> ライフログ
<   2014年 05月 ( 1 )   > この月の画像一覧
1分で覚える「図書館の分類法」
b0177514_9432258.jpg

日本十進分類法がわからないと、図書館は使いこなせないのではないか?
なんてことを、最近よく思います。

日本十進分類法(NDC)とは、本のジャンル分けのことです。
図書館の本の背には「914」とか「210.18」とか、
数字を書いたシールが貼ってありますね。
これが分類番号です。

日本の図書館では、次のようにすべての本を
NDCに従って10ジャンルに分して、
本棚に並べています。

―――――――――――――
0 総記 (図書館、図書、百科事典、一般論文集、逐次刊行物、団体、ジャーナリズム、叢書)
1 哲学 (哲学、心理学、倫理学、宗教)
2 歴史 (歴史、伝記、地理)
3 社会科学 (政治、法律、経済、統計、社会、教育、風俗習慣、国防)
4 自然科学 (数学、理学、医学)
5 技術 (工学、工業、家政学)
6 産業 (農林水産業、商業、運輸、通信)
7 芸術 (美術、音楽、演劇、スポーツ、諸芸、娯楽)
8 言語
9 文学
(ウィキペディアよりコピペ)
―――――――――――――

小説やエッセイは9類、分類記号は「9××」
歴史の本は2類、分類記号は「2××」
というぐあいです。
(小数点以下の数字は、無視して下さい)

で、たとえば2類なら、これをさらに次のように
10個にジャンル分けしています。

―――――――――――――
20 歴史
21 日本史
22 アジア史、東洋史
23 ヨーロッパ史、西洋史
24 アフリカ史
25 北アメリカ史
26 南アメリカ史
27 オセアニア史、両極地方史
28 伝記
29 地理、地誌、紀行
―――――――――――――

こういう分類があると知っていると、たとえば、
「フランス革命の流れを知りたい」
「アメリカ独立にどんな影響があったんだろう?」
と思ったとき、

①歴史だから2類の棚に行こう
②ヨーロッパ史は「21×」か
③北アメリカ史は「25×」だな

と、瞬時に本棚を見ていく計画が立てられる。
蔵書検索の端末を使うより、
ずっと簡単に読みたい本が見つかります。
検索と違って、本棚に行けば、
手にとってパラパラ見ることができますからね。

と、こんなわけで、
NDCは情報探索の命綱といえるのです。

でも、覚えるのは面倒だな~
という人のために、
「1分で覚える日本十進分類法」
を作ってみました。

―――――――――――――
0総記:ゼロだから「なんでも」OK
 「総記」つまり1~9に当てはまらないものです。

1哲学:「哲学」は第一の学問
 学問の祖と言うことで。「宗教」も「哲学」から連想できます。

2歴史:二つ合わせて「地理・歴史」
 「地歴」とニコイチで呼ばれていることから。

3社会科学:さわやか三組の「社会科学」
 そういう教育番組があったんです。差別問題もここ(360あたり)なのでぴったり。

4自然科学:シは「自然科学」のシ
 そのままですね。3を覚えておけば自動的に出るでしょう。

5工業:ゴウゴウ音がする「工業」
 工場の騒音をイメージ。キッチンの音も思い浮かべよう(「家政」もここ)。

6産業:むっつり黙って働く「産業」
 農業・漁業・畜産業など第一次産業で働くオヤジのイメージ。

7芸術:『NANA』は「アート」だ
 少女漫画『NANA』にハマったテニスサークルの女子大生をイメージ。スポーツもここなので。

8言語:ハチの「言語」
 8の字ダンスとか、ちょっと言語っぽいでしょ?

9文学:窮状にある「文学」
 生活苦にあえぐ純文学の作家をイメージ。
―――――――――――――


半分でも頭に入っているだけで、
ぜんぜん違います。
この大分類を暗記すれば、
図書館がめちゃくちゃ使えるようになるでしょう。
by okuno0904 | 2014-05-02 09:50 | Comments(0)
   

著作家・ライター奥野宣之の公式ブログ。新刊『諭吉に訊け!』(光文社)『図書館「超」活用術』(朝日新聞出版)発売中! プロフィール、連絡先、などは右メニュー「カテゴリ」からどうぞ!
by okuno0904
> ブログパーツ
> 検索