> ライフログ
『現代語訳 論語と算盤』(渋沢栄一・著/奥野宣之・訳)上下巻で7/29発売!
b0177514_07351867.jpg
奥野が現代語訳をした
『論語と算盤(上) 自己修養篇』
『論語と算盤(下) 人生活学篇』
が7/29発売になります
すでにamazonでは予約できます。

致知出版「いつか読んでみたかった日本の名著シリーズ」の
13作品目。私が現代語訳をするのは
『学問のすすめ』以来となります。

『論語と算盤』は渋沢栄一の著作。
商売と道徳のバランスを説いた名著です。
渋沢のこの思想に、私は非常に影響を受けてまして、
このほど現代語訳をすることになりました。

なんと、上下巻です。
というのも明治の人が書いた本なので、
漢語調なんですよね。
しかも中には漢文がいっぱい引用されていたりする。
さらにこのシリーズは逐語訳が売り。
そんなわけで、読みやすく、読みやすく、と
やっていたら2冊になってしまいました。
(1冊にまとめなさい、というツッコミはご遠慮ください)

写真は底本にした
国立国会図書館デジタルコレクション収蔵の『論語と算盤』です。
私の知る限り、本書は『論語と算盤』における
初の現代語訳・ノーカットバージョンです。
ちょっと長くなりましたが、
そのぶん、渋沢の思想に
どっぷりと浸ることができる本になっています。

商業と倫理の問題だけでなく
夢や自己実現の問題、
国際社会の軍事衝突や人種差別の問題、
資本主義社会の病理、
現代教育の課題など、
どんなテーマについても
渋沢の言葉は「予言書か」と思うほど的確。

渋沢をよく知らなかった人は
「こんな人がいたなんて!」
と驚き、
いくらか知っている人でも
「こんなことを言っていたのか!」
と舌を巻くことでしょう。

ぜひ、書店で手に取ってみてください。


# by okuno0904 | 2016-07-06 08:02 | ★告知・募集 | Comments(0)
公共図書館の研修会で講師をしました
b0177514_09345610.jpg
大阪公共図書館協会の研修で講師をしてきました。
『図書館「超」活用術』を読んでくれた
地元・堺の図書館員の方が、
「ぜひ図書館員向けの話を」と。

そんなわけで、同書の企画趣旨と執筆時に込めた意図、
利用者として公共図書館に言いたいこと、
利用促進のためにどうすればいいいか
など、好き放題に話をさせてもらいました。

「図書館での講演」は何度もやっているけれど、
「図書館員向けの講演」は初めてです。
専門職の前で話すのはプレッシャーだなぁ~
と思いつつも、非常に楽しい時間でした。

主催の大阪府公共図書館協会というのは
府下の公共図書館員でつくる勉強会です。
当日は40人を超える図書館員が参加。
会場の大阪市立中央図書館の研修室は
なかなかすごい熱気に包まれていました。

ちょっと舌足らずでしたが、
最終的に言いたかったことは、
「図書館はちゃんと“対世間”をやれ」
ということです。

サービスをきちんとやることはもちろん最重要ですが、
それだけでも、ジリ貧の流れは避けられない
そこで、もっと幅広い利用者を取り込み、
サービスを強化していくためにも
図書館はもっと“メジャー感”を
出していく必要があります。

たまにテレビに取り上げられても、
どこかマイナーさの再確認のような感じです。
図書館の「とっつきにくさ」が、
不思議と魅力になっていることは僕も認めますが、
そんな心地よいマイナーさからは、
いつか脱しなければなりません。
図書館はメジャーになって当然なのです。

もっと世間に関わり、
「図書館はなんでもできる、すごいところだ」
といったイメージをふりまいていかないと。
逆に言うと、こういうイメージ戦略がないから
「本に囲まれてコーヒーが飲めます」
みたいな話になってしまうわけです。

図書館に限らず、
出版でも書店でもそうですが、
「幻想」が大事なんですよ。

と、こんな話でした
(つい長くなってしまった……)。

大阪公共図書館協会のみなさま、ご来場のみなさま、
貴重な機会をいただき、ありがとうございました。

# by okuno0904 | 2016-07-01 09:38 | 活動報告(事後) | Comments(0)
「図書館の学校」2016年夏号に奥野のインタビュー
b0177514_16271499.jpg
図書館振興財団の機関誌
奥野のインタビューが載っています。

