> ライフログ
タグ:セミナー ( 30 ) タグの人気記事
4/22(金)大阪・梅田で出版企画講座――エージェントは作家に何をしてくれるのか?
b0177514_08532048.jpg
私の所属しているアップルシード・エージェンシーが
4/22(金)出版企画の立て方講座を開きます。
なんと、初の「大阪(梅田)開催」です!

奥野担当のエージェント・宮原氏の企画書講座のほか
奥野も『図書館「超」活用術』の担当編集者、
朝日新聞出版の高橋氏と、ともに出版企画の考え方について語ります。
詳細はこちらでご確認ください。

作家のエージェントってなんぞや? という人も多いでしょう。
わかりやすく言えば「タレント事務所」みたいなものです。
といってもアップルシード・エージェンシー(以下、AS)から
作家に給料が出るわけではなく、
逆に作家は印税などの利益からASに報酬を支払っています。

そのかわり、ASは作家の企画書を出版社に売り込み、
執筆のアドバイスをしたり(わりと厳しい!)、相談に乗ったり
できるだけ作家側に有利な出版契約をして、
(生々しい話「初版をもっと刷ってくださいよ」とか)
出版にこぎ着けます。
ほかにも、作家活動の方向性を一緒に考えたりしてくれたりとか、
まあ、人によっていろいろです。

こういうの、いってしまえば昔の出版社なら編集がやってたことです。
昔はある作家の編集者が、作品の担当だけじゃなく専属マージャーみたいになり
没後、その作家の記念館の館長になったり、ということもありました。

しかし、今は出版社にそんなことをしてる余裕がない。
作家としても、作品ごとではなく、長期の作家活動について
一緒に考えてくれる人がほしい(とくに地方の作家は!)
そんなわけで、こういう業態が成立するわけですね。

また、エージェントの仕事には「新人発掘」もあります。
「おもしろい人」を探し出して口説き、本を出させる
これも出版社がなかなか手が回らないことであり、
エージェントが強みを発揮する分野でしょう。

私は、20代の頃、大阪で開かれていた編集ライター養成講座(主催:宣伝会議)
で、文字通り「拾われて」本を出すことになりました。
AS社長の鬼塚氏に、
「君はおもしろいから企画書つくって送って」
と言われ、送ったのが『情報は1冊のノート~』です。
この話をしだすと長くなるので、また改めて。

さて、そんなわけで、
今回の大阪セミナーから何十万、何百万部のベストセラーが出ても
私は何も不思議はないと思っています。
東京ならまだしも、大阪で(自費出版ではなく)
本気の商業出版を目指すセミナーが開かれるのは極めて希です。
次はあるかどうかわかりません。

出版はフェアな世界であり、学歴も職歴も問われません。
書くものさえおもしろければ、そんなのどうでもいいのです。
(逆に言えば、いくらスゴイ人でも原稿や企画がスカタンならダメ)
無名の人でもいきなり檜舞台に立てる可能性があります。

大阪の皆さん、ぜひこのチャンスをつかみにいってください。



by okuno0904 | 2016-03-19 09:37 | ★告知・募集 | Comments(0)
晴海トリトンスクエアでセミナー「ビジネスに役立つ情報整理」をしました
b0177514_17275298.jpg

今月、東京の晴海トリトンスクエアで情報整理術のセミナーをしました。
参加者は、晴海近辺で働くビジネスパーソンのみなさん。

90分内容テンコ盛り(詰め込みすぎたかも)、
質疑まで白熱のセミナーになりました。
師走の忙しい中、ご来場いただいた皆様、
ありがとうございました。

最近はライフログがらみで、
一般向けのセミナーが多かったのですが、
ビジネス情報整理のテーマもやっぱりいいですね。
原点回帰といった感じでした。

↓「おまけ」としてレジメのテキストを貼っておきます。
 大晦日の整理の参考にどうぞー。

□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□
■「1冊のノート」でできるシンプル情報整理術
□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□
●情報整理の「コスト」を下げよう
・情報の「カテゴリ分け」をやめる
・常に「1冊だけ」を持ち歩く
・なんでも書く、なんでも貼る、
●「100円ノート方式」の3原則
・一元化:ノートは「大きな箱」
・時系列:ノートは「長い巻物」
・メタ化:「情報の情報」だけを保管
●「100円ノート方式」5つのメリット
・とにかく気楽、「これさえあればいい」
・どこでも安く調達でき「ガンガン使える」
・自由なので「誰でもずっと続けられる」
・情報を扱うスピードがアップし「取りこぼさない」
・紙も印象も残るから「ずっと安心」
●100円ノートを仕事に活かす方法
・名刺や伝言メモ、手紙、ハガキをもらったとき
→迷ったら「貼り付けフィニッシュ」
・会議やディスカッションで
→「ねぎま式ノート」で自分の声を記録
・商談や打ち合わせ中に
→疑問点・確認点は一気に潰す
・取材や視察、見学などの機会に
→見聞きしたことを「まとめログ」にしておく
・情報収集、読書、勉強で
→意識的に「手を動かす」ことで体に刻む
・セミナーや講演、シンポジウムで
→自分なりの「情報の切り捨て」で理解する
・飲み会やパーティーで
→体験のシンボルに「ひとこと」で印象に残る
・企画や提案のアイデアがほしいとき
→気になるものは「とりあえずストック」で醸成させる
・なんだか毎日がパッとしないとき
→「ライフログノート」で自分だけの世界をつくる
・モチベーションを高めて目標を達成したい
→「1年分の読み返し」から年初の計画を
by okuno0904 | 2012-12-31 17:36 | 活動報告(事後) | Comments(0)
12/20(木)18:30晴海トリトンスクエアで講演します
b0177514_1616785.jpg

