> ライフログ
<   2011年 01月 ( 3 )   > この月の画像一覧
ライフログノート用索引ファイルDL公開中!
b0177514_15505345.jpg

取材のたび、執筆のたび、はじめから説明すること数年……。
ついに「ライフログノート索引用ファイル」のフォーマットを公開することにしました。 以下リンクからダウンロードできます。パスワードは「okuno」。エクセル2007で開くことができます。
※流れてしまったので再アップしました。

――――――――――――――――――――――――――――
ダウンロードはこちら
――――――――――――――――――――――――――――

『情報は1冊』で初披露したデジタル索引(あの頃はエクセルでなくテキストでした。当時使っていたエクセル2003は行数の限界が見えてたので使えなかった)は、一部の(マニアックな)人からは「すげえ!」「その手があったか!」という絶賛を受けた反面、「面倒そう」「入力なんか嫌」と言われたのも事実。そう言われるたびに、

確かに面倒なんですが、恩恵は充分ありますよ。
1冊につき数行でもいいから索引化しておくと、ノートが死蔵になりませんから。
実際に試してみてから言ってくれ!

てな具合で、いろいろと各種媒体やセミナーで言ってきましたが、「伝わってねーなあ……」という感じがいまだにあります。

そもそも、「数年間のデータが検索できるとめちゃ便利」という話をまだ索引ファイルを作ってもいない人に「わかるでしょ?」というのは相当無理があるような。情報とメタ情報、という話もマニアックだし……

もう一度、説明しておくと、要するに、僕が提案している情報整理ノート術、ライフログノートでの

A:使用後の時系列ノート(増え続ける)
a:索引ファイル(ひとつのデータ)

という関係は、

B:百科事典(全X巻)
b:索引巻(1冊のみ)

であり、

C:ウェブすべて(無限に増大)
c:グーグル(その案内人)

という関係と同じなわけです。

言い換えれば、情報そのものでなく、「情報の住所」だけ押さえておけばOK、ということ。ゴミの日をすべて記憶しておかなくても、奥さんに聞いたらいい、というわけです。

さて、こんな話はともかく、上記のような暑苦しい説明をしなくても、

「見て、触ってみれば、すべてわかる」

ということを目指したのがこのファイルです(なんで今まで公開しなかったのかというと、ウェブ上でファイルを配る方法がわからなかった)。

年末年始にライフログノートを始めた人は、このフォーマットを使って、索引ファイルづくりにチャレンジしてみてください! ご報告お待ちしてます。

(それにしても、日記帳や手帳、ノートに、索引ファイル作成用の簡易ソフトのCDを付けた商品はなぜ出てこないんだろう?)
by okuno0904 | 2011-01-28 15:52 | ★告知・募集 | Comments(3)
育児ログのうまい取り方とは?
『人生は~』の読者からの反響で、わりと多いのが「育児記録のとり方について」です。

まあ、確かに自分のこと以上に関心があるのが子供(特に赤ちゃんなど)の成長ということもあって、もっともなことですね。って他人ごとじゃなくまさに僕がそうです。

大人は、体も成長しないし(体重は増えますが)、急に新しい言語を覚えることもないのに対し、子供は、顔も行動も日単位でコロコロ変わっていきますから、ライフログをとって後で読み返すと、自分のこと以上に面白かったりします。

で、話を子供のライフログをどうとるか、に話を戻すと、結局、僕は以下のように、記録をとっています。

1:デジカメ写真(データのまま)
2:デジカメ写真(ポラロイドTWOやコンビニでプリントしてノート貼付)
3:ケータイやデジカメで撮った動画
4:フィルム写真(ネガのまま)
5:フィルム写真(紙焼き、またはスキャンしたもの)
6:HDDレコーダーで撮った動画
7:成長メモ(「○月×日、つかまり立ちができるようになった」など)
8:一緒に過ごした記録(「○○公園でボール遊び」など)
9:買ってやったものの商品タグなど
10:その他(子供関係で思ったこと、考えたことなど)

このうちライフログノートに盛り込まれているのは、2、7、8、9、10。デジカメ写真はiPadに入れて見られるようにしてあります。特に7の成長メモは、後で読み返すと楽しい。

と、このあたりまでは、たまに見る。

問題は動画です。

動画は一応すべて保存してあるんですが、レコーダー付属ソフトでしか再生できない独自形式のファイルだったり、余計なシーンがあったりするので、あんまり開く気がしません。声なんかは出張中に聞けたらいいなあと思うんですけどね。編集するのも面倒で……。

子供の体重や予防接種の記録なんかは「母子手帳」があるし、否が応でも記録することになります。だから、父親としては、忙しい母親に替わって、もっとどうでもいいこと、些細なことを記録して、今この瞬間を網膜に焼き付けたいなあ、と思うわけです(もっと世話の方をやれよ、という声が聞こえてきそうですが)。

最近は「育メン」という言葉もあります。僕以上に育児をバリバリやってるお父さんお母さんたちは、いったいどんなふうに、記録をとっているのか。またどんなふうにそれを楽しんでいるのか。またヒアリングしてみたいと思います。なにか「うちはこうやってるよ!」みたいなのがあれば、当ブログのメールフォームやツイッターで教えて下さい!
by okuno0904 | 2011-01-24 23:02 | Comments(0)
ポッドキャスト配信中! 新年から始める体験記録のコツ
あけましておめでとうございます。
今年がみなさまにとって素敵な一年になりますように。

年末年始は、しっかり休んでリフレッシュしました。忘年会なんやらで意外と慌ただしかったのですが、ライフログノートを読み返して年初の目標や計画も何とか立てることができました。

今日、ラジオを聞いていたら、新しい日記帳を買った、という話が出ていました。

そうか、自分はノートを使っているから関係ないが、普通は年や年度ごとに1冊使うんだなー、となぜか感心してしまいました。

それにしても、どうやって日記や記録を続けるか、ということには皆さん工夫を凝らしているようです。

『人生は1冊のノートにまとめなさい』で書いた体験を記録する方法について、NHKラジオでしゃべった内容がポッドキャスト公開されています。

新年からの記録習慣のヒントにしてみてください!
by okuno0904 | 2011-01-05 15:51 | 活動報告(事後) | Comments(0)
   

著作家・ライター奥野宣之の公式ブログ。新刊『諭吉に訊け!』(光文社)『図書館「超」活用術』(朝日新聞出版)発売中! プロフィール、連絡先、などは右メニュー「カテゴリ」からどうぞ!
by okuno0904
> ブログパーツ
> 画像一覧
> 検索