拙著『図書館「超」活用術』について
執筆の動機や図書館利用で思うことなど、
ざっくばらんに語りました。
b0177514_16272833.jpg
図書館界にメッセージを、と聞かれたので、
心地よいマイナーさに甘んじずメジャーをめざせ、
という話をしました。持論です。

編集部からも「言いたい放題でおもろい!」
という評価をいただいたようなので、
ぜひ図書館などでご覧下さい。

それにしても、図書館について語るのは楽しいですね。


# by okuno0904 | 2016-06-28 16:38 | メディア掲載情報 | Comments(0)
『図書館「超」活用術』で大阪の書店まわり
b0177514_17174966.jpg
東京から担当編集者とエージェントのMさんが来てくれたので、
大阪市内で新刊『図書館「超」活用術』の書店営業をしました。
画像はそのとき書いた直筆POPです。

「図書館を使え」という内容の本を
書店の棚に置いてくださいとお願いしに行くという……
何を言われるか、ちょっとビクビクしてましたが、
予想外に歓迎していただきました。

大阪市内に行けば必ず行く本屋、
それにかつて毎日のように通った本屋にも行きました。
担当の人とも話して、やっぱり書店っていいところだな、
と思いました。

自分が本を書くようになると
「もっと売れないと書店に申し訳ない」
というプレッシャーが常にあって、
なんとなく足が遠のいてしまったこともあったのですが、
これからは、もっと気軽に行って挨拶できそうな気がします。
ご対応いただいた書店の皆様、ありがとうございました。
b0177514_17314020.jpg
明日26日に放送されるようです。
放送を機に図書館利用術にもっと注目が集まるといいな
と思っています。


# by okuno0904 | 2016-04-25 17:36 | 活動報告(事後) | Comments(0)
「dot」で『図書館「超」活用術』についてのエッセイ
b0177514_11434284.jpg
朝日新聞出版のニュースサイト「dot」に
『図書館「超」活用術』についてのエッセイ
が載っています。

PR誌「1冊の本」に寄稿した原稿です。
同書の執筆意図などがわかる文章になっています。
ぜひ、こちらもご覧下さい。


# by okuno0904 | 2016-04-22 11:51 | メディア掲載情報 | Comments(0)
雑誌「HOUSING」(リクルート)6月号で情報整理について語ってます
b0177514_06014171.jpg
リクルートホールディングスの月刊誌「HOUSING」6月号で
奥野が情報整理について語っています。
特集「家づくりを楽しむ最強アドバイス100」の中
b0177514_06025565.jpg
注文住宅の打ち合わせなど
大量の情報をどうやって処理するか。
例によってノート術などを紹介しています。

家づくりに興味のある人はぜひご覧ください。

# by okuno0904 | 2016-04-21 06:08 | メディア掲載情報 | Comments(0)
日経新聞・書評面「活字の海で」で『図書館「超」活用術』が紹介されました。
b0177514_07185891.jpg
4/17(日)日経新聞・朝刊の書評面で
『図書館「超」活用術』(朝日新聞出版)が紹介されました。
日経電子版(有料)でも読めます(もちろん図書館でも)。

記事は出版界のトレンドなどを紹介するコラム「活字の海で」。
取材では「利用者が図書館を育てる」という点にぐっときた、
といったことを言われました。
うれしいこと言ってくれるじゃないの、という感じです。

記事では、拙著だけでなく『知って得する 図書館の楽しみ方』(勉誠出版)
についても触れられていいます。
この記事で知ったのですが、同書は江戸川区の図書館長の著作とのこと。
江戸川区と言えば、はじめて図書館講演をしたところですよ。
参加者のから丁寧な礼状をいただいたこともあり、
めっちゃ印象に残っています。縁を感じますねぇ。

最近「図書館ブームということで」という趣旨の取材がちらほらあり、
疑り深い性格の私は、ほんまかいな、とちょろっと思ったりするのですが、
図書館、いま本当にキてるのかもしれません。
いいことですね。

「なんと、本に囲まれてコーヒーが飲める!」
とかいった話で終わりませんように。
(我ながら性格の悪い締めだなぁ)


# by okuno0904 | 2016-04-18 07:47 | メディア掲載情報 | Comments(0)
twitter埋め込みテスト
こんなふうにうめこんでみる。画像付きはこうなる!
# by okuno0904 | 2016-04-15 10:04 | Comments(0)
日刊ゲンダイに『図書館「超」活用術』の書評
b0177514_14591588.jpg
活字メディアの人は、けっこうピンときてくれるんじゃないかなー
と思っていたので、本当にありがたいです。

