> ライフログ
カテゴリ:メディア掲載情報( 73 )
【動画】川上徹也さんと「文章術」について対談
b0177514_120618.jpg

新刊『「読ませる」ための文章センスが身につく本』について、
コピーライター&コミュニケーションディレクターの川上徹也さんと
対談しました(画像クリックで動画に飛びます)。

『物を売るバカ』(KADOKAWA)がもうすぐ7万部と
ベストセラー街道爆進中の川上さんですが、今年6月に
『読むだけであなたの仕事が変わる 「強い文章力」養成講座』(ダイヤモンド社)という文章本を上梓されています。
今回は文章本を書いた人同士、
ざっくばらんに語りましょうや、という感じ……いや嘘です。
ぜひ川上さんとお話しさせて下さい!
という感じで実現しました。

話題となったのは、
―――――――――――――
・なぜ文章力が必要なのか?
・「明文」だけではダメな理由
・「エッセイをお手本にする」とは?
―――――――――――――
など。文字おこしされているので、
詳しくはリンク先でご覧ください。

僕の記者的な文章観と
川上さんのコピーライター的な文章感が
ゴリゴリぶつかり合う!
という展開をちょっと期待したりしたのですが、
案外、両者は近いものがあって、
しみじみと文章について考える機会になりました。

川上さん、動画スタッフのみなさん、
ありがとうございました。

続編もお楽しみに!
by okuno0904 | 2014-11-28 12:38 | メディア掲載情報 | Comments(0)
新発売の手帳(2015年始まり)で「手帳術」を解説(後編)
b0177514_10190089.jpg
(前回の続き)せっかくなので、
本体にカバーを取り付けてみましょう。
↓紙のカバーを取って
(ライフログ本でもおなじみのバーチカル式を選択)
b0177514_10171463.jpg
↓カバーに差し込んで、
b0177514_10172485.jpg
↓別冊のアドレス帳とノートを差し込んで、
b0177514_10173971.jpg
↓完成!
b0177514_10174762.jpg
ふだん手帳を使わない僕ですが、
これもなにかの縁なので、
使ってみることにします。

来年の手帳にお悩みの方は、
ぜひ書店で手に取ってみて下さい。
繰り返しますが「コスパ抜群」です。


by okuno0904 | 2014-09-03 10:23 | メディア掲載情報 | Comments(0)
新発売の手帳(2015年始まり)で「手帳術」を解説
b0177514_1036317.jpg

この9月に成美堂出版から発売の綴じ手帳
『プラチナダイアリー プレステージ』
(2015年1月始まり、B6判、書店販売)のカバーで
奥野が「手帳術」の解説をしています。
b0177514_10345913.jpg

手帳は、カバーと本体(レフィル)の別売り。
奥野の解説はカバーの方に付録冊子として入ってます。
・メモのテクニック
・続けるための方法
・手帳読み返しのヒント
・もっと楽しむ工夫
などなど、ノートでやってきたことを
手帳ユーザー目線で語りました。
b0177514_10472818.jpg

カバーは赤・オレンジ・紺色の3種類。
本体はスケジュール欄の好みに応じて次の3タイプです。
・見開き1週間セパレート式+月間ブロック
 見開きの左ページが月火水木、右ページが金土日
・見開き1週間レフト式+月間ブロック
 見開きの左ページに月~日、右はメモ欄
・見開き1週間バーチカル式+月間ブロック
 見開きで左から右に月→日、時間軸は縦
b0177514_10373310.jpg

本体とカバー付録のミニ冊子には
・西暦和暦換算表
・路線図(東京・名古屋・大阪)
・郵便料金一覧表
・アドレス帳
・ミシン目入りメモ欄
・ノート(横罫・方眼)
がこぢんまりと収録されていて、
過不足ない感じがナイスです。
b0177514_10353268.jpg

