> ライフログ
> プリンタ「ピクサス」活用法でインタビューに答えました
b0177514_12332760.jpg

キヤノンのプリンター「ピクサスMX883」の
キャンペーンサイトでインタビューに答えました。

プリンタについて語るのは『知的生産ワークアウト』以来で、
印刷トークでなかなか楽しめました。
仕事でのプリンタ活用法なんかも紹介しているので、
読んでみて下さい。ノート術の話も出てきます。

それにしても知らないうちにインクジェットプリンタも進化したもんです。
僕なんかは基本的に「文書はモノクロでいい」
「写真はコンビニでプリントすればいい」
と思っていた人間ですが、
ピクサスの顔料黒インクで文書印刷したときの「くっきり具合」には、
度肝を抜かれました。急に目が良くなったのかと。
これが、3万円くらいで買えるなんて……
本当に恐ろしい時代です。
SOHOや個人事業者にとっては天国のようです。

いい家電製品は、ちゃんとメンテしたら壊れないもんだから、
ついつい何年も長く使ってしまいます。
デジカメなんて未だにパワーショットG3を使ってるくらい(名機です)。
でも、たまには見直して、新製品に置き換えるのも
「仕方ない」と思っていた面倒なことが解消されて、
効率的になる場面もあるなあ、と。
今回では、プリンタ本体とUSBメモリやSDカードで
データをやりとりできるのが、すげえ! と。
パソコンを使わないでいいのは気が楽です。

それからずっと持ってた偏見、
「高コストで遅くて紙がふにゃふにゃになる」という
インクジェットプリンタへの認識も改められました。
やっぱり何事も勉強です。
買い物したり、新製品をいじり回すのも。
by okuno0904 | 2011-05-10 12:34 | メディア掲載情報 | Comments(0)

著作家・ライター奥野宣之の公式ブログ。新刊『諭吉に訊け!』(光文社)『図書館「超」活用術』(朝日新聞出版)発売中! プロフィール、連絡先、などは右メニュー「カテゴリ」からどうぞ!
by okuno0904
> ブログパーツ
> 検索