僕もよく古墳めぐりや歴史博物館をしますが、
そこでよく見かける女性やお年寄りに
ぴったりの本なんじゃないかなー、
なんて勝手に思っています。

最近は、ビジネス書だけじゃなくて
エッセイ風の読書論を書いたり、
カルチャー講座の講師をしたり、
『学問のすすめ』を訳したり、
いろいろやってましたが、

この本を書くに当たって編集さんから
「そもそもあなたはノート本作家でしょ!」
と励ましをいただき、
おりゃーと仕上げました。
ノートを作る楽しさ、という原点に返った
楽しく暮らすための実用書です。

あまり派手な本ではないので、
ぜひ、まわりに興味のありそうな人がいたら、
この本のことを教えてあげて下さい。
by okuno0904 | 2013-03-04 14:15 | ★告知・募集 | Comments(0)
   

著作家・ライター奥野宣之の公式ブログ。新刊『諭吉に訊け!』(光文社)『図書館「超」活用術』(朝日新聞出版)発売中! プロフィール、連絡先、などは右メニュー「カテゴリ」からどうぞ!
by okuno0904
> ブログパーツ
> 検索