さて、気になるお値段は……
本体(レフィル)450円+税
カバー(付録付き)950円+税
合わせて買っても、1300円+税
と安……いや、お求めやすい!
本当にサイフにやさしい、やさしすぎて、
この腐敗した世界で生きていけるのか不安になるくらいです。
この値段でこのクオリティは
めったにないと思いますよ。
↓カバーの質感もいい感じです。
b0177514_10342396.jpg

(※次回に続く)
by okuno0904 | 2014-09-02 10:50 | メディア掲載情報 | Comments(0)
「週刊東洋経済」で情報インプットの話
b0177514_13202139.jpg

発売中の「週刊東洋経済」の巻頭特集、
「一流の仕事術」で
奥野の情報インプット術の話をしてます。
情報過多の世の中で、どうインプットして成果を上げればいいか、
といったテーマで取材に応じたものです。
b0177514_13202851.jpg

ほかの本でもずっと言っていることですが、
ちゃんと自分の目で見極めて、大事な情報だけを丁寧に咀嚼しよう。
しょうもない情報に付き合うには、人生はあまりにも短い。
てなことを話しています。

このあたりの話は去年、講談社から刊行した
『できる人はなぜ「情報」を捨てるのか』
b0177514_13204861.jpg

にまとめて書きました。
興味のある人は、こちらの本をごらん下さい。
by okuno0904 | 2014-09-01 13:33 | メディア掲載情報 | Comments(0)
「週刊東洋経済」で情報インプットの話
b0177514_13202139.jpg

発売中の「週刊東洋経済」の巻頭特集、
「一流の仕事術」で
奥野の情報インプット術の話をしてます。
情報過多の世の中で、どうインプットして成果を上げればいいか、
といったテーマで取材に応じたものです。
b0177514_13202851.jpg

ほかの本でもずっと言っていることですが、
ちゃんと自分の目で見極めて、大事な情報だけを丁寧に咀嚼しよう。
しょうもない情報に付き合うには、人生はあまりにも短い。
てなことを話しています。

このあたりの話は去年、講談社から刊行した
『できる人はなぜ「情報」を捨てるのか』
b0177514_13204861.jpg

にまとめて書きました。
興味のある人は、こちらの本をごらん下さい。
by okuno0904 | 2014-09-01 13:31 | メディア掲載情報 | Comments(0)
雑誌『Suits(スーツ)』で「“時短”のためのノート術」を語ってます
b0177514_9593079.jpg

働く“堅実女子のためのリアルライフマガジン”
『Suits(スーツ)』(小学館・定価530円)の特集に、
奥野が出ています。
b0177514_9594337.jpg

「“時短”のための情報整理・ノート術」ということで、
取材していただきました。

Suits女子におすすめのテクニック!
ということで、いつもとは違う
仕事中にちょっと心が躍るような技を集めています。

『Suits(スーツ)』は小学館のモノ系雑誌『DIME』の増刊
(妹分って感じです)。
日経ウーマンとは、また違った「働く女性」が切り口で、
「この手があったか!」と唸ってしまいました。
他の紙面も情報の盛りつけ感が絶妙で、
お腹いっぱいにしてくれます。

ぜひ書店でごらん下さい!
by okuno0904 | 2014-06-19 10:13 | メディア掲載情報 | Comments(0)
日経WOMAN別冊『新しい自分が見つかる手帳・ノート術』発売
b0177514_925581.jpg

日経WOMAN別冊ムック
『新しい自分が見つかる手帳・ノート術』が
発売となりました。

奥野は「情報のMYおもちゃ箱を作る 奥野式ノート術」ということで、
情報ノートや旅ノートのつくり方を指南しています。
なんと6ページも。
b0177514_930686.jpg

編集部でも実際にノートを作って
その実例を載せています。
これはおもしろい!
b0177514_9351637.jpg

手帳シーズンは年2回あって、
年末と年度末だそうです。
これから手帳やノートを始める人のための
ヒントになればいいですね!

