> ライフログ
> 沖縄県図書館協会誌に『図書館「超」活用術』の書評
b0177514_14580534.jpg
『図書館「超」活用術』が沖縄県図書館協会誌で紹介されています。

 筆者は沖縄国際大学教授の山口真也先生。
沖縄県立図書館での講演会の後、懇親会でご一緒させてもらったので、
書評だけでなく、講演会レポート、
オリオンビールを呑みながら語ったコメントなども入っています。
b0177514_14575850.jpg
『図書館「超」活用術』は、
おかげさまで利用者のほか、図書館員からも反響が届いていますが、
アカデミズムからの反応は初めてじゃないでしょうか?
その点もうれしかったです。

山口先生は、司書過程の講師で、
2016年には『図書館ノート――沖縄から図書館の自由を考える』
という本を出されています(他人の本とは思えないタイトルですね)。
b0177514_15045116.jpg
この本は、肩の力がいい具合に抜けつつも、
「知的自由」という図書館の本質的なテーマにズバズバ切り込んだエッセイ。

 このエントリを書くにあたって、読み直してみました。
図書館がらみでは「こう言っとけば誰からも批判されない」
という言葉や言い回しがあるのですが、
そういうのをいちいち避けて、きちんと立ち止まって考える姿勢に感服しました。

時事ネタ的に図書館を考えたエッセイ(しかも図書館学の研究者が)、
というのもありそうでなかったし、
いろんなところに挟まれた小ネタに、ニヤニヤしてしまいます。
図書館好き意外にもオススメしたい一冊です。

あー、また沖縄いきたい!

by okuno0904 | 2017-03-23 15:06 | Comments(0)

著作家・ライター奥野宣之の公式ブログ。新刊『諭吉に訊け!』(光文社)『図書館「超」活用術』(朝日新聞出版)発売中! プロフィール、連絡先、などは右メニュー「カテゴリ」からどうぞ!
by okuno0904
> ブログパーツ
> 検索