> ライフログ
> 現代語訳『論語と算盤(上・下)』ついに発売!
b0177514_865082.jpg

致知出版の「いつか読んでみたかった日本の名著」シリーズ
『論語と算盤』(著・渋沢栄一/訳・奥野宣之)が
ついに発売となりました。

上下巻。あわせて500ページ超です。
18万字近いボリュームです。
私は肘部関節症という持病があり、
書きすぎると手がしびれて鈍痛を感じるのですが、
今回の執筆では、全指が一本一本すべて痛い
という初めての体験をしました。
ま、1日も経てば治りましたけどね。

しかし、そんな苦労して書いた原稿も、
なんと4時間半くらいで読めるそうですよ。
というのも、このシリーズでは、帯に
「●●時間で読めます(20代、30代平均値)」
というコピーが書いてありまして、
これは、本当に人を雇って“人体実験”をやって
割り出した数値なのです。

『論語と算盤』は
上巻が158分で下巻が125分で、合計4時間半。
たった4時間で、この名著が読めます。
「書き手が苦労すればするほど読み手は楽になる」
とは、ライター界に伝わる言葉ですけど、
よく言ったものです。

さて、どんなふうに読んでほしいのか。
たとえば、ちょっと時間ができたとき、
今日は「アラビアのロレンス」を観ようかな?
それとも「ベンハー」にしようか? いや「スパルカス」かなあ?
こんなことってよくありますよね。
そんなとき、『論語と算盤』の上下を一気に読む。

これが、いま一番クールなライフスタイルです。
いや、マジな話、プールサイドや、
台所、トイレで気軽に読んで欲しいと願っています。
教養書ではなく、エンタメですからね。

ではでは。
by okuno0904 | 2016-07-28 08:27 | ★告知・募集 | Comments(0)

著作家・ライター奥野宣之の公式ブログ。新刊『諭吉に訊け!』(光文社)『図書館「超」活用術』(朝日新聞出版)発売中! プロフィール、連絡先、などは右メニュー「カテゴリ」からどうぞ!
by okuno0904
> ブログパーツ
> 画像一覧
> 検索