寒くなってきましたね~。
こんなときは暖かい会場でセミナーでもどうでしょう?

というわけで告知をひとつ。
12/20(木)18:30~
晴海トリトンスクエアで講演します。

無料です。詳細はリンク先をご覧ください。
申し込みはすでに受付中のようです。

内容は、久しぶりに原点に返り「情報整理のためのノート術」を。
ビジネス人向けなので、
ライフログのような「楽しみ」より、
役に立つ、仕事がはかどるハウツーを
意識して紹介したいと思っています。

年末の忙しい時期でしょうけれど
みなさん、お誘い合わせの上ご来場くださいね!
by okuno0904 | 2012-12-11 16:25 | ★告知・募集 | Comments(0)
ノート術セミナーの感想にコメントしました
b0177514_1244823.jpg

以下、先日のセミナーで
後日、参加者からいただいた感想を
いくつか紹介し、
お礼もかねてコメントを書いておきます。

―――――――――――――
・ライフログを書くことで、
自分の好みが分るようになり
これからの進路やキャリアアップに
役立つことがあるのではないかと思った。
―――――――――――――

いい使い方ですね。
書くことで自分の考えていることがわかる、
このことは実際に手を動かしてみれば実感できますよ

―――――――――――――
きれいにまとめようとするからできなく、
メモってあとでまとめようとするから負担になる。
読める程度に書けばいいという発想が面白かった。
あまり完璧にしようとしないこと
思わぬアイディアが出るかもしれないと思った。
―――――――――――――

そうですね、日頃から、
あえて触れる情報が
ランダムなるようにしておくことが
発想の刺激になると思います。

―――――――――――――
仕事に役立てるアイディアが沢山あふれた。
ありがとうございます。ヒントをもらった。
―――――――――――――

発想とは、学ぶものではなく、
自分の中から出てくるまで
突っつき回すことだと思っています。
セミナーも一種の刺激として
活用してくださいね。

―――――――――――――
話を聞くだけでなくワークがあったほうがよかった。
―――――――――――――

ワークショップ形式は、
大人数だと難しいのですが
(東京の銀座三越セミナーではやりました)、
次はやってみようかと思います。

―――――――――――――
日頃思いついていることを、
ひとつ実行のチャンスを
与えてもらえたと思った。
―――――――――――――

ありがとうございます。
毎日ノートを使って、
ぜひいろいろ試して
自分のやり方を作ってくださいね

―――――――――――――
とても刺激になりました。
習慣づけることが重要ですね。
アイディアも沢山出そうです。
―――――――――――――

頭を使い続けるように心がけていれば
いつか「これは」というアイデアが出ますよ。
ノートは、頭をサボらせないための
一種の強制装置でもあります。

―――――――――――――
「ビジネスに活かす」ところが
分りにくかった。
―――――――――――――

業態による面もあるので、
最終的には使う人次第です
とりあえず深く考えないで
実践してみてください。
日々、使っていく中で、
活かし方が見つかるはずです。

ご感想いただいた皆様、
ありがとうございました!
by okuno0904 | 2012-11-10 07:04 | Comments(0)
新大阪で「ノート術」セミナーをやりました
b0177514_11315092.jpg

先日、新大阪駅すぐの
大阪市立市民交流センターひがしよどがわで、
情報整理とライフログをテーマに、
ノート術の話をしてきました。

参加者は約60人くらい。老若男女バラバラだったので、
1:必要な情報を保存し、参照する方法(情報整理)
2:日常生活から発想を得る方法(ライフログ)
という2部構成で。
さまざまな質問が飛び出し、
私としても実り多いものになりました。

あの日は風邪がまだ治っておらず、
2時間も必死で話したので、
完全にノドが壊れてしまいました。
まだノドに違和感があります。
治さないうちに無茶をしたら、
エライ目に遭うとこの歳にして初めて知りました。
いつもは風邪なんか3日で治ると
豪語していたのに……

お聞き苦しい声にもかかわらず、
参加していただいた皆様、
ありがとうございました。
by okuno0904 | 2012-11-09 12:03 | 活動報告(事後) | Comments(0)
10/27(土)14:00、新大阪でセミナーやります
10/27(土)14:00、新大阪でセミナーやります!
情報整理とライフログの話題を中心に、
たっぷり2時間お話しする予定です。

参加費無料。会場は新大阪駅すぐ。
詳細はリンク先をご覧ください。
申し込みは20日までとなっていますが、
人気で残席は少ないらしいので
(よって募集人数は70人に増やしたそうです)、
早めにお申し込みくださいね!