それから、過去記事の再掲ですが、
最近発売されたこちら(↓)のムックでも、
奥野がライフログの秘訣を語っていますので、
またご覧下さい。
b0177514_9261121.jpg

by okuno0904 | 2014-03-31 09:40 | メディア掲載情報 | Comments(0)
知的生産の技術研究会さん、ありがとうございます
b0177514_1033643.jpg

「知的生産の技術研究会」の機関誌、
『知研フォーラム』の裏表紙で、
拙著をご紹介いただきました!
b0177514_1035157.jpg

毎回、機関誌を読んでいるのですが、
予想外のことで、驚きです。
知研さまのご厚意に感謝申し上げます。

さて、知研さんと言えば、
梅棹忠夫先生を顧問に持り
草の根的に活動する知的生産サークル。
私も何度かお話させてもらいました。
普通の人でも参加しやすい雰囲気が魅力です。

僕の住む関西のほか、各地に支部があり、
セミナーや勉強会を開いています。
僕の知る限り、役所や大学の生涯学習講座や、
セミナー業者によるものを除いて、
唯一の安定的に活動している団体です。
興味のある人は参加してみてください。

僕もたまにここ(↓)に聞きにいっています。
知研関西

今回の特集は、
大学図書館の司書による、
「専門家が教える情報の調べ方」でした。
インターネットで検索をかけられるのは
一部のデータにすぎないので、
有料データベースや学術論文などは
図書館で専門家の手を借りて調べるといい、という話。

「情報」をテーマに活動している僕にとって、
とても刺激的な内容でした。
by okuno0904 | 2014-03-14 10:20 | メディア掲載情報 | Comments(0)
ダイヤモンド社『経』に原稿を書きました
b0177514_101212100.jpg

ダイヤモンド社のPR誌『経』12月号に
『情報は1冊~』 『読書は1冊~』に関する原稿を書きました。
たぶん大きな書店で無料配布しているので、探してみて下さい。

2冊とも、発売後すぐ重版ということで、
年末を楽しく過ごせています。
ツイッターなどでも売り場で平積みの写真をいただきました。
みなさまの応援に感謝いたします。

ノート関係の本はしばらくお休みしますが、
2014年も企画をひとつひとつ形にしていきます。
今年もお世話になりありがとうございました。
b0177514_10254434.jpg

by okuno0904 | 2013-12-30 10:27 | メディア掲載情報 | Comments(2)
別冊宝島『 成果を出している人がやっている超手帳術2014』に奥野が出ています
b0177514_1714569.jpg

発売中の『成果を出している人がやっている超手帳術2014』
奥野のインタビューが載っています。
見ての通り、「手帳の使い方」のムックです。

「あのー、僕は手帳って使わないんですけど……」
「じゃあ奥野さんはノートの話でOKですよ」
というわけで、
『完全版 情報は1冊にまとめなさい』
『完全版 読書は1冊~』
と踏まえた、最近のノート術の話をしました。
ま、手帳にも応用の利く話にはなってます。

取材で興味深く感じたことは、
手帳の取材をたくさんしてきた編集さんの言葉です。

「使い方の決め事ってありますか?」
「特にはないですね。ただ前から順に使っていくくだけです」
「文房具のこだわりってありますか?」
「ないですね。朝の気分で携帯するペンの種類も色も変えます」

あ、これじゃ記事にならないか……、と思っていると
「なるほど、こだわらないというのがこだわりなんですね。
記入欄をたくさん定めてある手帳とはまったく逆だ」と編集さん。

「ああ、そうなんです! 細かいルールがあったら
面倒だし、そのうち飽きてきて続かないんですよ。
シンプルなのが一番です」

というわけで、うまくまとめていただきました。
いま全国の書店に並んでいます。
たくさんの人の手帳術が一気に読める
お得な本なので、ぜひお手にとってごらん下さい!
b0177514_174337.jpg

by okuno0904 | 2013-12-15 17:43 | メディア掲載情報 | Comments(0)
   

著作家・ライター奥野宣之の公式ブログ。新刊『諭吉に訊け!』(光文社)『図書館「超」活用術』(朝日新聞出版)発売中! プロフィール、連絡先、などは右メニュー「カテゴリ」からどうぞ!
by okuno0904
> ブログパーツ
> 検索