友人知人からも「読んだよ」てな声が届いていまして、
図書館に詳しい人からは、
なんで「図書館のここがダメ」みたいなこともっと書かなかったの?
とか言われたりします。

もちろんそういうのはいっぱいあるんですけどねー
ただ、それを書いたら自分は気持ちいいかもしれないが、
そもそもダメな図書館はそんなこと意に介さないし、
むしろいけてる図書館の足を引っ張ることになるだろう、と。
そんなわけで、なるべく前向きなことを書くようにしたわけです。

その人にとっては、自分の家の近所にある図書館がすべてであって、
そこのサービスが悪かろうが、結局そこを使うしかないわけですしね。
ブツクサ言っても仕方ないだろう、と。
それより利用能力を上げて無理矢理にでも使いこなそうぜ、と。

図書館がらみの取材依頼もぼちぼちいただいています。
大阪在住なので(なぜかよく東京に住んでいると誤解される)、
出張取材になってしまうかもしれませんが、
まずはお気軽にお問い合わせください。



# by okuno0904 | 2016-04-14 15:21 | メディア掲載情報 | Comments(0)
4/22(金)大阪・梅田で出版企画講座――エージェントは作家に何をしてくれるのか?
b0177514_08532048.jpg
私の所属しているアップルシード・エージェンシーが
4/22(金)出版企画の立て方講座を開きます。
なんと、初の「大阪(梅田)開催」です!

奥野担当のエージェント・宮原氏の企画書講座のほか
奥野も『図書館「超」活用術』の担当編集者、
朝日新聞出版の高橋氏と、ともに出版企画の考え方について語ります。
詳細はこちらでご確認ください。

作家のエージェントってなんぞや? という人も多いでしょう。
わかりやすく言えば「タレント事務所」みたいなものです。
といってもアップルシード・エージェンシー(以下、AS)から
作家に給料が出るわけではなく、
逆に作家は印税などの利益からASに報酬を支払っています。

そのかわり、ASは作家の企画書を出版社に売り込み、
執筆のアドバイスをしたり(わりと厳しい!)、相談に乗ったり
できるだけ作家側に有利な出版契約をして、
(生々しい話「初版をもっと刷ってくださいよ」とか)
出版にこぎ着けます。
ほかにも、作家活動の方向性を一緒に考えたりしてくれたりとか、
まあ、人によっていろいろです。

こういうの、いってしまえば昔の出版社なら編集がやってたことです。
昔はある作家の編集者が、作品の担当だけじゃなく専属マージャーみたいになり
没後、その作家の記念館の館長になったり、ということもありました。

しかし、今は出版社にそんなことをしてる余裕がない。
作家としても、作品ごとではなく、長期の作家活動について
一緒に考えてくれる人がほしい(とくに地方の作家は!)
そんなわけで、こういう業態が成立するわけですね。

また、エージェントの仕事には「新人発掘」もあります。
「おもしろい人」を探し出して口説き、本を出させる
これも出版社がなかなか手が回らないことであり、
エージェントが強みを発揮する分野でしょう。

私は、20代の頃、大阪で開かれていた編集ライター養成講座(主催:宣伝会議)
で、文字通り「拾われて」本を出すことになりました。
AS社長の鬼塚氏に、
「君はおもしろいから企画書つくって送って」
と言われ、送ったのが『情報は1冊のノート~』です。
この話をしだすと長くなるので、また改めて。

さて、そんなわけで、
今回の大阪セミナーから何十万、何百万部のベストセラーが出ても
私は何も不思議はないと思っています。
東京ならまだしも、大阪で(自費出版ではなく)
本気の商業出版を目指すセミナーが開かれるのは極めて希です。
次はあるかどうかわかりません。

出版はフェアな世界であり、学歴も職歴も問われません。
書くものさえおもしろければ、そんなのどうでもいいのです。
(逆に言えば、いくらスゴイ人でも原稿や企画がスカタンならダメ)
無名の人でもいきなり檜舞台に立てる可能性があります。

大阪の皆さん、ぜひこのチャンスをつかみにいってください。



# by okuno0904 | 2016-03-19 09:37 | ★告知・募集 | Comments(0)
   

著作家・ライター奥野宣之の公式ブログ。新刊『諭吉に訊け!』(光文社)『図書館「超」活用術』(朝日新聞出版)発売中! プロフィール、連絡先、などは右メニュー「カテゴリ」からどうぞ!
by okuno0904
> ブログパーツ
> 検索