お会いできるのを楽しみにしています。
by okuno0904 | 2012-10-15 17:56 | ★告知・募集 | Comments(0)
銀座三越でライフログセミナー
b0177514_9213929.jpg

10/8(月・祝)東京の銀座三越で、
ライフログのセミナーを開きました。
PARKERさんに文具をお借りして、ワークショップ形式による
「女性が輝くライフログ」というテーマでの講演です。
b0177514_9283013.jpg

ノートやハサミ、ノリを始め、
切り抜き用の雑誌、行動記録の書き込みシートなど、
好きなだけ使ってライフログノートを体験してもらいまいした。
みなさん飲み込みが早く、センスよくまとめていて、
教える方がびっくりでした。

ご来場いただいた皆様、ありがとうございました!
by okuno0904 | 2012-10-10 09:32 | 活動報告(事後) | Comments(0)
10/8(月・祝)銀座の三越で、ライフログのセミナーをします
10/8(月・祝)、東京・銀座の三越で、
ライフログのセミナーを開きます。


●銀座でオンナを磨く6days
毎日をHappyにするライフログ ~日々の出来事を自分流に記録~

と題して、女性向けに、スライド上映やワークショップを通じて、
日常を楽しむためのライフログノートのつくり方を紹介します。

詳細はリンク先をご覧ください。
初心者向けの内容となっていますので、
みなさん、ぜひお越しください。

待ってます!
by okuno0904 | 2012-09-14 13:38 | ★告知・募集 | Comments(0)
10/22(月)知的生産の技術研究会(関西)で講演します
10/22(月)知的生産の技術研究会(関西)で、
奥野が『現代語訳・学問のすすめ』について講演します。

●日時:2012年10月22日(月)18:55~20:40
●場所: 大阪産業創造館 研修室D
●参加費:1500円
申し込みなど、くわしくはリンク先をご覧ください。
この現代をつくった古典を今に活かす
「読み方」を提案したいと思います。
by okuno0904 | 2012-09-12 17:16 | ★告知・募集 | Comments(0)
おにぎり理論――ライティングってたぶんこういうことじゃないだろうか――
こないだ地元大阪でライティングのセミナーをしました。「ライター、もとい書き手として大事なことは……」と、つい「ザ・専門職」「テキストマニア」な話になるのを自制して、なんとか言いたいことを伝えられたような気がしています。

まあ要するに、雑誌のライターとか、作家とかじゃなくても、ウェブとかメールとか社内報とかを書く「書き手」として、着実に芸を磨いていこうよ、ということです。

「一億総書き手」と言ってもいいくらいなのに、日本にカルチャーセンターはあってもライティング教育がないのは不思議、というかなんとかしなきゃいけないとずっと思っていました。

で、「どんなふうに読んでもらう文章を書けばいいのか」と考えいたわけですが、書店に行けば、ぼくがすごーくお世話になった「日本語の作文技術」(本多勝一)とはじめ、「わかりやすい説明の方法」とか「メール文章のテクニック」とか、どうテキストを読みやすく、わかりやすく、つまり「リーダブル」にするかという支店の本は溢れています。

だから、どこに点を打つか、「てにをは」はどうするか、箇条書きにするか、どう順を追って説明するか、といった話はもういいでしょう。「刑事は血だらけになって逃げる犯人を追いかけた」の例文は、もうお腹一杯、というわけです。

「リーダブルな文章」の次は「何を書くか」ですが、企画・テーマづくりの技術も本がありますね。僕が偏愛する『ギリギリ合格への論文マニュアル』『サルでも書ける漫画教室』をはじめ、広告やテレビなどクリエイターの人なんかが、わんさと本を出しています。こっちも、いつかは書いて見たいとは思うけれど、とりあえずは「ギリギリ合格」「サルまん」読んでね、という感じです。

そんなわけで、僕が感じているライティングの課題は、長くやってれば誰でもうまくなる「リーダブル」でも、いろいろ読んだり考えながら生きているならどうにでもなる「企画・テーマ」でもなく「どう書くか」に集約されます。

つまり、「それほどおもしろくもない題材・着想を、いかに(そこそこ)おもしろく書くか」ということです。

そんなことを思っていて、コンビニ行く途中、ふと思いついたのが、「ライティングのおにぎり理論」なのです。(続く)
by okuno0904 | 2012-09-01 08:00 | Comments(0)
   

著作家・ライター奥野宣之の公式ブログ。新刊『諭吉に訊け!』(光文社)『図書館「超」活用術』(朝日新聞出版)発売中! プロフィール、連絡先、などは右メニュー「カテゴリ」からどうぞ!
by okuno0904
> ブログパーツ
> 検索